BACK


 テニスの王子様 ダブルスの王子様プレイ感想〜巌流島の戦い編


   ダブルスの王子様、BOYS編。主人公が違うだけで、GIRLS編とどう違うのかよくわかりませんが。
   ぶっちゃけ水増しぼったくり…と思いつつも釣られてしまう悲しい性。
   GIRLS編で「お兄ちゃんが落とせたらいいのに」と思えるくらいにはイケメン兄貴が主人公。
   でも、仲良くなれる対象も男子です。
   友情だから。あくまで友情だから。
   と、思いながらのプレイ感想。


  最初の王子様編。

   とりあえず、GIRLS編同様に転校してきた主人公、鏡見武蔵。
   テニスクラブを探していたら、いけすかないデブと老人を大切にしないタイプの男
   テニスコートを占拠していたよ(恨)
   GIRLS編と流れが全く一緒だ…。何の違いも無い…。
   妹の場合は俺様王子様跡部様が出てきたけども、こっちの王子は…。
   「オレが相手になりますよ」って感じで出てきたよ。
   桃ちんか…。ごめん、お兄ちゃんパス。
   いや、嫌いではないけれども、タイプじゃないから最初に攻略する気にはなれない。
   沖縄勢をぶったおしたら、跡部様が出てきましたが、GIRLS編で攻略しちゃったしなー。
   できれば目新しい人を落としたい。

   そんなワガママ感たっぷりで、ふらふらと相手を見つけるよ。
   女子の場合は携帯番号聞き出すのになんだか危機感があるような気がしたけども、
   男子の場合はなんか気持ち的には楽。
   早速本屋で橘さんに会いました。というか、同じ三年生だから呼び捨てでいいんだよな…。
   た…たちばな…って…うう、呼べない…。
   なんか橘さんは橘さんだよう…。
   その後も青学に行く展開は同じで、メンズを紹介されたり。
   タカさんも攻略対象ー。というか、やたらと背中に「男気」って書いてるメンズが攻略対象
   なんですが…(注:書いてません)
   え、なんか熱いよ、メンズ編。
   そんな中、一陣のさわやかな風を見出したので、彼を最初の王子様と決めました。
   大石副部長、君に決めたああ!!
   うん、ふくぶちょう大好き
   不二先輩は後にとっときたい乙女心(主人公は男子です)

   油断すると、ゆーたが家の前に来てたり。なんぞ可愛いやつめが。
   三年生設定いいな。年下ーズが、キラキラした目で見つめてくれて敬語も使ってくれる。
   その後も「無駄にハンサム」な男子に紹介されたり、アサリを貰ったりと
   結構楽しい毎日。無駄にハンサムって…(笑)
   GIRLS編のアサリの謎は解けたけど、桜乃ちゃんといい雰囲気になるのかと思えば
   そうでもなかった。
   やっぱり必殺技名に「パンツ」とか付ける男は嫌いかい…?
   いや、パンツじゃなかったかな。パンツなんとか…?(パンツァーですよ)
   お泊りの謎も解きたいけども、まだお泊りイベントは出てこない。
   遠くから来ているメンズが金ちゃんと無駄なハンサム君なので、多分サエさんだとは思いますが。
   そういや、真田には会わないなあ。

   肝心の攻略対象の大石副部長は、ひたすらさわやかさんだ。
   ゴールデンペアと一悶着あるかと思えば、ひたすらさわやかさんだ。
   SWEAT&TEARSの揉めっぷりは何だったんだろう…。
   でも、蚊とか肩もみとか変に照れちゃうぜ。
   やっぱりGIRLS編同様主人公転校でなんとなく気まずくなっちゃうけど、男同士なんとか
   わかりあったりして。
   「下の名前で呼んでもいいか…?」とか、めっちゃ照れちゃうぜ!!
   照れるじゃねーの、秀一郎(でも呼ぶ)
   しかも、GIRLS編であんなにも気まずかった七夕がラブラブデートってどういうこと!?
   何故、BOYS編の方にラブラブデートがあるのさっ!!

