BACK


 トゥルーフォーチュンプレイ感想〜恋人がサンタクロース編


   どことなく、懐かしい雰囲気のゲームですが、eb初の乙女ゲーというわりに、
   なんかTAKUY○っぽいとか、そういうことはおいておいて。
   眼鏡が生徒会長ってだけで買いますよ。そりゃもう。
   ガッチガチの堅物眼鏡が大好物です。
   そんな眼鏡萌えの人のプレイ感想。

   私こと木下真希は、昔となりのオシャレなお姉さんがクリスマスじゃないけど私に言った
   言葉を胸に大きくなりました。
   「大人になればあなたもわかるはず」的なことを、謎のカードと一緒に。
   何故か唐突にお姉さんが言い残した言葉を思い出したので、押入れに入れてたクッキー缶を
   おもむろに取り出してみました(結構扱い悪い)
   何故今までその存在を思い出さなかったのか。むしろ、忘れる方向で生きていたのか。
   生徒会長とか、下級生とか、オタクとか書かれたカード…。
   待て。
   最後のはなんだ。
   忘れる方向で封印していた気がしないでもない。
   不思議なことに、そこに書かれていたカードは、私の身近な人にそっくり…。
   お姉さん、どんな魔力が…(謎)
   不思議なカードよりも、それをくれたお姉さんが怖いよ。

   ともかくも、カードを取り出しつつ見比べてみる。
   憧れの人、と言いつつも、あんまりカリスマ性を感じないクラスメイトの星宮君。
   高校に入って人気者になっちゃって、なんとなく疎遠の幼馴染陽ちゃん…もとい日向氏。
   かっちり生徒会長木戸先輩。元気な後輩矢口君。不良の如月君。
   そして、オタクの野間君。え、やっぱりオタクなんだ。
   攻略対象、同い年が多いな。先輩は一人だし、後輩も一人だ。
   不良の如月君は後輩だけども同い年だ。まあ、そういうことですよ。
   しょっぱなからオタクの人とぶつかったりとイベントがあるんですが、ランダムなんだろうか。
   そして、オタクの人がやたらといいキャラしている。
   とりあえず、漫画借りちゃったー!(嬉)人に漫画を貸せるとは、二冊持ってますね?
   はっ、オタク道まっしぐらかしら…?
   自分のお兄ちゃんが生徒会長と親友とは知りませんでしたよ。
   いいから、さっさと紹介せんかい!!
   生徒会長、ツンデレかと思えば普通にいい人だ…。
   真面目でやる気がある生徒会長ですよ。完璧主義とはいえ、他人には押し付けないし。
   お兄ちゃんも優しくていい感じだ。シスコン兄貴は最高だ!!

   とりあえず、何をやるのかよくわかりませんが、朝一番でカードが出てきましたよ(占いですよ)
   自分でイベントを何処に配置するか選べるのね?
   といっても、カードが裏返ってるのでランダム要素は大きいですが。
   ランダム要素が大きいのに、セーブ箇所が決まってるのはちょっと辛い。
   でも、気になるボタンが。「兄パワー」って何だ?
   とりあえず、押してみる。
   「兄パワー、時よ止まれ!!!!愛しき10秒間」
   なんだこれ!!!
   茫然としてたら、なんか10秒終わったよ(早)
   はっ!今の止まってた時間で、いくらでもカードが裏返せたのか!
   時間だけじゃなくて、自分も止まってたわ!
   でも、兄パワーのおかしさについつい使いすぎてたら、兄パワー底をついた。
   ああっ!兄パワーはもっと大事に使うべきだったかも…!
   兄パワーは大切に。(兄も大切にして下さい)

   ランダムで引いたカードは、それぞれにイベントがあって、それをキャラクター全員に
   振り分ければいいのね。全員じゃなくてもいいですが。
   とりあえず、良さげな「ロマンチックイベント」的なやつとかは、目当てのキャラに
   配置するよ。同じカードを使っても、ちょっとだけ台詞が変わったりするのが
   丁寧な感じだ。「また傘忘れたの?」とか。ええ、傘忘れてばっかりですよ。
   それにしても、オタクの野間君、ビームサーベル濡れるよ…。いい奴だな、あんた。
   兄パワーならぬラブパワーが溜まると次のレベルに行きますよ。
   なんだか大きなイベントは無いけども、ちょこちょこと攻略対象とお話しているのが
   地味に楽しいな。一緒に帰る時の話題とかも、結構豊富だし。
   あと、攻略対象が結構ぴょこぴょこ動くのが楽しい。近づいてきたり、遠ざかったり。
   残念なところはイベントCGが少ないところか…。
   というか、カードのあまりの美麗さに、「同じ人かこれーーー!!」と言いたくなりましたが。
   何故…何故このままの立ち絵とイベントCGにしてくれなかったんだ…。
   キャラクター原案は「マリみて」の人ですが、カードだけなんだもんなー。
   オタクカードとか、もんのすごい可愛いじゃないですか!!

