BACK


 新婚さん-SweetSweet honeymoon-プレイ感想〜オトメン編


   固定カップリングものはあまり好みではないのですが、眼鏡君が天然可愛いと聞いてプレイ。
   だって、固定カップリングだと、大体受け攻めの好みが逆なんですもの。
   おっさんは攻めなのか…?ショタっ子は受けなのか…?
   絶望した!!自分がマイノリティだと気がついた、今!!(BY:ふじよしさん)
   それでも、眼鏡さえ居れば…眼鏡さえ居れば…!
   そんなプレイ感想。

   俺こと久珂颯太郎は、お金持ちの坊ちゃまにして、文武両道才色兼備の常識人。
   おお、めずらしく欠点の無い主人公。
   最近、じっちゃんを亡くして凹んでましたが、どうやら遺言状が見つかったらしい。
   「遺言 遺言者の孫久珂颯太郎に全財産を相続させる。ただし、以下の条件の元〜」
   という、犬神家っぽい遺言状だよ。
   もちろん、美人さんとの結婚が条件だろうなあ!!じっちゃんよう!!
   「八重咲はるとの結婚を条件とする」
   おお!!はるさんは、従兄弟で初恋の人で、幼い頃からずーーーーーっと好きだった
   人ではありませんか!!じっちゃんでかした!!
   でも、一つだけ問題が。
   はるさんは男なんですが…。(大問題です)
   佐兵衛翁だってそんな無茶な遺言は残さなかったよーう!!
   はるさん、なんとか言ってやってくださいよう!!
   「颯太郎となら、いいよ」
   って。いいんですかああああああ!!!!
   恐ろしく理解のある両親により、結婚する事なりました。ええんか、お父様、お母様よう。
   「ふ…不束者ですが、よろしくおねがいします!」「おう」
   って、はるさんカッコいい…。じゃなくて、もしかして、俺が「嫁」なのか(今、気がついた)

   というわけで、1年間の花嫁修業を経て、はるさんと一緒に暮す事に。
   花嫁修業とかつっこみたいけど、あえてつっこまない。
   もう立派な乙男(オトメン)のできあがりですよ。
   料理上手は床上手〜♪というわけでもなくて。
   新婚初夜なのに、拒否られたーーーーーー!!!!
   どうにもはるさんは人として軸がぶれている。
   「家族」になるのはわかるけど、「好き」という気持ちがわからないって。
   新婚早々、主人が何もしてくれないってのは、旦那の浮気を疑った方がいいのでしょうか、
   おしえて、もんた。
   もんたに聞いても回答が出ないので、とりあえず、初夜から家庭内DVを起こすところを
   ぐっと我慢して、かいがいしく弁当を作ったりして。
   もうすっかり家事手伝いとしての価値しか見出されなくてもいいの…。
   だって、はるさんと一緒にいたいんだもん…(女々しい)
   すっかり乙男思考になってきてますよ。

   そんなはるさんは、大学で研究をしております。まあ、何を研究してるのかは阿呆なので
   よくわかりませんが。
   周りに悪い虫がいるよう…。
   男か女かわからんカマ男と、汚い髭のおっさん。
   基本的にオカマは好きデスが、見た目が全く女性のカマはただの女性だと思う。
   そして、髭のおっさんも大好きデスが、このおっさんなんかキモイ。
   芸能界でそんな髭の生やし方してる男はみんなホモじゃあああ!!!(偏見です)
   それがまあ、はるさんを狙う、狙う。
   き、貴様ら、汚い手ではるさんにさわるなあ!!!
   俺の方の知り合いはいいひとばかりですが。
   なんといっても、教師が可愛い眼鏡。そして、男前の後輩。ちっちゃいけど男前。
   後輩は先生が好きなんだな…。よし、頑張れ、と応援したくなるけども。
   まずは自分の方をなんとかしないと…(自分棚上げ)

