BACK


 放課後は白銀の調べプレイ感想〜昼飯時は白飯と白牛乳編


   「坊主×乙女」という、ゲーム誌の謳い文句に目が釘付けになって購入。
   すげーよ、攻略対象が坊主だけじゃなくて、ちびっこにホモに眼鏡におっさんだよ。
   ナンパ系は苦手なタイプなので、硬派の攻略対象はときめきますな。
   まあ、攻略キャラクターが多種多様であっても、最初に落とすのは眼鏡ですが。
   そんな、眼鏡スキーのためのゲーム感想。

   私こと、神楽坂要は代々退魔師の家の子だけども、まだまだ修行中。
   初めての大きな仕事が、男子校だなんて聞いてないよお爺ちゃん。
   男装して進入だなんて、花ざかりすぎるぜ!!
   中条先生も汗拭きゲーム作ってる場合じゃないよ、お爺ちゃん。
   このゲーム、全部都合の悪いのはお爺ちゃんのせいです。
   悪いのはお爺ちゃんだけじゃなくて、売られた喧嘩を全て買う要ちゃんも悪いんですが。
   普通の女の子なのに、酷いよ。ぷんぷん!!(痛)
   って、主人公の要ちゃんが一昔前のライトノベルの主人公の口調だよ。
   「なのでした。まる。」はねーな、今時。

   と、思いつつも、お爺ちゃんの命令は、王様ゲームの王様以上に絶対☆なので、
   男子校に潜入。といっても、依頼者が理事長さんだかなんだかなので、
   普通に男子として転入。どうにも、学園に巣食う鬼を退治てくれよう…ってわけじゃなくて、
   怪異を突き止めてほしいらしい。
   なるべく目立たぬように、ひっそりと一生徒を装いつつ…。
   と、思っても、可愛い顔した要ちゃんを放っておいてくれる男子高校生は少なく。
   さっそく目をつけられたはいいものの、ちぎっては投げ、ちぎっては投げ(男前)
   気持ちの良いほどにバンカラですよ、要ちゃんは。
   そんなバンカラ要ちゃんと初めてお友達になってくれたのは、坊主頭の十馬君。
   どうみても、番長タイプだけど、凄いいい奴だ。むしろクラスのムードメーカーだ。
   吐く息がカツ丼くさいとか言われてるけどいい奴だ。
   先生がいい感じの髭のおっさんなのにもときめき。

   そんなバンカラコンビにプラスして、入学の日に休んでた子が追加。え、お腹壊してたの?
   ちっちゃいクラスメイトの悠斗はなんていうか…牛乳だ。
   十馬とコンビだけども、これが「太陽にほえろ!」世界だったら、「カツ丼」と「牛乳」って
   あだ名がつけられると思うくらいに、カツ丼と牛乳だ。
   そして、銀髪の人はホモだ(身も蓋もない)
   気持ちいいくらい、普通の美形がいないよ!!
   むしろ坊主とかおっさんとか大歓迎だよ!!
   そんな中、今回の攻略対象は会長閣下。
   もちろん、眼鏡ですよ。
   「太陽にほえろ!」の世界じゃなくても、眼鏡はいつだって眼鏡。
   「ウイーンはいつもウイーン」みたいですな!

   それにしても、全員出てくるまでが長い、長い。
   眼鏡が出てくるまで1時間かかりましたよ(長)
   まさか、二周目もプロローグが飛ばせないとは思いませんでしたがね(長)
   ともかくも、廊下の角でぶつかるなんて、乙女ゲーのシチュエーションで出てきたよ。
   「大丈夫かい、君」とか手を差し伸べてくれるのかと思ったら。
   「チッ」ですって。
   めっちゃ舌打ちされたああああああああああ!!!
   思わず初回の攻略対象を坊主に変えようかと思ったほどの仕打ち。
   でも坊主は後に取って置きたい乙女心。
   しかも会長閣下声低すぎて何言ってんだかわからん。
   声は十馬と逆じゃないのかしら…声優さんのイメージ的に…。

   そんなことを呟きつつも、男子校生活を満喫。
   びくびくしているのは要ちゃんだけで、周囲は全く気がついてない。
   お前らもうちょっと、女子の匂いを嗅ぎ取れ。
   いつの間にやら十馬さんのせいで、剣道部に入部する事に。
   あれ?悪霊退治はいいの?(良くありません)
   というか、お目付け役の綾乃さんがめっちゃ睨んでるよ。ごめんね、綾乃さん…。
   それにしても、男子校潜入といっても美味しいイベントがあんまりない。
   ひたすら、汗とカツ丼と牛乳の匂いにまみれている。
   昼食パターンが15パターンくらいはあるのにびっくりした…。
   昼食に命をかけすぎです。というか、昼食は命がけです。食いすぎで死ぬ。
   あまりの昼食っぷりに、乙女的イベントも悪霊退治も忘れがちですが(退治はするように)
   忘れちゃいかんと、式紙のくーちゃんを使って偵察偵察。
   階段下でホモがホモってました。見なきゃよかった。
   それにしても、くーちゃんは葱に似てるな…(現実逃避)