   そんなこんなで、オタクの人と眼鏡会長の間をふらふらと。
   ようやくストーリーイベントらしきイベントが起きたけども、乙女的にはどうなんだろう…。
   オタクの人はAIでパソコンの中の女の子と恋をするために、私を研究中ですよ。
   すいませんね、荒くれ者で。
   掃除をしちゃあ手は抜くし、毎日遅刻はしているし、あげくに昼飯は大盛り飯でした。
   いいんだよ、ありのままの君がいいとか言ってくれるんだからよう!(それは言い訳です)
   生徒会長のイベントでも、立食パーティに山盛りコロッケ提案したけど、何か問題が。
   荒くれ者でも、みんな優しいよな…。
   そんな優しい人たちは、帰り際一人で帰すとかそういうことは全くしないぜ。
   一緒に帰るだけだけども、なんか楽しいや。
   時々話題振ってもスルーされることもあるけども(涙)

   でも、着々とレベルを上げていってるのに、ある程度まで来たら止まった…?
   油断してたら、28日とかになってるー!31日までじゃないのか、これ!!
   誰も落とせなかったら兄ENDとかかしら…。
   まあ、兄は甘いし素敵だからいいんですが。パワー的な部分を含めて。
   とか思ってたら、普通に32日になった(あれ?)
   よく見たら、32日目だったよ…。じゃあ横の曜日ってなんか意味があるのかー!
   普通は曜日があれば、月日でいいんじゃないのか?
   レベルについてはちゃんと取説読んだら書いてましたよ。ある程度のレベルになったら、
   アタックしてデートしないとダメなんだな。
   でも、そういう時に限って帰りに会わなかったり、話題に失敗したりして
   誘えないのはどういうことだー!!
   ランダム要素の辛いところですな…。
   それでもレベル3から上がって良かった。生徒会長放課後デートでコンビニに
   寄るけれども、生徒会長がコンビニ肉まん全種類制覇するかと思った。
   そんなに食べなくてもいいじゃろ、くらい食うよ。
   毎回毎回微妙に違うところが凄い。
   でも、その妙なこだわりをシステム部分にも生かして欲しかった…。

   ちゃんとレベルが上がったら、デートのお誘いがありましたよ。
   生徒会長とデート!!遊園地でデート!!!
   コンビニ肉まん以外のデート!!(しつこい)
   テンションは上がるけども、生徒会長ツレナイ。初っ端からジェットコースターを選んだのは
   まずかったですか。お化け屋敷もあまりお好みではない様子。
   じゃあじゃあ、と無理やり乗せた観覧車。
   まさか、高所恐怖症だとは…。つくづく遊園地デートに馴染めない男。
   でも、弱ってる生徒会長萌える。にゃんだこの可愛い子は!!
   いやいつも可愛いんですが。きりっとしたツンデレ眼鏡なのかと思えば、
   ものすごく学校の事を考えているいい生徒会長ですよ。めっちゃ優しいし。
   他のキャラも、全員めちゃ優しいし、全員仲良しさんだし。
   そういったところでは、ストレスの溜まらないゲームですよ。

   結局、レベルが上がった後はデートが出来ないのね(寂)
   まあ、下校デートは出来ますが。
   しかも、最高値まで来たら、残りはかっとばせるとか、爽快でいいですな!
   てか、クリスマスで終るのね。54目ってことは、11月1日からゲーム開始だったのか…。
   4月から随分経ってるけども、男子の存在に全然気がつかなかったぜ。
   まあ、オタク君と幼馴染みは別のクラスだしな。
   木下と木戸で、お前ら出席番号順で仲良くなっただろ、的な兄の親友の存在にも11月まで
   気がつかなかった悲しみ。
   それはさておき、クリスマス。
   結局、山盛りコロッケ作ってましたが何か問題が。
   うちにはサンタは来ないの?お兄ちゃん…(涙)
   悲しんでいたら、サンタさん来ましたよ。何故か執事の格好で。
   え、それどんなサービス?
   ラブラブエンディングで終るかと思えば、なんかポエムで終った。
   すげーーーーー!!ある意味斬新だよ。

