BACK


 MagiaMysticaプレイ感想〜魔法使いマジカル唯編


   発売まで、5年くらいかかった作品が出るということで、期待もひとしお。
   何よりも、攻略対象六人中三人が眼鏡という、コストパフォーマンスの高さに惹かれます。
   ええ、もちろん、私基準のコストパフォーマンスですよ。
   でも、ちょっとくらい高くなってもいいから、声が欲しかったなあ…。
   と、呟きつつ、ゲーム感想。

   召喚した精霊の力で魔術を使い、世の中の安定を裏から守る魔術機関オグドアスに所属する
   魔術士マグスである真名瀬唯は、「雷鳴の大鎌」フルミネアを駆使して戦う、選ばれた
   精霊機使いレクトールである。
   って、ルビ多っ!!
   宇宙と書いて、宇宙ソラですよ。本気と書いて本気マジですよ。
   あんまりにも読みにくいので、自己流の変換をさせていただく。
   すっごい魔法が使えるマジカル唯たんは、魔法の力を使って世の中のために頑張ってます☆
   よし!(明らかに誤変換です)
   記憶喪失で心を閉ざしてますが、育ててくれた祭司長にだけは心を許している。
   でも、魔法のステッキを使うためには、魔力をくれる契約者が必要なの…。
   でもでも、唯たんは他人に頼ると言うことを知らない子なので、なかなか一人の人に
   決められません。
   孤高の素直クールな上に、ちっちゃくてかわゆい唯たんは、周囲の人からも狙われまくり。
   可愛いもんなあ…。
   えばんげりおんの綾波とか素直クール系が、司令だけに微笑んでたら気になるじゃないですか。
   何で僕じゃ駄目なんだよ、的な。

   そんな飢えた男どもの視線をいっせいに集めたのがいかんかったのか、とりあえず日本に
   行くことに(いろいろ省略しすぎです)
   祭司長ダディが日本で契約者ダーリンを見つけなさいって。
   パパ上の元を離れたくはなかったけれども、引き離される唯たん。
   だんだん嘘あらすじになってきたような気がするけども、だいたい合ってる。(つもり)
   なんだか、日本の学校で事件が起きているみたいだから、ついでに片付けてきなさいって。
   どっちがついでかはわかりませんが。
   とりあえず、学生寮に入って、事件を解決しなければなりません。
   学生寮の飛鳥井先生はイイヒトだ。メガネだし。

   そして、パパ上の決めた契約者こんやくしゃに引き合わされる唯たん。
   従兄弟で眼鏡の朱里と、ちょっとナンパな金髪リヒト。
   従兄弟が堅物で叩いたら音がしそうなタイプでものすごい好みですが、唯たんはそうでもなく。
   なにやら過去にいざこざがあって、反りが合わないと思っているよう。
   なんでも、先に嫌ったのはそっちだろ!くらいに。
   まあ、親の決めた婚約者に反抗するのは、少女漫画的鉄則なので気にしない。
   第一、向こうも嫌っているとか言いつつものすごい世話焼きなわけで。
   ちょっとでも唯たんが他の子とおしゃべりしてたら睨むし。
   えー、それちょっともう本当は好きなんじゃないのー。

   ともかくも、捜査をしつつ事件を解決するぞ!!
   捜査はわりと簡単だけども、いきなり魔法バトルですよ。
   仲間と一緒に戦うぞ!おー!!
   というわけで、ブルー=唯たん、レッド=朱里、イエロー=リヒトの戦隊モノ風に頑張るゾ。
   てか、朱里がレッドなんだ…。リヒトは別に力持ちでもカレー好きでもありませんが。
   唯たんは素直クールブルーだけども、ピンクでもいい。(可愛いから)
   そんな、魔法戦隊に一般人でちょっと魔法が使えるくらいの学生が敵うわけが無く。
   あっさり勝ったよー!
   でも、事件には黒幕がつきもの。
   事件を操ってたのは、祭司長のお友達で全体的に黒いグレン。黒いのに紅蓮。
   なんでも、魔術機関オグドアスの大切な封印盤タブレットを盗んで逃げた悪人。
   あいつがこの件にかかわってたなんて…(第二話に続く)

   誰にも内緒にしていたけども、唯たんには秘密があるのです。
   あいつは逃げる時に、唯たんの大事なモノを奪っていきましたよ(ルパンか)
   唯たんの純潔です。というのは大嘘ですが、辱められ汚されてしまった唯たん。
   もう綺麗な身体じゃないなんて、契約者こんやくしゃには言えない…。
   だから、いざこざに巻き込まれたら可哀相だし、誰も選べない。
   そんな憂いを帯びた唯たんを放っておける男どもはいないわけで。
   わらわらと寄ってくるよ。
   そもそも、ちっちゃくて可愛くて半ズボンハイソックスで絶対領域を持つ唯たんの
   ユウワクテンプテーションに勝てるわけが無い。
   今日もまた一人、罪のない子羊が引っかかりましたよ。
   魔法戦隊のグリーン候補。
   てか、もう一人の候補が「僕が一番ガンダムを上手く操れるんだ!」みたいな勘違い君
   だったので、そっちは早々に却下。

   第二話も終ったと言うのに、なかなか契約者こんやくしゃとの仲は進展しない。
   というか、今まで食券貰って一緒に行動しているくらいで、なんらデート的なものとか、
   イベント的なものがないのですが。
   朱里もレッドのくせにクールタイプなので「いちゃいちゃ」と言う言葉は無縁なんだな…。
   それでも、端々には唯たんが気になってしゃーないのはわかりますが。
   あんた、唯たん好きすぎじゃろ。
   肝心の攻略対象ですらこれですから、他の人たちはほとんど会話すらねえ。
   もっと、攻略対象同士が牽制しあったりして欲しいものよ。
   というか、せっかくグリーンをゲットしたのに、存在感が薄い…。
   まあ、戦隊モノのグリーンは基本的に(自主規制)