   それにしてもはるさんは天然で困る。全然俺の気持ちもわかってくれないし。
   尽くしても尽くしても、報われない。
   それなのに飲み会で「こいつ俺にめろめろなんらろー!」とか言うし。
   ああ、こんな時、妻は夫に対して殺意を覚えるんだわ…。
   遅くなるとか教えてくれないし、典型的なワンマン夫になりつつあるよ、はるさん。
   それを泣きながらも家で待ちつづける俺。せつない…。
   しかもあのおっさん教授と一晩帰ってこないし。
   ああ、もう、夫が信じられません。助けて、もんた!!
   ちなみにもんたは基本的に助けてはくれない。聞いてくれるだけ(相談の意味は)
   こっちはこっちで、何故かカマの人と二人で夜明かしてしまうし。
   カマの人イイヒトなんだけども、教授のことが好きなんだってさ、ふーん。
   全然教授の魅力がわからん。
   なのに何故かあれよあれよという間に、カマの人と教授がくっついちゃって。
   あれ?むしろ俺らがおまけ???
   畜生!!やり直しを要求する!!!
   確かにはるさんとはなんだかんだあって誤解がとけてラブラブになりましたが。
   ラブコメの基本ですから、そういうの。

   違う選択肢を選んだら、別パターンの初夜が迎えられましたよ!
   おお、パターンがあるのはいいな。でも、初夜じゃないけどな。一回失敗してるけどな。
   後輩と先生も上手くいったし。こっちはいいなー、ちびっこ攻めいいよー!
   はるさんと後輩が男前過ぎて、颯太郎のオトメンっぷりが凄い。
   いろんなパターンで一番萌えたのは、やっぱりはるさんが両親に「颯太郎を嫁にください」と
   言ってくれるト・コ・ロvああん、はるさん素敵vvv
   でも、夜は逆なのね…。もうはるさん攻めでもいいじゃん、すげーじゃん。
   あ、嫁にくださいじゃなくて、俺にくださいだった。もうどっちでもいいじゃん。

   無事にラブラブになったので、第二部開始。
   ラブラブになったので、アオリどおりのらぶえろ生活を送れるかと思えばそうでもなく。
   わりとエッチは普通だよ。
   まあ、新婚ですから。常にYESNO枕はピンクの面が上に向いていたとしても、新婚ですから。
   基本的に電気は消してるし、乳首攻めとか、じらしプレイとかしない。
   だって、新婚だから。(言い切る)
   最初からそんなんやってたら、嫌われてしまうわー。
   基本の女装プレイとかもありですが。やっぱりカマの人がいくら綺麗でも萌えない。
   どう見ても女の人に見える人が女装してもなんにも面白くありません。
   全然似合わないのに開き直ったり、恥らってるのが可愛かったりするのに。
   でも、はるさんは女装しても男らしいので素敵デス。ああんv
   後輩のプレイは良いですな。
   「オンナノコの格好してる俺にこんなことされちゃって…」
   そ・れ・だ!!!!
   自分の趣味が特殊だと気がついた、今!!

   そんな楽しい新婚生活も、終止符が打たれることに。
   よりによって、あの髭に。くそう…髭の癖に…。(逆恨み)
   はるさんは、元々研究生で。凄い期待もされてて、アメリカ行って一生研究するのが夢で。
   その夢を、学生の妻がいるから諦めろと…?(やっぱ妻なのか)
   別れろ切れろは芸者の時に言う言葉。
   今の俺には、いっそ死ねと…死ねと言って下さいっ。
   と、芝居がかってみても、あの髭には通用しないだろう。
   ここで最重要選択肢が。
   なんといっても、第二章、この選択肢しかないよ。
   別れるか、別れないかの二択。
   もういっそ、死ねと…。
   でも、やっぱさー、重荷になるのは嫌なんだよ…。はるさんの夢を叶えさせてあげたいんだよ。
   そっと身を引くオトメン。ああ、なんだか明治時代の貞淑な妻を髣髴とさせる。
   それでも探して追いかけてくれるはるさん。
   ああ、夫の鑑!!夫婦善哉!!
   選択肢は「別れる」の方がじんとしていいなあ…。余韻があるよ。

   らぶえろが売りのBLですが、エロよりも、けなげな颯太郎の嫁っぷりに萌える。
   そして、一組のカップルをじっくり追っているので、ストーリーがいい感じー。
   まあ、好みではないカップルは、どうしようもありませんが(ううむ)
   ちみっこ攻めが良かったので、それは良しとしよう。
   BADも髭ってのが解せない。
   おっさんの素敵さが全然感じられないおっさんは、おっさん好きとして許せません。
   どうせなら、おっさんが受けの方が…という弊害が起きるので、固定が苦手な
   人にはオススメしません。