BACK


 最強彼氏。プレイ感想〜帰らない夏編


   BL黎明期の作品らしく、懐かしい感じのする作品。
   四人の原画家さんの競作なので、ところどころに違和感があるとはいえ、
   もちろん、Sprayなので、BLの基本に忠実に作られてるとは思いますが。
   なんといっても、タイトルに「。」がつくところが、「ふじおかひろし、」みたいで
   いいですね(せめてモー娘。と言って下さい)
   そんな懐ゲーのプレイ感想。


   第1話

   俺こと葉山直樹は、桐葉学園の寮に入ってる普通の学生。
   父親が政治家のため、ちょっと普通じゃないかもしれないけども。
   取り壊される予定の寮に、夏休みに残っていても、することもなく。
   バスケ部に入ってはいるものの、政治家の跡取に怪我さしちゃなんね、ってんで
   合宿にも参加させてもらえず。
   父の第一秘書の人がお迎えに来るよ。あんまりつれなくするのもアレなので、
   追いかける方を選択したら。
   普通に終ったーーーー!!!!
   え…まだ1分経ってないんですが。
   ちゃんとCG有りのエンディングのところが凄いぞ!てか、タイトル「短い夏」に吹いた。
   短かったのは夏だけじゃないんだぜ…。
   第1話からかっとばしすぎるのもアレなので、気を取り直して選択。

   なんだか居残組に不良が居るんですが。金髪煙草はいかんぞ。
   ちょっとムカツク奴だけども、凄いバスケ上手いし。
   気になるぞ、この野郎ーーーー!!!
   という、ものすごい基本のBL。それは恋ですよ、坊ちゃん。
   気になるので、あちこち聞きに回ったところ、どうやら居残組は俺達だけではないようで。
   園芸部長の堤さんとか、サッカー部の次期キャプテン木崎さんから情報入手。
   連作主人公の人たちですが、やっぱ絵は統一されないとなんか違和感が…。
   可愛い系では統一されてはいるけれど。
   寮監の有村先生だけは、ちょっと濃いよ…。一人だけリアル系出されると、
   違和感がありまくりです。
   ともかくも、情報入手の結果、気になるアイツ=吉澤は元バスケ部で留年してると。

   なんとなく気になりつつも、二人の仲は一向に進展せず。むしろ避けられてる?
   選択肢もなんだか微妙に同じな感じで、合ってるのか間違ってるのかよくわからない。
   結構、どれ選んでも同じな気がするー。
   そんな風に油断してたら、屋上でレイプされるし。
   ええええええええええ!!!純愛路線ではないのか!
   なんでも、吉澤ったら、政治家の親父に恨みがあるらしく。
   そんなん先に言ってくれよ…。
   なんだかもやもやしつつ、こっちが謝る必要は何一つないので、向こうから謝って
   くるのを待ってたら。
   また帰る羽目になったよー!(会いに行けよ)
   結構あるよ「帰っちゃう夏」シリーズ。
   選択肢も多くないし、話自体も短いですが、ようやくラブラブと。
   BLの基本路線で非常に懐かしい感じが…。まあ、Sprayらしくていいですが。


   第2話

   2話目は、1話目に出てきたサッカー部の天然木崎さんが主人公かと思えば、
   美人のハニーの方が主人公!?
   おお、予想外。
   というか、美人ハニーの佑さんに、木崎さんがメロメロでどうにかする話しかと思えば、
   佑さんの方がメロメロだよ。
   プライドがめっちゃ高いせいで、全然進展しません、どうしようー!
   勝手にやってください、な感じですが、佑さん可愛い。
   こんだけ可愛いのに、一緒のベッドに寝ててもなんもしないとはどういうことさー!
   悶々とサッカー部の練習に出かけていくダーリンを見送りながら将棋する毎日ですよ。
   将棋部顧問の有村先生は、なんだかわかってる感じで。
   「いい感じになる薬」とか貰ったよ。先生何処でそんなものを…。
   ダーリンに飲ませようと思ったけども、面白そうなので自分で飲んでみました。
   結果、エロエロな展開に。あれ?それでもいいのか(いいんですか)
   ダーリンの方に飲ませようとしたら吐き出すし。さらに、薬をくれた有村先生を
   疑ってかかって嫉妬するし。
   おいおい、先生はどっちかというと受タイプだから、受×受では何も起きないのが
   BL界の原則だぜ。と、そんなことを説いても始まらない。
   結局のところ、佑さんの可愛さにほだされて、ラブラブ展開に。
   いきなり帰っちゃう展開もありましたが、ラブラブはいいねえ…。


   第3話

   3話目は人の良さそうな園芸部部長。といいつつも、園芸部一人しかいないけどね(涙)
   寂しくひまわりを育てるよ。
   なんだか、同じ寮の住人が実家に帰ったら、弟が家出して寮の方に行くかもしれないから
   泊めてやってくれと言われて。なんかひまわり畑に行ったら、可愛い男の子が居るし。
   ものすごい犯罪臭をさせながらも、可愛い男の子に惹かれていく俺。
   いやもう、○学生は犯罪だぜ…。
   それにしても、ルートごとに男の子の正体が違いすぎる。
   他のルートは一本道っぽかったのに、このルートだけやたらとバラエティに飛んでいる。
   まあ、それでも「帰っちゃうEND」はあるんですが。
   このゲームのBADはやたらと帰っちゃうよ。帰って来いよーーー!!


   第4話

   4話目は、眼鏡の有村先生が主人公だけども、今までの先生のイメージが
   覆されるような展開ですよ。
   男色家でそこそこ遊んでる先生が、真面目なはずの元生徒会長様に
   写真を盾に脅されて強姦されると言う展開。ううぬ。
   いままでの展開と違って、ラブラブとは程遠そうな。
   ここの絵師さんだけ、上唇に線が入ってるような絵柄なので、やたらと濃い。
   絵柄も濃いけど、エロスも濃いよ。
   「レイプから始まる愛」とか、そんなやっすいポルノみたいなのはイマイチなんですが
   結局元生徒会長もいい男だし、ほだされちゃう先生も判る気がする。
   でも、TRUE以外は理由がわからなくて、ほげー!となるよ。
   理由がわかっても、なんだか納得はいきませんが。姉キモチワルイ…。


   4話あるけれども、続き物ではなく、同じ時間軸の中での恋愛なので、
   寮のあちこちで顔を合わせるのが、後で「なんでそこに居たのか」が
   わかって、なんだか楽しい。
   でも先生の「夏休みに寮に残ってる全員がゲイだったりして」ってツッコミは
   大笑いしました。いやもう、そのとおりですが。
   園芸部部長が最後の砦だったんだね…(砦は陥落しましたが)
   短いけれども、いろんなパターンのひと夏の恋愛があって、楽しいです。
   やっぱラブラブの方が好きなので、攻略後のラブラブっぷりが良かったです。
   でも、一番ツボに来るのは、隠しである秘書の人の秘めたる愛ですな。
   だって、強姦よりも純愛の方が好きなんだー!
   即物的なエロスよりも、深い愛がいいな…。