   昔の男が出てきたり、演劇部の子とか魔術研究会の子と仲良くなったりしながらも、
   事件を解決していく魔法戦隊。
   演劇部はてっきり唯たん女装イベントだと思ったのにスルーされた。畜生!!
   どうやら、紅蓮は丸い板に魔法の玉をはめていく事で、何かをしようとしているらしい。
   とりあえず、板は取り返したものの、別に板自体が無くってもいいらしいし。
   わけがわからないまま、戦いに挑もうと思ったら。
   イエローが突然の裏切り…。
   唯たんを罠にかけた上に、大事なモノを奪っていきましたよ。
   唯たんの純潔です。って、襲われすぎじゃああああ!!!
   なんだよ、裏切り者はみんな唯たんにいたづらしてからじゃないと出て行けないのかよ。
   そんなにも心残りかよ。

   大事なモノを奪われてしまったので、へろへろの唯たん。
   最終戦を戦い抜くためには、アレが欲しいのです。
   精が。
   いかんいかん、ルビ振り忘れました(わざとだ)エーテルが。
   結局、朱里を選びましたが、選んだとたんに押し倒される唯たん。
   待て!!!朱里、ハウス!!!
   あんまりにもクールなので忘れていましたが、彼の属性はイグニス
   侵略する事、火の如し。
   魔力の供給には接触する事が一番てっとり早いとかなんとか言ってますが。
   「あいつはどんな風にお前に触れたんだ」とか、俺が忘れさせてやる的な事を言い出す始末。
   さらに、唯たんがまた感じ易すぎですよ。
   「挿入はいってくるっ…!」とか「そんなっ…奥まで…っ!」とか
   いやらしすぎる。
   霊脈エーテルラインとか書いてあるけども、本当のルビは違うはずだ!!(何だ)
   しかも、続けて二回やった。朱里、ハウス!!!
   翌朝の雰囲気がなんだか一戦交えた以外に見えないんですが…。
   まあ、誤解も解けていい雰囲気に。

   なんだかんだと力もいっぱいになったけども、魔法戦隊にイエローが居なくなったので、
   合体技が使えないではないですか。まあ、イラスト1枚入るだけではありますが、
   あるのとないのとでは違う。
   ここでグレンのおっさんと戦うのかと思えば、あっさりかわされるし。
   ラスボスはラスボスで非常にわかりやすいし。
   なんでも、人類が進化するために必要だとかなんだとか。
   人類補完計画みたいなことを計画してたらしい。そんでもって、グレンは一応それを
   阻止する気ではあるらしい。
   上位生命体だかなんだか知らんが、人類の事を人類以外が決めるな。
   というか、グレンのおっさん、「これが俺の最終兵器だーーー!!」みたいなこと言って
   唯たん差し出すし。何お前偉そうにしてるんだよ。
   結局なんで種を埋め込んでたんだろう…。
   ただ唯たんにいやらしいことをしたかっただけでは…。したいけど…。

   ところで、後半精神世界になっちゃって、攻略対象の朱里ですら影が薄い。
   これは唯たんの成長物語であって、ボオイズラブではないのだな…。
   ラスボスを石破ラブラブ天驚拳でぶっ飛ばすところで終った方が、すっきりするなあ。
   まあ、邪魔者もいなくなり、力を供給するとか理由をつけて、いやらしいことをされる唯たん。
   これからも、良い協力者でいてねー、めでたしめでたし。
   でも、何かが足りない…。何かが…欠落した何かが…。
   って、よく考えると、いやらしいことをしているっぽいけども、告白すらしてねえ。
   心が繋がってればいいのかもしれないけども、唯たんには伝わりづらいですよ!
   てか、唯たんは朱里でいいの?いいの?(聞くな)
   そこんとこがはっきりしないので、どうにも物足りない。
   擬似エロスに力を入れて15禁にするならば、きっぱり18禁でやっちゃうか、
   攻略対象同士の会話とかで萌えさせて欲しかったなあ…。
   なんだかどっちつかずで中途半端だ。

   他の人のルートだと、「俺のこと好き?」って聞いてちゃんと唯たんが答えたり、
   「魔力供給が理由じゃないチッスもそのうちしちゃうんだぜ」みたいなことを言ってくれるので
   いいですが、いかんせんシナリオが朱里に比べると薄かったり…。
   メインな上にルート制限まであるなら!という朱里に寄せる期待が高すぎたのがいかんのか。
   それにしても、ラストのリヒトの居ないっぷりが凄い。しかもいなくてもなんとかなるし(酷)
   攻略ルートだと帰ってくるけども、もっと一悶着あるかと思えばあっさりだったり。
   なんだか非常に物足りない…。
   コストパフォーマンスは悪いけども、ラシエルの方が萌えたなあ…。
   なんだろう、ツンデレ具合の不足か?
   一番萌えたのが、唯VS朱里だったり。いちゃいちゃが無いならば、執着が欲しいのー。
   というか、負けて這い付くばる朱里って激しく萌え。

   それにしても、どのルートでも唯たんの可愛いっぷりは良いですが。
   ボオイズラブと考えずに、唯たんの成長物語って言ってくれれば満足でした。
   でもこれ、ボオイズラブだからなあ…(溜息)
   15禁になることで、期待のハードルが高まっちゃったんだよう。
   あともう一押し欲しいので、是非とも続編とか出して欲しいです。
   もちろん、眼鏡特盛りで。