BACK


 コードギアス反逆のルルーシュプレイ感想〜白昼の死角編


   ゼロになって、キャラクターに命令できるというDS機能を生かしまくったゲーム。
   でも、一人で「カレン!右だ!」とか機械に向かって言うのは寂しすぎる。
   とりあえず、一度くらいは叫んでみて、DSのマイク機能がそんなにも良くない事を
   実感する羞恥プレイを楽しんでもいいかもしれませんが。
   恥ずかしいんだよ、畜生!!(叫んだ)
   ちなみに、普通にボタン操作でも全然問題が無いことに、後から気がついた。
   でも、ロードする時の会話が楽しいです。
   QL卿が出てきた時は吹いた。てか、諸君らの愛してくれたオレンジの秘密を
   教えてください。
   時折出てくるルルたんの黒パンツ姿に呆然としつつ、ゲーム感想。

   「狼は生きろ、豚は死ね」が家訓のブリタニア家に生まれてしまったルルーシュ。
   兄弟が沢山居るので、食い扶持を減らすため、もとい、騎士候だった母ちゃんが
   暗殺されてしまったため、後ろ盾も無く、唯一の同母妹と一緒に日本に追いやられて
   しまいました。
   ドSのパパ上は、日本にルルたんと妹のナナリーちゃんが居るのに、戦争を吹っかけて
   占領してしまいました。
   日本で折角出来たお友達のスザク君とも離れ離れに。
   どうしてもパパ上のやることが許せなかったルルたんは心に誓うのです。
   「ブリタニア帝国をぶっ壊す!!」
   パパ上の声がアナゴさんだとか、唯一の同母妹がもしかしたらパパ上似なのでは
   ないかというせつない事実に気がつかないフリをしつつ、占領下の日本で、
   与えられた生活を続けるルルたん。
   ある時、ひょんなことから一回だけ人に絶対的に命令できる力を謎の女の子C.C.に与えられ。
   クレジットカードの履歴全てをピザ屋の請求に埋められながらも、自分の願いを叶えるため、
   ルルたんは日本のテロリストを操り、素顔を仮面に隠し、黒の騎士団として
   日本解放を進めるフリをしながら、自分の復讐を果たし妹の居場所を作ろうとするのでした。

   という、基本的にストーリーはアニメ準拠だけども、細かいところはちょっと違う。
   なんだかいきなり契約するところから始まるし。
   扇さんの名前が何故か「おうぎ」だ。さらに、彼女が出来ない。たこさんウインナー!
   多分、ゲーム製作者はヴィレッタちゃんのファンなのだろう。
   扇さんのお母さんが千影だから、拾った女子を千草と名づけたとか言う裏話はないのですか。
   まあ、そんなことはどうでもいいのですが。
   基本的にプレイヤーは黒の騎士団のメンバーになって働くのかと思えば、プレイヤーキャラと
   言うよりも神の視点に近い。
   それにしても、ルルたんの弱さよ。基本、頭脳派ですから。(うっかりさんだけど)
   「君がエースパイロットだ!!」って最初にカレンちゃんに鍵を渡してたけども、
   ルルたんやらおうぎさんはレベル2くらいしかないのに、カレンちゃんだけレベル8くらいあった。
   そりゃエースパイロットだわさ。というより、男子無能。
   黒の騎士団を育てられるので、南さんを育ててみた。ええ、メガネです。結構強い。
   肝心の主人公様は育てても弱いです。弱いくせに必殺技の「黒の騎士団参上」を使ってくる。
   「ドラクエ4」の「トルネコはしょうにんぐんだんを呼んだ!!」みたいで
   出てくるたびに大笑いできるのが楽しい。

