BACK


 蒼黒の楔 緋色の欠片3プレイ感想プレイ感想〜人間消失マジック編


   緋色の欠片と言えば、崩壊した日本語テキストに、美麗なCGですが。
   2で崩壊した文章を全部カットしてしまったためか、完全に説明不足だったとか。
   3で絵師の人が代わったのに立ち絵は一緒だとか。
   まあ、色々と、イカン部分の目立つ作品ではありますが、ツッコミの多さには事欠きません。
   とりあえず、立ち絵はちょっとだけ近づいたよ!!進歩、進歩!!
   三歩進んで五歩下がるオトメイトの進歩を見出したい。
   そんなプレイ感想。

   私こと春日珠紀は、玉依姫として覚醒し、無事に村を、そして国を救うことが出来ました!
   から始まる本編。ああ、そうだっけ、そうだっけ。
   死ぬほど腹立たしい婆ちゃんはお亡くなりになったようで。
   ああ、そうだっけ、そうだっけ?
   まあ、亡くなった人を悪く言うのもアレなので、とりあえず黙祷。
   おにぎりの人のルートを引き継いでいるのか、やけに出張ってるぜ。
   というか、相変わらずウザイ「外典が更新されました!」の文字。
   いいよ、わかったよ。気が向いたら見るよ。というか、やっぱりタイヤキかよ。
   タイヤキくらい、説明しなくてもわかるっつーの。
   文章が出てくるごとに、「更新されました!」って出すの止めてくれ…。
   遙時風に、文章中にわからない文言にリンクしてボタン一個で読めたら良いのに。
   はっ、進歩を見つけるのでした。文句は後で。

   とりあえず、村を救った英雄だからかなんなのか、やけにもてはやされますよ。
   ハーレム状態?
   てか、隠しキャラの人を落としてなかったので、ナチュラルに居られても困る。
   あんた、誰。
   そして、美鶴ちゃんにも言っていいか。
   あんた、誰。
   私の知っているこの娘っ子は、やけに恐ろしげなオナゴでしたよ。
   まさに、手のひらを返したような対応。
   それでも、1の時にされた仕打ちは忘れやしねえ(トラウマ)
   最初に落すのは、鴉先輩か、狐先輩だ。
   まあ、ちっちゃい先輩、先輩じゃなくなったようですが。まあ、浪人。
   年下のわんこに勉強を教わるなよ。
   というか、いろいろギスギスしたり、裏切られたりした部分は、大人的対応で
   無かった事になったのか、平和だし、仲良しだし。
   お前ら…何か悪い物食ったのか…。
   そう聞きたくなるほどに待遇いいですよ。
   しかし、待遇が悪いよりは良い方がいいので、文句は言わない。

   ともかくも、村人たちも我を崇めよ、と思ったら、誰もいねえ。
   気がついたら、誰も居なくなってるし、なんか村に結界が張ってある?
   信用できない典薬寮の人たちが情報持ってきたけども、信用できないし。
   典薬寮の人たちは、2の子達が可愛かったよな…。
   とりあえず、何か前回の敵であるロゴスのえらい人たちが殺されて、謎の人がこの村に来たと。
   なんか凄い鏡があるのを手にしたとかなんとか。
   殺人犯がこの村に…。
   まあ、ロゴスの人たちも、なんやら前回も敵だと言う割には目的とか良くわからんかったけど。
   アリアちゃんが可愛かった事しか覚えてねえや(ろりこんですから)
   むしろババアの方が敵だった気が…。いや、皆まで言うまい。
   ともかくみんなで手分けして殺人犯を探したけども、見つけたのは可愛い子だけ。
   拾ったものは警察に、と言われても、警察動いてないし。
   とりあえず、家で保護する事にしましたが。凛君大人しい子だなあ。

   てか、探しても探しても殺人犯の人が見つからない。
   そしたら、典薬寮のクソ親父が、なんか知ってるとか言い出すし。
   知ってるなら早く言ええええええええええ!!!!!!
   できるだけ危険な方法を避けたいとか言ってたけど、結局危険に近づかないとならないんだから
   意味ねえんだよ、ダメガネがぁっ!!!
   ともかくも、殺人犯の人は見つけたけど、よくわからない。
   人間が嫌いで滅ぼしたいのね。まあ、そうかい(投げやり)
   かわゆいアリアちゃんがやってきたけども、ダメガネのせいで、すっかり強い子に
   なっちゃって…。返せ!!素直なロリッ娘返せ!!!
   さらに、帰り道でまた一人拾ったよ。
   よく落し物のある村だ…。まあ、人なんですが。
   ケテルさんですって。どんなものしり博士だよ。(それはケペル先生です)
   なんか狐先輩とキャラ被ってますが。
   というか、鬼の人と、狗の人もちょっとキャラ被ってるよね。
   攻略対象追加するならば、違うタイプを連れて来い!!!
   というか、新攻略キャラがどうにも「なんか拾った」感が強くて、ときめき分が足りない。
   と思ったら、なんかNEWキャラでおっさん来たよー!!
   典薬寮の人ですって。うわ、信用できねえ…。

