BACK


 薄桜鬼プレイ感想〜葉隠編


   しんせんぐみは、乙女ゲーでは既にあるにもかかわらず、あえて挑戦する
   チャレンジャーIF。さらに、使い古された感のある、男装主人公設定。
   そんなところに、さらに吸血鬼設定とは、どうなっちゃうのこのゲーム、という
   気持ちでプレイ。
   まあ、IFですから。綺麗な画集に声がついてると思いながらやればいいのさ…(学習した)
   そんな気持ちでやり始めたゲーム感想。

   私こと雪村千鶴は、音信不通になった父を探しに江戸から京都へ。
   当時の京都ですから、逆おのぼりさんというわけで。
   さっそく悪い人に目をつけられましたよ。そのための男装だったというのに。
   さらに、その悪い人を斬殺する、怖ろしいだんだら模様の着物の人達。
   ガクガクしながら隠れていたら、さらにその上を行く怖ろしい人達が…。
   父さん、都会は怖いところです。
   ラストの一番怖い人たちが、攻略対象だなんて…(涙目)
   へらへら笑いながら「殺っちゃう?」みたいなこと言ってる人とか、
   ただただ怖いお兄さん達の中で、なんとなく信頼できそうな人が一人…。
   攻略対象は、はじめたん、君に決めたあ!!!
   どうしてだろう、新選組メイン勢を攻略する時は、斉藤さんに惹かれます。
   やっぱ、名前的にも最初にやれって感じだし(斉藤一だけに)

   といっても、攻略対象揃ってないのですが。
   とりあえず、屯所に連れられて、口封じ…。というか、見た事忘れたって言っても
   誘導尋問でなんか殺される雰囲気だよ。明らかに口滑らせて私を殺そうとしてやがる。
   てめ、藤堂とか言ったな、覚えてやがれ。ドジっ子ではすまされないぞ。
   屯所で他の人とも会ったけれども、源さん素敵だよ。さらに、山南さんはもっと素敵だ。
   永倉さんとか近藤さんも素敵だよ。
   なのに、全員攻略対象じゃないなんてーーーーー!!!(涙目)
   攻略対象の方がちょっと異常性を感じるタイプが多い気がするのですが。
   はじめさんを除いて。
   うう…地味キャラスキーには厳しいものがある…。
   システムは緋色シリーズそのままな感じで、安心して使えるけれども、辞典の更新の
   ウザさも変わらず。
   「戌の刻」で「覚書更新されました!」が出た後、二時間後「亥の刻」でも
   いちいち知らせてくれる親切設計。
   後で見るから二時間くらい黙ってろ。

   しばらくは土方さんの小姓と言われても、することもなくぐだぐだと半年(長)
   それまでの間に、山南さんが怪我でちょっと性格がきつくなってる…。
   それは悲しい。かなり悲しい。
   古高拷問とか池田屋騒動とか基本を踏まえているけれども、どうやら新選組には
   「新撰組」なるものもあるらしい…?
   とりあえず、このゲーム上は「新選組」表記ですが、「新撰組」は可哀想な子らしい。
   そういうお前は性格が可哀想だよ、沖田さん。
   さらに、平助君は頭が可哀想だ。がんばれ。いろいろと頑張れ。
   山崎さんはやたらとPEACE MAKERっぽいし。
   なんやかんやと池田屋に行って、斉藤さんにくっついてたら、斉藤さん可愛い。
   やっぱりかわいこたんはいいなあ!

   油断してたらいつの間にか一年経ってるし。普通に歴史を追っているだけのような…。
   あんまり乙女的イベントはありませんよ。一年経っても。
   それでも、どんどん山南さんが壊れていく。伊東さんが来たらもっと辛い目に。
   伊東さんあんまりいい人じゃない…。これまたPEACE MAKERっぽい。
   とうとう壊れかけの山南さんが、ヤクに手を出したって。
   え、なんかソレ飲むと、強靭な力が手に入るけど、狂人になるの?
   そんな韻を踏まなくてもいいから、やめてー、やめてー。
   どうやらその薬は、私の父ちゃんが作ったらしいですが。
   新選組で研究していたらしい。切腹か実験台か。父ちゃん…。
   とりあえず、山南さんは一命を取り留めたものの、いつどうなるかわからない状態。
   山南さん…(涙)

   斉藤さんも御料衛士とかになっちゃったので、新選組から居なくなるし(攻略対象なのに)
   なんだか基本は新選組の話だけども、坂本さんとか出てこないんだね。
   敵は謎の金髪だし。風間千影とか言う人だ。さらに、謎の私そっくりのねーちゃんとか、
   お千ちゃんとか出てくるけども。
   やけに千がついた名前の人が多いな…。
   と、思ったら、お千ちゃんは同族だとか言って来るし。
   なんでも、鬼の一族で、西の頭領が風間で、東の頭領が雪村家らしい。
   んで、血の濃さを求めて、風間の人は私を嫁にしようと…。
   えー。あんまり好みのタイプじゃない。顔しか良く無さそうな…。
   眼鏡でもおっさんでもツンデレでもないなんて…(何を求めてますか)
   ともかくも、ツンデレの土方さんに、ここに居て良さそうな雰囲気を醸し出されたので
   とりあえず、居るよ。
   斉藤さんも戻ってきたし。