   とりあえず、占領地イレブン(日本)の総督である、ルルの三番目の兄ちゃんの脳漿をぶっ飛ばし。
   殿下はルルのこと大好きだったのにね…(涙)
   ルルは日本で死んだ事になってるから、日本の総督になってルルに思いを馳せたり、
   ルルの住んでたアリエス宮に模したおうちを作ってたり。
   あんまり総督らしい仕事はしてなかったようですが、まあそこはそれ。
   日本の総督を消して復讐の第一歩を始めたルルたんですが、基本的にうっかり者なので、
   神視点で見ていてもハラハラするわい。
   前日本の首相の息子である、唯一無二の親友スザク君が、暗殺者に仕立て上げられてたりして。
   ブリタニアのいきがったゴットバルト辺境伯を操って処刑会場からスザク君を連れ出す
   カッコいいルルたん。でも、他動的自殺志願者のスザク君は、あえて処刑会場へと戻るのでした。
   スザク君は、あくまで自殺はしないけど、人のためになら死んでもいいと思ってる。
   てか、むしろ死にたい、みたいな。
   ルルたん涙。
   操られたために、故郷のオレンジ畑を耕すしかなくなったオレンジ伯も涙。

   涙ながらに別れた二人ですが、情勢は待ってはくれない。
   新しいイレブンの総督が来ましたよ。ブリタニア帝国第二皇女コーネリア殿下。
   副総督である第三皇女ユーフェミア殿下を溺愛する烈女。
   ブリタニア帝国女子少ないのね。第三皇女は第十七皇子(ルルたん)と同い年だよ。
   「弱き者は去れ」のドSパパの命により、女子は間引かれてるんだろうか…。ガクガク…。
   てか、コーネリア姉様かっちょえええええvvvvv
   基本、ルルたんと一緒の「シスコン」という気の毒な病持ちですが、ルルたんに比べて
   正々堂々としていてカッコいい。
   ルルは裏の裏をかいてうっかり正統派にやられるタイプですから。
   そして、ルルの異母妹であり初恋の女の子ユフィちゃんに助けられるスザク君。
   第二皇子の直属の特別部隊が開発した真っ白なロボ(ナイトメアです)ランスロットを駆る
   パーツに選ばれました。
   どうみても、こっちが正義の味方っぽいカッコよさのランスロットですが。
   つーか、白カブトつええんだよ!!!!鬼だ!!!鬼強い!!!
   連邦のモビルスーツは化け物か!?(違うアニメです)
   こんなん相手にしてられるかあああああ!!!
   と、とっとと逃げるルルたんはとても情けないです。
   コーネリア姉様は負けててもカッコいい…。異母弟も見習ってください。

   ブリタニア側の白カブト(ランスロットの蔑称)に苦しめられつつも、こっちにはカレンちゃんが
   いるもんねー!
   ブリタニア貴族の父と、日本人のメイドさんの間に生まれたカレンちゃんは、日本解放のために
   二重生活を送ってますが。
   互いを敵側のパイロットと気がつかないスザク君とカレンちゃんに、ぼんやりさんのルルたんを
   加えた学園生活は、それでも楽しいものでした…。
   戦火は激しくなり、スザク君は白カブト、カレンちゃんは赤い彗星で頑張るよ。
   ルルたんも、もう少し頑張ってください。
   そして、さくさく進めつつ。富士の樹海並みに迷うメカフジとやらを作ったやつは出て来い!!
   とりあえず、ピザは取るよ。このゲーム、宝箱がピザ箱なので、シリアスな展開の時も
   横目でちらちらピザ箱が目に入って笑える。
   ルルたんが「そっちじゃない!」って言っても、ピザ箱を優先する潔いカレンちゃん。
   無事に桐原のおっさんにも会えましたが、お前かメカフジ作ったの。殴らせろ。

   キョウトの協力も得て、さー、がんばんべーと思ったら、シャーリーさんのイベントで
   「ルルを撃つ」か「撃たない」の選択肢が出てきたので、思わず撃ってしまいました。
   ルルたん死にました。
   ちょっとまてええええええええ!!!!
   普通に死なないで…。
   いや、撃った方が悪いんですけどね(撃つなよ)
   油断していたらあっさり死にますよ、このゲーム。
   あっさり死ぬだけでなく、シャーリーさんに忘れろって言ったら全部忘れて、
   責任を取る羽目になったり。なんだこの展開は…。
   とにかく、この章だけでも異常なまでにBADEND展開が多すぎるのですが。
   あまりおかしな選択肢は選ばずに、その辺の人を踊らせる命令くらいにしておくのが無難か…。
   (その辺の人も踊らせるな)