   そんなホモの密会を覗き見たりしながらも、いぢめの現場を見つけてしまったり。
   えー、剣道部は坊主が仕切ってるんじゃないのかよ。さすがに先輩には手が出せないのかよ。
   と、思っても、さすがに授業中に見たことは他の皆には言えない…。
   あれよあれよという間に、剣道部が活動停止に…。
   眼鏡ともちょっとずつ仲良くなってきてたのに!
   ツンツンからツンデレくらいにはなったのに!!(それでもツン部分は残ってる)
   なにやら眼鏡と坊主には因縁があるらしく。えー、昔は仲良しだったんだ。
   あれですか、特盛りカツ丼無理に勧められて具合が悪くなって険悪に…。
   いや、自分が今そういう気分だったから。
   どうやらそうではないらしく、なんでも眼鏡君は家を継ぐために養子になったらしく、
   家を継ぐ以外のことは全部禁止されたらしい。
   剣道も楽しくやってたはずなのに。自暴自棄で坊主に当たってしまったんだね…。
   なんだか気の毒ですが、動けない坊主と牛乳のために、頑張って暗躍。
   もう、悪霊退治とかどうでもいい!!(よくありません)
   とか思ってたら、なんだかいい感じに事は運んで、剣道部の活動停止が中止になったよ。
   ありがとう、眼鏡!!サンキュー眼鏡!!

   悩み事も解決して、これで学園生活を満喫できるぜ!!
   って、すいません、綾乃さん…仕事ですね、仕事。
   綾乃さん美人なのにおっかないからなあ…。
   とりあえず、何でも知ってそうな眼鏡に聞き込み。古い文献とか調べたりして。
   でも、なんだか眼鏡の様子が変…?影が薄い?
   まあ、カツ丼坊主だのちびっこ牛乳だのにぎゃわぎゃわされたら影も薄く。
   え、そっちじゃなくて。まあ、ホモの人の方が影が薄…げふげふん。
   原因は不明だけども、眼鏡君の身体に異変が起きてるらしい。
   解決するためには陰と陽のバランスを整える必要が、って男女で気の交わりを…。
   先生に凄いさらっと言われたけども、それって、えええええええ!!!
   まあ、ちゅ、ちゅーくらいなら…。
   アワアワする眼鏡が五月蝿いので、とりあえず口を塞ぎますか。
   そういえば、まだ女子だってバラしてなかったなあ…。(そりゃアワアワするわ)
   男らしい要ちゃんに比べて、アワアワする眼鏡が可愛い、可愛い。

   とりあえず、元気になった眼鏡君。女子だとバラしてちょっとラブラブ気分。
   だけど、元気になったのも一瞬で、また影が薄く…。
   先生の嘘つきい!!といっても、本当の先生じゃなかったみたいですが。
   一時的な解決にはなったけども、本格的に解決するためには、原因を探らないと。
   本気で悪霊退治の捜査に乗り出すことにしました。
   今までの自分はなんだったんだって?過去の事は顧みないんだぜ!!(男気)
   なんだか、今の状態になったのは、坊主と言い争ったのが原因?
   頭打ってネジが飛んだの!?そんなバカボンのパパじゃあるまいし!!(あれは風が原因です)
   どうやら、頭打ったのが、悪霊の原因となる祠らしい。
   目隠しされてはいたけども、意外とあっさり見つかったよ、祠。
   そして中には行方不明になった生徒と、眼鏡君…?
   え、隣にいる人は一体!?(誰)
   そう思ったら、謎のドレッドが現れたよ。あんたそんなナリして神様なのか。
   というか、荒神様らしいですが。学園にとっては疫病神じゃねーのか。
   暇だから遊んでたー、って、あっさり言われたよ。
   テメエ…。
   眼鏡君は一部が分離した状態らしい。そうなりゃやることは一つだ!!
   ドレッドを倒して眼鏡君の身体を取り戻す!!
   要ちゃんはすっかり男らしくなって…。もう「なのでした、まる。」とか言わない。

