BACK


 名探偵コナン&金田一少年の事件簿プレイ感想〜炎のチャレンジャー編


   サンデーマガジンのコラボ企画で、キャラクター共演となった今作。
   キャラゲーならば、ミステリー部分はアレかしらーと思っても、期待してしまいますよ。
   ちなみに私「ヨコセイの金田一耕助に孫なんていないよ?」派ですので。
   金田一君はどっか違う世界の名探偵のお孫さんなんだと思う(大人気ない)
   ちなみに私「新一よりもコナン」派です。眼鏡っ子は正義。
   なので、オープニングに登場する明智警視に大興奮。眼鏡!!眼鏡!!
   そういや、警視庁のメンバーは同じ課内で顔を合わせているのだろうか、と変なことを
   疑問に思いつつプレイ感想。

   いつものように、行く先々で殺人が起きるメンバーで、島を目指すコナン御一行(不穏)
   なんでも、25年前に神隠しがあった島だとか、なんだとか。
   そんなことはおかまいない少年探偵団メンバー。バッジを落とすなよ…。
   そんなバッジを拾ったのは、同じ船に乗っている高校生探偵、金田一はじめ。
   こちらも、中学校の同級生に緊急の手紙を貰って、島へ向かってる途中。
   ちなみに、コナンの小五郎さんは「おっちゃん」、剣持警部は「オッサン」。
   微妙、微妙。

   とりあえず、主人公が二人だからどっちかが重点的になるかと思えば同時並行?
   はじめちゃんは、同級生の子が行方不明になってたので、剣持のオッサンと一緒に
   夜の資料館へ侵入。って、いいのか、警察官。犯罪犯してますよ。
   だけどもそこで、神隠し。神隠し事件を追ってて、自分が神隠しにあってどうする。
   そんなわけで、心配する美幸ちゃんから依頼を受けて、我らが探偵コナン君登場。
   やー、小学生の方がしっかりしているってどうよ。
   てか、コナン君も中の人は小学生ではありませんが(中の人など居ない)
   行方不明のはじめちゃんを心配する美幸ちゃんだけども、さらに問題発生。
   はじめちゃんの同級生の子が殺された…?
   こっちばかりで問題が発生してるけれども、とりあえずはじめちゃんとは
   連絡が取れました。あのバッジで。
   どうやら、「もうひとつの夕闇島」にいる?
   よくわからないけども、死んでないならいいやと放置。
   殺人事件の方を重点的に調べますよ。

   意外とページ内で手がかりを探すのは簡単だけども、あちこち行くのが結構大変。
   どっかでキーワード落としそうだ…。
   哀ちゃんに死ぬほど話しかけてるのは、キーワードがあるんじゃないかと思ってのことですよ。
   何度「私に話しかけるよりも、○○さんの話を聞いたら?」みたいな冷たい台詞を聞いたことか。
   ツンデレたまらん。
   いきなりミニゲームで、スケボーに乗ったりもするけども。
   プレイヤーは、頭脳は子供、体力年齢は50代ですよ!(いばるな)
   突然ミニゲーム始まったら、対処できないっつーの!
   なんやら遅れて到着したけど、評価に影響しそう。
   うう…推理ゲームにミニゲームは卑怯だ…。
   まあ、推理と言ってもわかりやすいのですが。
   あれよあれよと、手がかりを見つけて、犯人指摘。おっちゃんいつもすいません。
   でも、犯行手口と犯人はわかったけども、犯人の目的が復讐ということ以外
   わからずじまい。
   そんな高校生相手に復讐って…?殺された子が気の毒だ。
   悪い子じゃ無さそうなのに。
   どうやら25年前の惨劇が再び起きるのを止めようとしてた…?(謎)
   だけども、コナン君一行は、島の町長に追い出されることに。

   25年前の惨劇が具体的には謎のまま、話ははじめちゃんの方に。
   ストーリーは交互に進んでるけども、重なる部分は通信しているからわかりやすい。
   資料館で気を失ったはずなのに、謎の島に流れ着いたはじめちゃん。
   コナン君勢は、ヒロインよりどりみどりなのに、こっちはオッサン一人…。
   しかも、島の住人も、目つき悪いガラ悪いの野郎ばかり。
   不遇だ…。
   まあ、はじめちゃんの前に可愛い女の子なんて置いておけませんが(酷)
   ともかくも、コナン君達が居る島とそっくりだけども、違う島で、なにやら
   採掘をしているっぽい人たち。
   社長の日沖って、コナン君のいる島の町長では…?
   そしてやっぱり起きる殺人事件。でも、これって、コナン君側が調べてた、
   「25年前の惨劇」の焼き直し?
   さらに、コナン君側で死んでしまったはずの同級生にそっくりな子が。
   まるでタイムスリップしたかのような、はじめちゃんの居るもうひとつの夕闇島。
   犯人を指摘したけども、やっぱり謎は謎なまま。