   四剣聖も仲間にして、可愛い眼鏡を仲間にゲット。
   相変わらず「藤堂さんの居る場所が自分の居場所」とか危険な発言の多い眼鏡。可愛い。
   藤堂さんを救出したり、サングラスの変態と会ったりといろいろイベントはありますが、
   ずっとアニメのストーリーを追いつつ、ピザ箱を回収していくのがメインです(嘘です)
   なんで、順当にスザク君がユフィちゃんの騎士になって、ルルたんが嫉妬で苦しんだり、
   ユフィちゃんのフリーダムな生き方を羨ましく思ったり。
   そうだね、ルルたんも皇族のままだったら、スザク君を騎士にしたかったんだね。
   と思うほどに「スザクを仲間に…」とか幕間に言いつづけるルルたん。せつない。
   そんなせつない思いを抱いたまま、ユフィちゃんと対面して、ついついうっかりで
   自身の幸せと異母妹の幸せを崩壊させるのも気が引けるので、式典に行くのを
   やめてしまいました(行こうよ)
   結局何も起こらず、一種HAPPYEND!?
   いや、むしろその方がよかったのかも知れない…。

   でも、ストーリー的には終った事にならないので、式典に行って「虐殺ですv」
   やっていただくことに。ごめんよ、ユフィ…。
   学園で見つけたあやすい眼鏡を追いかけていったせいか、学園の眼鏡っ娘が色々アレする
   展開になってしまったり。
   そりゃプリン伯爵いたら追いかけるだろうさ!!(大興奮)
   でも、てっきりラスボスはコーネリア姉様かと思えば、意外な人が。
   改造オレンジ君!?ちょっと、カッコよすぎ!!
   まあ、改造されてもオレンジ君はオレンジ君なので、オレンジ君でした(酷)
   ランスロット以外には負ける気がしない。
   というか、ランスロットには勝てる気がしないけどね…。
   結局のところ、アニメ一期と同様に悲しい展開のままEND。
   うちの妹知りませんか…?


  二周目

   アニメ一期と同様、もやもやした感じで終る世界。
   しかし、アニメ準拠は一周目のみ。二周目はオリジナル展開満載だあ!
   謎の少年、キャスタールと言うかパラックス?登場。
   どうやら、ルルたんの数多く居る兄弟の一人のようですが、死んだはずとか
   なにやら不穏な雰囲気。
   一人なのに二人、というか、二重人格なのか?
   ルルたん同様、謎の力「ブレス」とか言うのを使うよ。
   しかも、他の民族嫌いの純潔派だよ。可愛いオレンジ君を手駒に使うよ。
   畜生、うらやましいぜ!!
   さらに、オレンジ君を使ってクロヴィス殿下を手にかけただけではあきたらず、
   コーネリア姉様まで…。畜生!!許すまじ!!!
   ユフィ姉様はお気に入りのようですが、コーネリア姉様の騎士ズは軽視されて
   すっかり位置を純潔派に奪われました。いい眼鏡と筋肉なのに…。
   でも、ダル&ギルのコー姉様の騎士ズはユフィちゃんについてるけどね。
   「ここは退いて下さい!!」っつーダールトンに「戦えと言う事ですね!」とか言っちゃう
   ユフィちゃんはいつだってフリーダムだ。

   コーネリア様&騎士ズに代わって、キャスタール&純潔派が出張って来る二周目。
   特派も軽視されてる…。まあ、スザク君はキャスの嫌いな日本人なので。
   でもプリン伯爵もヴィレッタちゃんに軽く扱われて「爵位は上なのになあ…」とか
   せつないことを思ってるよ。でもあんまり気にはしてなさそうだよ。
   なんだかんだと、スザク君がキャスタールの騎士に任命されたり。
   畜生、うらやましいぜ!!
   ハンケチ噛み締めるルルたん(というか自分)
   でも、日本人嫌いのキャスタール新総督が、大人しくスザク君を騎士にしているわけもなく。
   スザク君に同属を殺させる命令を出すという暴挙に出たよ。
   あっという間に「同属殺しの男爵」とか言う二つ名がついてるよ。
   いいのか…?本当に、スザクはそれでいいのか…?
   他動的自殺志願者だけども、基本的に日本人のために生きたいと思ってると思ってたんだけども。
   すんごい消沈してるよ。
   さすがのルルたんも、あまりのスザク君の気落ちっぷりに思うのです。
   俺の騎士にできないなら、俺がお前のナイトになるぜ!!(逆転の発想ですね)
   お前が笑ってくれるなら、俺は悪にでもなるー!
   二周目は特にルルたんの「スザク桃色片想い」っぷりが露呈しててすげー楽しい。