   でも、平助君がどうにかなっちゃったらしいんだな…。
   薬を与えて、死からは免れたようだけども、死んだ方がマシな人格になってたら
   どうしよう。まだ会ってないけど。
   山南さんは、生きていてもあんまり嬉しくないタイプになってくるし(酷)
   武士はやっぱり、死に際を見極めないといけないんかな。
   武士道は死ぬ事と見つけたり。でも、幸せになるならいいんだけど…。
   そんな甘い雰囲気は全く見られませんよ。
   攻略対象が斉藤さんだからか、全く甘くない。クールデレのデレが無いほど超クール。
   でもそんな超クール様のお顔も戦いで崩れていって。
   斉藤さんまで羅刹になっちゃったよ…。

   薬で人造の鬼になった人と、元々鬼の一族が居るけども、人造の鬼の原因は父ちゃん?
   つーことで、もういい加減忘れがちだった当初の目的の父ちゃんに会ったけども、なんかもう
   駄目駄目になってるし。父ちゃん…。
   頼る人もなく、血を求めて苦しむ斉藤さんには血を与えたりして。
   綺麗だよ…。斉藤さんべっぴんさんだよ…。
   生き残ってる人たちの洋装、全員かっちょいいけども、斉藤さん格別に可愛いよ。
   ところで、しばらく沖田さんを見ない。
   ルートに入ると、いつも誰も居なくなるオトメイトゲームですが、今回は意外と
   ちゃんと皆絡んできてる。
   まあ、そのうちばらばらになるのはわかってても、皆が居ると嬉しいな。
   個別ルートに入って以来、選択肢がやたらに少ないとか、章がいきなり短くなったのは、
   いつものオトメイトらしいですが。

   なんだかんだと負け戦に、おかしな人造鬼が加わって、切ない展開。山南さんが…。
   近藤さんは、最後カッコよかったね…。途中ちょっとアレでしたが。
   全員バラバラになって、個別ルートかと思えば、皆ちゃんと来てくれたよ!
   どうしたんだよ、オトメイト!ちょっとやる気出しちゃったのかよ!
   ラストバトルでも、味方活躍。正義の味方らしく、一人を相手に四人で戦うぜ!(卑怯では)
   まあ、この敵の人も落とせるらしいですが、全然落としたいとは思いません。
   なんでこんな性格悪そうな人が攻略対象なんだ。赤いおっさんの方がいい人ではないですか。
   斉藤さんルートだと、話がほとんどわかりませんが。
   お千ちゃんとか、私に似た人がなんだったのかさっぱりだ。
   ともかくも、最後はめでたしめでたしな感じで。
   亡くなる人は亡くなっちゃうのね…。

   やっぱり、新選組らしく、萌えよりも燃えの方が重視されている気がします。
   うん…歴史物はどうしてもそうなる傾向が…。
   沖田さんはなんだかあんまり沖田さんらしくない。死なないからではありませんよ。
   なんか、違うんだなあ…。ツンデレというよりも、嫌味な人が強調されてるし。
   沖田さんルートでの一番の萌えキャラは、山崎さんです。次点土方さん。ううぬ。
   しかし、沖田さんルートは、最もムカつく人が出るので、沖田さんの嫌味も気になりません。
   なんだこの男ーーーーー!!!千鶴が傷つけば幸せとか言うよ。死ねい!!
   ルートごとに、別人になる人もいるんだな。まあ、オトメイトらしいですが。
   平助君は髪切った方が断然可愛い。そして、原田さんは髪切ったらお色気三割り増しだ!
   まあ、原田さんルートは、他の人のルートよりも甘さ十割り増しですが。
   他と差が激しすぎるぜ!頼れる兄貴かっちょえー!!

   最後に残されたのは、萌えの鬼軍曹こと土方さん。
   え、敵の人ですか?
   子供が産めなければどうでもいい発言をするような男など、どうでもいいわあ!!
   てなわけで、土方さんで感想締めますよ(冷たい)
   男前な上に、冷たいフリして世話焼きで、さすが萌えの鬼軍曹だぜ!
   なんだかんだ言っても優しいしなあ。
   そして、土方さんルートの源さん萌えええええ!!!!
   いいところ持ってっちゃうよ。
   でも、悲しみの中、やっぱり一番いいところを持っていく萌えの鬼軍曹。
   王子様っぽいよ!!さすが、「ジャンルコード:土方」は違うよ!!(注:ありません)
   やはりメインらしく、章も長いから、血を吸う回数も多い。差分CG集めるの大変だよ。
   苦しんでる人に「我慢しろ」とか言うのはあんまりだと思います。
   どうか、お側に置いてください。
   もう、私のことは、手弁当だと思っててもいいですから!(いいのか)
   乙女的にはイベントが少なめだけれども、キャラ萌えはものすごい土方さんルート。
   他のルートで扱いが酷い山南さんも、フォローされてるし。
   斉藤さんも島田さんも素敵過ぎる。男心に男が惚れるのさ…。
   なんとなく、土方さんは共に死んでもいいかと思いますが、生き残ってくれるのは
   ちょっと嬉しい。長くはなさそうだけどね…。

   全体的に見ても、乙女的イベントよりは、キャラ萌えという感じですが、
   歴史上の人物の人気があるだけに、それでもいいかと思えてしまう今作。
   やっぱり、しんせんぐみは萌えるし、燃える。
   というか、IFどうしたの、という力の入れっぷり。いつもの日本語崩壊も無いよ!(デフォルトか)
   これがまぐれでないことを祈りつつ、次作を待ちますよ。