   実は鏡がもう一枚あるのです。とか、蛇の人に言われたけども、ご都合主義的後付け設定…。
   げふげふん、なんでもありません。
   というか、もうなんでもありだな。3まで来ると。
   とりあえず、鏡ゲットー!!!
   なんでも、覗くと普段見えない部分の会話とか見られるようですが。
   おまけシナリオ的に入ってる話が楽しいー!!!!
   でもこの部分はあくまでおまけ。CGも声もつかない。
   ぶっちゃけ第三章まで来て、本編は全く萌えイベントがないのですが。
   萌えイベントどころか、楽しそうなイベントの一つもありゃしねえ。
   受験勉強は通常楽しいイベントではありませんのよ。
   おまけの方が楽しいってのは、実にオトメイトらしい。
   どんな時も、ツッコミ所を残してくれるよ!!!

   そんな中、 典薬寮の人の指示で、洋館に殺人犯の人を捕らえに行きましたよ。
   案の定、罠でしたよ(超冷静)
   もう、3作目ともなると、裏切りにも慣れたもんだ。
   裏切る奴は、絶対、裏切る。あと、時々、裏切りそうに無い奴も裏切る。
   それが、緋色シリーズだ!!
   もう学習したのですよ。
   だけども、主人公チームは全然学習していない。
   お前ら、いつまでも人のいい田舎に引き篭もってるから、裏切りに気が付かなかったり、
   日本語に不自由してたりするんだよ!
   井の中の蛙じゃなく、外の世界を見ろ!!
   とりあえず、逃がしてもらえたけども、やっぱり二度目の裏切りが…。
   もう誰も信じない…。
   チームばらばらになって逃げるけども、草履とか下駄で逃げる美鶴ちゃんは、とりあえず
   置いていくしかないよね…(外道)
   いつの間にやら、チームは鴉&狐とアリアたんとケテルに。
   おっぱい先生も生きてて参加してくれたけども、基本的にルート入ると他の人の
   存在感が無くなるよな…。

   とりあえず、情報整理。典薬寮=国は、おにぎりを封印したことによって、玉依姫チームを
   危険視して、鏡の力を使って消そうと画策してるのね。
   なんでも、前回の「鬼」ってのが、本当は鏡と契約した人だとかなんだとか…。
   まあ、後付け設定…げふげふん。鬼でいいやん。
   というか、拓磨の先祖がどうなってんのかよくわからんよ。
   そんでもって、ロゴスとも手を組んだけども、あっちも裏切りが基本なので、
   ぐだぐだになってると。
   おっぱい先生の言うには、殺人犯の人=ニールは、ロゴスで作られたホムンクルスで
   神の力を与えられて生まれたけども、その際に犠牲になった人の怨念で、人間嫌いで
   鏡の力を使って人間を消そうとしてるのね。
   玉依姫チームは人であって人で無し。なんだか、蝙蝠のようですが、どっちつかずの存在。
   とりあえず、ニールは玉依姫チームを消そうとは考えてはいない模様。
   そんなら、鏡を渡しちゃってもいいんじゃね?(単純)
   と、思ったけども、ほいほい鏡を渡すと、おなじみの玉依毘売神社臨時相談所へ
   レッツゴー!ですから。BADEND解説コーナー、攻略キャラが出てくると嬉しいな。
   まあ、BADなんですがね。

   そんな中、本来のニールの正体が判明したり、他のキャラと合流したのに凛君が影も形も
   無いけども、誰もつっこまないとか、そんな感じのまま、最終戦闘。
   ようやく真弘先輩といちゃいちゃしようとしてたら、全員に見られてた。
   お前ら何をしているううううううう!!!
   「覗きです」
   うひーーーー!!!堂々と言われたーーーー!!!
   やっぱり、全員がわいわいやってるところのシーンが楽しいんだな。
   だけども、ルートに入ると二人きりになるのがオトメイト。
   皆で力を合わせるとか、そろそろ学ぼうぜ…。
   まあ、二人きりで頑張ろうと決めたり、告白があったりするのは良いですが。
   うっかり鏡取り込んじゃうとか、取り込んだら死ぬのかと思えば、ちゃっかり出して
   割れたらハイオッケー!とか、なんだか安易な感じではありますが。
   ツッコミどころが多すぎるぜ!!!
   結局、凛君がどうなったか最後まで誰も触れない辺りが怖い。
   いや、予想は付くけどさ…。
   最後の最後で、絵師の人が代わった感じがしましたよ。
   ラストのCGは、もちっと美麗に描いて欲しかったなあ…。

