BACK


 ラストバレットプレイ感想〜スナイパーたちの恋愛事情編


   狙撃ミステリーに惹かれたというよりは、黒斑眼鏡に惹かれて買いました。
   ええ、眼鏡大好き。
   それでも、人気絵師さんを起用しただけあって、主人公の女の子は惜しみなく可愛く
   描かれてますよ。セーブの花梨ちゃん可愛い…。
   そんな可愛い女の子が銃を手にとって戦うストーリー。
   むしろ、眼鏡を狙い撃ちしたい。
   そんな眼鏡萌えの人のためのゲーム感想。

   私こと響花梨は、普通の女子大生。もう、めちゃめちゃ普通の女子大生。
   女子大生と言うよりは、女子中学生と言ってもいいくらいの純朴っぷり。
   今日は、学園祭と言う事で、親友の智子とヲタクの鈴木君と射的で遊んだり、
   憧れの大貴君と再会したりと、幸せ気分。
   あー、もう、しあわせー、ってかんじー。
   お父さんは行方不明で、アメリカ人のお母さんは病気で死んじゃったけど、
   私は元気です、みたいな。
   でも、新しく来た佐久間先生に、いきなり教室に呼び出されて。
   「お父さんから伝言だ」って言われて、渡されたものはライフル銃…。
   えー!
   お父さんが国家組織Village shrineの偉い人で、お母さんは元FBIで謎の組織に殺されちゃって。
   私も英才教育で銃の扱いを教えられてるからって、V.S.で働けと。
   「テキ屋泣かせの響」にそんな理由があったなんて…!(どんな二つ名持ってるんだよ)
   人殺しなんかしたくないよ、おかーさーん!!
   てか、ものすごい勢いで「高校生の考えたケータイライトノベル」な雰囲気。
   ツッコミ所が満載過ぎて、突っ込む事も出来やしない。

   ともかくも、誰にも相談できずに、家に帰って。
   そんなライフル銃持って帰ったら、おじいちゃんに怒られるよう…(そういう問題でもない)
   でも、いきなり周囲が悪い人たちに囲まれてて。
   おじいちゃんが「お前のアレを役立てる時が来たのじゃ」みたいなことを言い出すよ。
   ジジイ、何言ってやがる。
   てか、爺ちゃんがカッコよすぎる。
   遅れて先生もやってきたけど、呑気に茶など飲まないでください。
   先生お茶好きだよね…。お茶好きの眼鏡男子なんて、どストライクですよ。
   どうやら、お父さんは敵の組織の凄いデータを持ち出して、でも解析に時間が
   かかりそうだから、逃げ回ってる?
   組織はお父さんをおびき出すために娘を狙ってて、これからも狙われるから、
   むしろ先手必勝で組織に入って反撃したらいいと。
   先生もおじいちゃんもそれでいいのか…。

   でも花梨ちゃんにとって先生は、何考えてるかわからないちょっと変な人だけど、
   クール眼鏡のイケメンなので、学校では女子大生にモテモテ。
   おじいちゃんには「司君は言葉が足らない」みたいなこと言われてるよ。
   だけど、先生には大切なモノを奪われてしまいました。
   携帯の登録番号1は、今後出来る予定の彼氏のために取っておいたのにいいいい!!(切実)
   「そんな予定は不要だ」みたいなこと言われました。そんじゃ責任取れよ!
   でも花梨ちゃんは、そんな変なクール眼鏡よりも憧れの大貴君が気になるようで。
   お父さんが居なくなった日に転校してきて、泣いてたのを慰めてくれたり。
   大学が別になる日に、ストラップくれたり。
   なんか、付き合ってなかったのが不思議なくらいにラブラブしてたんですが。
   とりあえず、今度デートの約束を取り付けたりしちゃいましたよ。
   脳内ではあんまり組織の事は重点を置いてません。(いいのか)
   まあ、あんまり重点を置く程の設定もなく。
   犯罪組織FREEDOMは、世界レベルの犯罪組織で、凄く悪い事をしていて、
   それに対抗するために作られた国家組織がV.S.なんだってことくらい理解できれば
   いいんですよ。
   あと、お父さんが持ってったデータは「犯罪組織を潰せる凄いデータ」です。
   うん…具体的にどうとか、携帯小説に求められないので。
   設定的には、そんな感じー(要するにいい加減)

   そんなに難しい話は無いまま、先生に言われるままにミッションをこなしますよ。
   ただし、何故かコスプレで。
   だって、茶道の実習中に呼び出されたり、介護研修でナース服着てる時に
   呼び出されるんだもん!!
   まあ、先生もさりげなくコスプレしたり、変な豆知識をご披露したりしますが。
   先生のキャラが面白すぎる…。
   敵の女幹部の山田さんも面白キャラですが。先生の色仕掛けにひっかかるなよ。
   先生も変な時だけ口が上手いな。さすが、国家エージェントは違うな。
   憧れの大貴君とどうかなるのかと思えば、何故か先生と同居する事になったり、
   眼鏡フラグは立てられまくりです。
   なんでも出来る高スペックな先生だけども、納豆と射撃だけは苦手。
   昔、任務に失敗して、右手に怪我してライフル銃みたいな精度を求められるのは撃てないらしい。
   まあ、打てるのはパチンコくらい。あれも精度求められると思いますが。
   自分が出来なかったことが出来る花梨ちゃんに、期待感持って育てようとしてるんだな。
   ウルトラセブンとレオの関係みたいだな。セブンくらいドSでスパルタですが、先生。