   なんだかんだと話は進み、式根島へ。
   まあ、基本的にストーリーは一周目と同じですから、割愛。
   アニメだとスザク君に「生きろ!」というある意味彼にとっては辛い命令を下すシーンですが、
   出たよ、新しい選択肢が。
   「仲間になれ!!」
   ギアスの力は絶対ですよ。ふらふらとついてくるスザク君。
   来たーーー!!黒の騎士団に、白騎士様が来たーーー!!!
   「???」状態でもゼロ様絶対のカレンちゃんはさておき、他のメンバーも納得したのか
   しないのか。
   とりあえず、心の中でひっそりと謝るルルたん。
   うん…ルルの騎士じゃなくって、ゼロの配下なのがちょっと寂しいけれども、
   それでもルルはスザク君に生きていて欲しかったんだよ…(涙)
   でも仲間にした後に起動後の御挨拶を見たら、いやらしい格好で出迎えてくれたので満足です。
   パイロットスーツのチャック下げてるのいやらしい。というか、素肌パイスーはいやらしい。

   スザク君をゼロの配下にしてしまったので、ストーリーは大幅変更を余儀なくされました。
   とはいいつつも、ユフィちゃんが大虐殺を行ったり、キャスタールが大虐殺を行ったり。
   おいおいおいおい。
   大虐殺しすぎて、日本人絶滅したんじゃないですか?
   ルルたんのうっかりではなく、ユフィちゃんが大虐殺など行った事に、疑問を持つ面々。
   スザク君の苦悩っぷりが凄い。ごめんね、スザク…。
   でも、ゼロのピンチになると現れるスザク君はすっかりナイトで萌えました。
   その後も、ユフィちゃんの騎士っぷりを見せ付けられましたが、まあそこはそれ。
   「ユフィと戦わせてくれ!!」とか言いつつ戦わないスザク君は、絶対ユフィちゃんの影響だ。
   フリーダム感染ってる。
   3Dでお姫様抱っこして連れられていくユフィちゃんを羨ましそうに見つめるルル。
   いーなー、いーなー、いーーーなーーー!!

   一周目のラスボス様もあっさり退け、新総督の所へ。
   なんでギアス持ってるの?ってか、なんでこんなことをしたのか理由をおっしゃい。
   お兄ちゃん怒らないから。と言っても、仮面つけたまんまなので、お兄ちゃんとは
   思われてませんが(意味が無い)
   キャスタールだけかと思ったら、横からもう一人出てきたよ。
   え、確か5歳の時に双子の片割れに殺されたとか言ってたんですが。
   単に幽閉されてたらしいですが、そこんとこもうちっと詳しく。
   「父上が、兄弟全員殺したら好きにしていいって!」
   ちちうえええええ!!!
   なんだろう、父ちゃん蟲毒でもやろうとしてるんだろうか…。
   獅子は我が子を千尋の谷に突き落とすとか言うけども、突き落としすぎ。
   そんなこんなで、ラスボス戦だけども、結構強い…。
   あんなに強かったランスロットも、味方にするといきなり弱くなるのはどうしてなの(仕様です)
   でも、ルルたんはレベルに関係なく弱いけども。
   あと、ランスロットは改造しない方がカッコいい。
   プリン伯爵が作った方が愛が篭ってて素敵。

   なんだかんだと片付けたら、あっという間にエンディング。
   「合衆国日本!」で終っちゃう。
   もう少し、双子の謎が明かされるかと思えば、「父ちゃんは鬼畜」ってことで
   終ってしまう。まあ、全ての原因は父ちゃんだとは思いますが。
   速攻BADが多い展開ではありましたが、それでも、IFの部分が楽しいゲームでした。
   キャラゲーたるものこうでなくては!という丁寧な作り。
   二周目のゼロは白騎士も妹姫も手に入れてうはうは状態だし。
   何よりも、ダル&ギルまでも手に入っちゃう。筋肉&眼鏡最高!!