   ストーリーとかイベントは、ある意味斬新と言うか、ものすごい昭和臭がする。
   不良は屋上で草笛を吹くし、神風の術でぱんちらとか今時無いですよ。
   第一、OPは首領作ですよ。首領様の斬新な昭和歌謡にはいつも感心しております。
   MUNESHIGEー。MUNESHIGEー。(注:お気に入りの曲)
   EDも凄いですけどね。カットできないとかさ。しかも、韓流ドラマっぽい。
   それ私に対して捧げる歌にしちゃ悲しすぎるよ、星宮。
   オタクの野間君が歌ってた歌のがもんのすごい楽しそうでいいですよ。
   まあ、アニメソングですけどね。
   それが出てくるたびにテーマソングで流れるもんだから、爆笑するしかないではないですか。
   オタク可愛いですよ。アニキャラのシャツ着てても可愛いよ。
   脱いでるシーンが一番可愛かったですけど。
   全員に脱いでるシーンがあるけど、いやらしさを感じさせなくて、なんかイイ。
   というか、ギリギリ感が最高。
   キャラクターも基本に忠実と言うか、あんまり冒険はしていない。
   むしろ冒険しすぎて、キャラ崩壊するよりはいいかもしれません。
   どう見ても主人公ラブな幼なじみとか、普通に元気な後輩とか、隠れて優しい不良とか。
   不良の愛は小動物ではなくて静物に向けられてましたが。小動物イベント可愛いよ。

   そんな懐かしい感じのイベントばかりのようですが、変なところに異常に力が
   入ってますよ。
   レベル4×カード枚数のイベントだと思ったら、とんでもない。
   同じレベルでも、ちょっとした差があったりと、異常なこだわりが。
   幼なじみの日向氏のフェミニストイベントとか、生徒会長のライバルイベントが
   毎回違う料理なのにびっくりした。
   日向氏はいい奴だな…。致死量の唐辛子の入ったような料理ばかり作ってごめん。
   だけど、いいんちょも同罪だぜ。
   もしかしたら、日向氏が食べてくれるのを見込んで、わざと激辛にして
   仲直りのきっかけを作ってくれてるのかもしれませんが。
   いいんちょさん可愛いよう!
   それにしても、牛肉の四川風なんちゃらとか調理実習で作るなよ。

   これだけキャラクターが仲良しさんで、幸せな感じならば、あとは兄ENDがあれば…。
   兄パワーめっちゃ気になるではないですか(パワーか)
   兄がらみのイベントで、星宮君と仲良くなっていくやつとか最高ですよ。
   「いつでもお兄ちゃんがいるからな!」とか、柱の影で見守ってくれたり。
   というわけで、誰も落さず寂しい限りを尽くしてみました。
   兄が、兄が来たよー!!(喜)
   このまったりゲームで、近親なんちゃらとか、実は義理の兄だとか、そんな劇的な展開が
   あるわけないのですが。
   萌えるよな…。ふつーにお兄ちゃんで、でれでれのシスコンで、萌える。
   ときメモGSでも、尽君が「お姉ちゃんを振るなんて、見る目がねーな!すぐに大人に
   なってお姉ちゃんを驚かせてやるから!」みたいなことを言って、きゅんとさせられる
   じゃないですか。そんなカンジで、いいですよ。
   ポジション的にも尽君なんですがね、兄。
   あと、クリア後のゲーム開始のノートの絵が、兄のラフ画になってときめき。
   このラフ画もいい感じに素敵だよなー。

   結局、フォーチューンカードが何なのかとか、お姉さんが何故持っていたのかとか、
   兄パワーの力の源は何なのかとか全く解らないままですが。
   クリスマスがエンディングの割に、クリスマス的な部分がほとんど生かされてないし。
   お兄ちゃん…おうちにはサンタさん来ないの…?(涙)
   さらにシステム的にも昭和臭がするほどの、システムの古さではありますが。
   今時、バックログもエンディング一覧も無いなんて…。
   せめて、埋められるイベントリストとか、クリア後のデータ引継ぎで、見たイベントは
   最初からカードのマークがついてるとか、それくらいは欲しいの…。
   これだけ細かいイベントに力が入ってるのに、その存在を主張する部分が足りない。
   他と一線を画すのがぴょこぴょこ動いてる部分ですが、こきざみに震える星宮君を見たら、
   笑いが止まりませんよ。なんだこれーーーーー!!

   システムとイベントの懐かしさは、「これはTAKUY○がセガサターンで出したゲーム」という
   認識くらいでいいかもしれません。いや…ドリームキャストくらいかしら…。
   それでも、下校部分がものすごく楽しいので、「帰宅ゲー」と考えれば最高ですよ。
   今まで無かったですよ、帰宅シミュレーション。
   キャラクター全員優しくて可愛いし。まあ、サブキャラの扱いは無いものと思っても
   いいんですが。ミカル君可愛いなー。
   ストレスの多い現代社会で、たまにこんなまったりした帰宅ゲームがあっても
   いいかもしれません。
   あと、細かい差分が大好きな人にはたまらんゲームだと思います。
   結局、肉まん何種類食うんだろう…。