   一方、コナン君御一行も島から追い出される羽目に陥るところ、ちょうど島にやってきた
   警視庁のお偉いさんの計らいで島に残れる事に。
   「この年で、警視ってのは、なかなか出来るんだろうなー」と思いながらも、
   コナン君の必殺技炸裂ですよ。
   「おじさん、だぁれ?」
   もちろん、舌足らずに言うのですよ。このぶりっ子があ!!
   「私はまだおじさんという年では…」って、困惑した困惑した(喜)
   眼鏡可愛いぞ!!
   やべえです。コナンルートの方がどんどん華やかになっていくのに、はじめちゃんの方は
   ボケたオッサンだけですよ。なんで剣持警部こんなに駄目人間になっちゃってるんだろう…。
   ともかくも、明智警視と一緒にまわれるかと思えば、警視は爆弾犯を追ってる?
   しかも、あちこちに爆弾しかけられてるー。やめてー。みんな、小学生に頼らないでー。
   緊迫している中、少年探偵団の子供達はちょっと邪魔なんだぜ…。
   とか思ってたら、いなくなっちゃうし。
   コナン君はそのことにはあんまり追求せずに、どっちかというと爆弾犯の追い詰めに夢中。
   まあ、そういう子ですから…。
   炎のチャレンジャーみたいなミニゲームに指を振るわせつつも、爆弾解除。
   謎の金塊の話とか、やっぱり25年前の事件に何かが…?

   そんなことを思いながら、はじめちゃんの方では25年前の事件が再現されてる。
   殺人事件を目撃した女の子に、五月蝿い子供達追加。
   コナン君の方が蘭ちゃん美雪ちゃん哀ちゃんと女の子揃ってる上に、明智警視まで居る
   豪華メンバーなのに、貧乏くじ引いてる、はじめちゃん。
   そう…少年探偵団の子達、こっちきちゃったの…(遠い目)
   子供と、ボケたおっさんの引率をしつつ、轢き逃げ事件を捜査。
   なんだか同じくらいの日のはずなのに、曇り空だし、海岸汚いし、町並みも古いしで
   悲しくなってくるよ。
   でも、少年探偵団よりも、オッサンの方がヤバイとは思いもよらなかったのです…(遠い目)
   はじめちゃんがそんな悲しい目に会っているとも知らず、コナン君の方は華やかな雰囲気。
   明智警視に見守られながら、パーティ会場で起こった殺人事件を解いていくよ。
   なんか思うところがあるのか明智警視には見守られっぱなしです。
   さすがに高校生が小さくなるとか、考えも及ばないと思いますが。
   まあ、そこは眼鏡同士わかりあったのだ…ということにしておこう。
   もっと明智警視とは仲良くしたいなあ…。コナン君逃げてるから。

   最終章まで、両方で殺人事件を解決しながら、進めていくけども、ものすごい密度だ。
   そろそろ最終章だから、全事件解決か…?と思ったらまた人死にですよ。
   最後は、はじめちゃんとコナン君のストーリーがちょっと違ったり。
   はじめちゃんルートだと、コナン君を島に運ぶのは明智さんだし。
   眼鏡同士でわかりあってる。なんか、眼鏡に可愛がられると嬉しいぞ。
   コナン君は爆弾犯との対決だし、はじめちゃんは黒幕との対決なので、
   最後の華々しい部分ははじめちゃん選択で締めたいところ。
   はじめちゃんがコナン君の居る島に戻ってきて、商店街の華々しさに感激したところで涙した。
   そうだよね…本当に暗い毎日だったよね…。
   最後の最後で、コナン君の正体がばれるかと思えば、意外と常識人だったはじめちゃん。
   そうだよね…普通は人間が小さくなったりしないよね…。

   キャラゲーだと思って買ったら、凄いストーリー長いし、ボリュームがある。
   むしろ、ミニゲーム必要か?と思うくらい、本格的に推理ゲー。
   普通にコナンスペシャルかなんかでアニメ化しそうな展開。
   声無しなのが悲しいので、できれば声付きで見たいところです。
   眼鏡っ子バンザイ!