   戦いに勝ったというよりも、見逃してもらったに近い形で戦闘終了。
   でも、今の眼鏡君は、元の眼鏡君に戻らないといけない。
   戻っても、記憶がそのまま戻るかもわからない。
   それでも…封印しないといけないんだ。だってそれが仕事だから(涙)
   結局、涙ながらに別れて。
   ドレッドが居なくなったので、学園はいつも通りの日々に戻りました。
   もう学園から去らないといけないよ。なんだかんだと楽しかったよ。
   女だと誰一人として気がついちゃくれませんでしたがね!
   ただ一人、自分からバラした人を除けば。
   意外と皆、保守的だよな…。「男子校に女子が入学できるわけがないじゃないか!」
   みたいなピュアっ子ばかりだったよ。
   でも、眼鏡にはあれから会ってない。だって、気づかれなかったら嫌だし…。
   と、悲しい気持ちで学園を去ろうとしたら、廊下で人とぶつかったよ。
   め、眼鏡君…。
   「大丈夫か、要」とか手を差し伸べてくれるのかと思ったら。
   「チッ」ですって。
   めっちゃ舌打ちされたああああああああああ!!!
   ショックでけえ…。

   泣きながら学園を去って、時は過ぎて。もう一度、あの街に、あの学園に寄ってみたけれど、
   あの人はやっぱり覚えてなかった(号泣)
   でもいいの。ツンツンがデレになった眼鏡君は、私の心にいるから…。
   そもそもの原因は、あのドレッド。立派な退魔師になって、いつか倒してやるんだから。
   本当に要ちゃんは立派になって…。
   あまりのせつないENDに思わずもらい泣き。
   つーか、これが正ENDなわけないよなー!いくらなんでもなー!!
   と思ったら、一個だけイベント項目が空いてる。
   このゲーム、攻略部分がわかりづらい…。ゲーム誌に載ってたので途中まで攻略できましたが。
   個別ルートは、泣きながら、何度も何度もBADENDを迎えて。
   何度も何度も舌打ちされて。地味にダメージくらうよ…。
   しらみつぶしにアイコン潰していってようやくわかった。
   部活動再開後に坊主に会って、よかったね!をやらないと駄目なのかー!!
   それならば、アイコン坊主だけじゃなくて、眼鏡君も一緒に入れて下さいよ。
   わかんねえよおおおお!!!
   ちゃんとイベント欄が埋まったので、再び挑戦。
   今度は舌打ちされなかったけど、やっぱり全部忘れてるっぽい。
   泣きながら学園を去ったけども…。
   後半の怒涛のような展開に萌え転がりました。
   幸せだ!!何度もBADEND見た後だと、幸せ感が倍増するぜ!!

   眼鏡君との幸せENDを迎えたので、他のキャラも攻略。
   というか、皆、いい人だし可愛いし学園生活楽しいしで、いいなー。
   相変わらず同級生達は誰一人として女子だとは気がつかないけども(気の毒に…)
   でも、BLっぽくもない。要ちゃんの初期の心の声が実に女の子女の子してるからだろうか。
   まあ、一昔前のライトノベルっぽいけどもさ。
   攻略しているうちに、一人だけ女子だと気がついてるっぽい人がいるよ。
   髭のおっさん先生だけども、なんだか謎めいてるよ。
   一人で裏山にタイムカプセルを埋めてたり(タイムカプセル違う)
   綾乃さんとの秘密の会話があるけども、色っぽいものなど何もなく、火花がバシバシ飛んでるし。
   そういえば、綾乃さん美人だけども、攻略対象一人もなびかないなー。
   やっぱ怖いからかな…(すいません、すいません)
   先生は何をやってるかわからないけども、綾乃さんが「気をつけろ」っつーてたので、
   人様が埋めたタイムカプセルを掘り出したり、のんびり椅子に座ったりしていたら。
   ドレッドにさらわれたーーーー!!!
   え…ドレッドENDがあるんだ…。ちょっとびっくりした。

   でも、先生のルートは萌え満載で転げまわるよ。
   お姫様抱っことか飴ちゃんとか、乙女ゲームの基本を突いて来るけども、よく考えたら
   男子校で何やってるんだあんたーー!と言われても仕方がないよ。
   でも、すんげーーーー甘い。つーか、先生は要ちゃんに甘いよ、甘すぎるよ。
   ラストのラブラブENDも良いけども、届かない想いにせつなくなるENDも良い。
   てか、年の差萌えにはたまらないものがありますよ。
   若い頃の先生も素敵だしなー。
   キャラクター全員可愛くて楽しいし、ストーリーも良いし。
   これであとスキップがもうちょっと…。
   というか、せめてプロローグカットだけでも…(指痛い)
   システム面にはちょっぴりご不満を残しながらも、萌え&燃え展開に満足しました。
   攻略対象がおっさんとか眼鏡とかバンカラ萌えの方にはものすごくオススメです。
   あー、満腹満腹。