   あいかわらず、甘さは控えめですが、日本語崩壊は少なくなってる。
   まあ、学習したのかしら、その辺は。
   緋色シリーズをやっていると、学ぶことの大切さを教えてもらえる、そんな気がします。
   あれ?乙女ゲー?
   祐一先輩ルートはいいですな!なんとなく皆が一緒に戦ってる感じがするし、無理やり感が
   無いし、甘いし。まあ、後付設定はがっくりしますが。別になくてもいいよ…。
   凛君のことにも触れられてるけど、やっぱりラストはうやむやだ。いいんか、それは。
   メインっぽい拓麿君ルートもやってみたけども、ラストの展開が全然違うんだな。
   というか、凛君がいないというよりも、「出た、消えた」だし、ケペル先生すら影も形も
   見当たらない。
   居なくなるのは村人だけじゃなく、主要キャラも居なくなった。
   まあ、このルートは村人を救いたいという気持ちもどんどん無くなってくるよ。
   ラストで村人が全員記憶喪失でオチがついてますよ。
   消えたり失われたりするものが多すぎる。

   そんな気持ちで、蛇の人ルートをやったら、敵の人が気の毒だ。
   やっぱり、ババアが一番の悪じゃねえかよ…。
   死んでからも問題を置いていくなよ。
   さらに、ラストでも「3人で逃げた」って、一人足りねえ!
   敵の人もついでに連れてってくれって言われたのに…。
   主要キャラだけでなく、敵の人も消失しますよ、このゲーム。
   大蛇さんは、1の時はほとんど女子ルートに食われてたけども、ちゃんと甘いし
   見せ場もあるしでいいんだけども、ラストの典薬寮に持っていかれるわけで(涙)
   映し鏡いいですな。皆がきゃわきゃわやってるのは楽しいし、切ない話は切ないし。
   だけども、それを本編に入れてくれ!!
   本編がいまいち感ってのが、どうにもなあ…。
   本編は、ラストの部分で、鏡の契約者が強すぎておにぎりくらいでしか封印できなかったから、
   別の人に契約させてそいつを殺ればいいとか、ぐだぐだすぎる。
   それ二重契約じゃないのか?
   千年前の契約者も封印されただけで、死んだわけではないから、契約は継続中なのでは?
   ドラゴンボールだって、ギャルのぱんちー出した後は1年間お休みだぞ?(関係ありません)

   そんな気持ちで、千年前の契約者の人ルート。あるんだね…。
   どうにも珠紀ちゃんは前向きにやる気を出しているのに、周囲の人が自己犠牲好きすぎとか
   過去に囚われすぎとか、後ろ向き人生過ぎて、ぶっ倒したくなりますよ。
   村人とか本当に救う価値はあるのか。
   一人に責任を押し付けるならば、世界など滅んだ方がマシだ。
   二重契約の件も、生贄制度となんら変わらないじゃないのよさ。
   普通人じゃ契約者になれないとか抜かした後で、ちゃっかり契約者になったりと、
   ツッコミ所の多いシナリオばかりですが。
   凄い力で負のパワーを出してる鏡とそれを使う契約者の人を封印するために、世界の終わりとか
   言ってる刀を使ったのに、前作で封印しちゃったからどうにもならないとか。
   刀を封印したショックで、鏡の契約者の人が目覚めちゃったとか(本末転倒)
   仕方ないから刀を持ち出して、もっかい封印しなおすのか?と思ったら、あっさり刀壊れるとか。
   鏡も結構壊れ易いとか。おいおい、どうなってんだよ、というシナリオですが。
   そんな、堂々巡りの封印を続けて、鏡の契約者の人をどうやって救うのかと思えば、
   まあ、その。大きな声では言えないのですが。
   きせきがおきたよ。
   そんで、終わるのは納得いかねええええええええ!!!

   ともかくも、後付設定が凄い上にシナリオがぐだぐだなのはいつものオトメイトな感じですが。
   人の居なくなりっぷりも、いつものオトメイトか…。
   いつだって、いつのまにやら世界に二人しかいない気分ですよ。
   居なくなるのは村人だけじゃない。守護者も敵も全員いつの間にか消えます。
   どんな、人間消失マジックだ!
   でも、キャラクターの魅力で、わいわいやってるシナリオ部分が楽しいんだよな…。
   もっとそういうところを前面に押し出してください。
   二人きりは寂しいよ…。