   やっぱり大貴君とデートするけども、先生もちゃっかり付いてきてたり。
   渋谷がちょっと苦手な先生萌えー!
   というか、花梨ちゃんと先生のコスプレ師弟コンビが萌えキャラすぎる。
   ストーリーは本当にどうでもいい感じなので、ひたすら二人に萌えるのが
   このゲームの正しい遊び方だと把握した。
   うん、これ狙撃ミステリーゲームじゃないな!
   狙撃パターンと同じくらい、コスプレパターンがあるしな!
   まあ、狙撃パターンも、動く敵の銃や通信機を吹き飛ばすのと、移動する敵を
   足止めするくらいしかないんですが。
   でも、動いてるから撃ちにくいよ。

   そんな二人のコスプレ道も、とうとう行き着くところまで行く事に。
   憧れの、有明だー!(そこか)
   まあ、ヲタクの鈴木君の手伝いですが。大手壁だってさ、鈴木君。
   「お豆腐天使レイコたん」とか、わけわからん可愛さだ。
   智子と二人で同じコスプレしてたら、智子の方が攫われた…?
   なんで智子が…?というか、なんだか敵の方にこっちの情報が漏れてる…?
   身近なところにスパイが居るのか。でも、疑えないよ、身近な人は。
   てか、犯罪組織とか国家組織のやってることよりも、「お豆腐天使」とか
   「マメレンジャー」の方が設定細かいってどうなの。
   鈴木君の解説が面白すぎる。そして、先生がおかしすぎる。

   そんなことを思いながらも、敵の人の方もいろいろ大変らしく、手段を選ばなくなってきた。
   智子がコミケ会場で怪我しちゃうし…。来年からコミケの開催が危ぶまれます。
   なんて怖ろしい犯罪組織。10万人の敵をいきなり作り出したぜ。
   自分のせいだと落ち込む花梨ちゃんを慰める先生。
   「何が起こっても、私は君の側に居る」
   なんだこの眼鏡。キュン死するだろうがよ。
   てか、何故かデジャヴを感じたり。昔、そのセリフを聞いたような…?
   とりあえず、山田さんも正体を現し、敵の方も段々追い詰められている模様。
   せっかく会ったお父さんは、花梨ちゃんが危険な目に会うくらいならと、
   自分が人質になっちゃうし。
   それなら、最初から組織に入れるなよと。
   そんなツッコミは不要ですか。

   危険な最終任務に赴く前に、大貴君に想いを伝えようと呼び出して。
   喫茶店でいい雰囲気になったりして。
   でも、告白しようとした瞬間に、あの人の顔が浮かんできて。
   なななななんですか、この恋愛フラグは。萌えるだろう、それは萌えるだろう!!
   結局、告白出来ずに終わっちゃうけども、まあそれはそれで。
   ここで告白しちゃったら、先生かわいそうだろうがよう!!
   爺ちゃんも絶対、先生を響家の婿にする気で一杯なんですから。
   18歳と27歳なんて美味しすぎる。見守り愛美味しすぎる。
   先生の昔話をしたりして、雰囲気は最高潮にいい感じですよ。

   ミッションもラストに来ると、あの凄い情報の話が出てきたり。
   え、お父さん持ってないの?ずっと花梨ちゃんが持ってたって?
   解析に時間がかかるんじゃないの…?
   ブツが無くて、どうやって解析するの…?(連続ツッコミ)
   ものすごいツッコミどころは多いゲームですが、最後のスパイ発覚でも突っ込みたい。
   お前ら、気づけよ。
   どう考えても、怪しかっただろうがよう!スパイ身近に多すぎだろうがよう!
   てか、私、ヤンデレ嫌いなんですが…。
   眼鏡>>>>>ヤンデレの自分にとっては、この展開は…アリじゃね?
   でも、最後の最後はきっちりカタが付きましたよ。
   何事も責任を取らなければならないのです。
   まずは、携帯の登録番号1の件の責任からなあ!!
   あ、そっちじゃありませんか、まあ。

   多分、最高ランクENDだったせいか、物凄い納得できるENDでしたが、低ランクだったら、
   物凄い先生がかわいそうなENDに。
   まあ、これはこれでアリかもしれませんが…(BGM:女々しい野郎どもの詩)
   普通レベルのENDが萌えまくりでした。無自覚の癖に、花梨ちゃん大胆だよ。
   それもう好きって言ってるようなもんだよ。
   全体的に突っ込みどころの多すぎるストーリー展開でしたが、内容は携帯アプリの
   乙女ゲーみたいな感じですよ。射的のミニゲーム付きの(射的か)
   なんにせよ、話が短すぎる。
   まあ、乙女ゲーにしても、ルート選択が眼鏡一択ですが。
   常に、眼鏡一択の自分にとっては、なんら問題ありません。
   つーか、眼鏡のキャラが素敵すぎでした。
   このロリコンがあ!!!最高だ!!!