〓BACK〓


 別れの曲


   「浮かない顔だね、どうしたんだい?」
   優しげな顔をして、公明は聞いた。
    向かい合って座る。目に痛いほど白いテーブルクロス。
    テーブルには深紅のローテローズが飾られている。この花は彼に似ている。
   温められたマイセンに琥珀色の紅茶が注がれる。

   「ニルギリ、好きだったろう?」
   彼は紅茶を一口、口にすると、満足げに睫を伏せる。
   軽く片手を上げると、それが合図のように音楽が聞こえてくる。
    流れる音楽はショパンのピアノ曲。好きだといった覚えのある。
   戯れに口にした一言を覚えていてくれたことに、少しの感動を覚える。
   紅茶も、音楽も、言った本人でさえ思い出せない、昔のことを。

   「 君、もしかして、楽しくないのかい?」
    楽しい?この時間に終わりが来るのが分かっているのに。
   大好きなお茶も、花も、音楽も。
    目の前にいる人物に比べれば色あせてしまう。
   この大輪の薔薇を目の前にすれば。

    静かにピアノが流れる。
   ショパンのエチュード作品10 第3番ホ長調。
    好きだといったけれど、今はこの曲は聴きたくない。
   こんな日に。最後の日に。

   「最後くらいは笑ってくれないか?君。」
    無理に笑おうとして、顔が引きつる。
   どうしてこんな日に笑わなくてはならないのだろう。
   もうすぐ彼はいなくなる。
   目の前から消えてしまう。

   「僕は君を困らせてばかりのようだね。」
   本当に。困った人だから。
   「でも最後だから言うよ。 。それじゃ。」

    顔を上げると既に彼の姿はなかった。
   さらりと問題発言と、薔薇の香りを残して。
   『さよなら・・・。』
   もういない人につぶやく。一筋の涙を流して。
   



  初ドリームが趙公明編・・・。ドリーム小説のコンセプト、キャラ×自分だそうですが、
  やる人はいるのか?ま、俺様ドリームだからいいかvまさに自分のためだけ。
  ちなみにショパンのエチュード10第3番ホ長調、別名「別れの曲」です。


〓BACK〓