   その後も、GIRLS編同様マッサージも蚊叩きもあるけども、なんとなく気兼ねない感じが
   男子同士っていいよね!という雰囲気を醸し出している。
   いいね…友情パワー!!!
   主人公自体も、必殺技にパンツとつけるだけある、面白い主人公だし(違)
   いちいちツッコミ入れるのが楽しい。桜乃ちゃんに電話でプロフィール聞いた後に、
   「好きなタイプの女子」にツッコミ入れるとか。
   まあ、「束縛するタイプが好き」とか言われたら、今後の友達づきあい考えたくもなるよな。

   大石副部長もとい、秀一郎とはさわやか青春路線で来るかと思えば、何故かデートは岩盤浴。
   何故に岩盤浴…?
   男同士裸の付き合いで、いろいろとさらけ出しちゃうんだぜ。
   好きなタイプの女子を聞いたりして。束縛するタイプとか言われなくて良かったよ…。
   でも、眼鏡っ子萌えだけどね、秀一郎ってば(笑)
   その後も、最後まで別に気まずい事も無く、普通に大会に出て、さわやかに転校して
   終わったー!
   GIRLS編の途中のモヤモヤ感が無いって、素晴らしい。
   だけども、BOYS編の方だけラブラブデートがあったんだろう…。
   そこんところは平等にお願いしますよ。

  その他編。

   三年生設定ということで、年下組がやけに可愛い。
   王子はツンデレでナマイキな癖に、やたらと可愛いし、金ちゃんは懐いてくる動物のように
   可愛らしい。餌を与えたくなる気持ちが良くわかる。
   でも、ちょっと金を使わせる悪女っぽいぞ、金ちゃん。
   特に裕太の可愛さが半端ないです。
   ゆーたのキラキラした目で見つめてくれる感じがたまりません。
   「あんたみたいな兄貴が欲しかった…」ってのが可愛い。
   いや、君の兄貴はいい奴だよ。多分(…多分)
   七夕デートでも話題はいつも兄貴なのでちょっと嫉妬。
   だけども、ある日、裕太が観月さんとダブルス組んでるのにジェラシー感じて、
   兄貴を誘ってみました。
   鬼強でした。ごめん、裕太…。
   あと、「ルドルフでカラオケ」というイベントだけで三杯飯が食える。
   観月さんも来てるー!!でも歌わないーー!!せめてカツラップ歌ってー!!
   第九でもいいですから。(すっかり十八番)

   裕太を落としてしまうと、俄然兄貴が気になってくる。
   第一印象をいちいち言ってくれるけど「優しそうな奴」だった。え…まあ…うん。
   なんだかやたらと男前な不二先輩(先輩では無いけどなんとなく)
   強気でかっこいいぜ!
   裕太編の七夕のオチがこっちで見られるのかと思えば、そんなことはなかったけど。
   うん…多分、裕太も同じことをやられたんだとは思いますが。
   ラストで「優しそうな奴」のイメージが「腹黒」になるのに笑ったけど。
   自分の素を出せる相手っていいですな!

   あと、ちょこちょこ出てくる手塚部長が気にかかる。
   油断すると不二先輩と二人でデートしてるからな!嫉妬!
   「失礼だなあ、手塚は。可愛いのに」って台詞の「可愛いのに」は手塚にかかると
   信じて疑わない。
   不二先輩と海に行くのを断った時にしか見られない不二塚デートもやたらと可愛いもの。
   でも、国光ったら油断してると跡部様ともデートしてるよ(デート違う)
   トーナメントの相手を決めるのに、「自分の一存では決められない、相手の気持ちもあるから」
   とか、「三角関係か、アーン?」みたいな会話してたくせに、決勝戦で二人で出てきた時には、
   主人公のスキル「ツッコミ」をふんだんに発揮したかったです。
   お前ら、気持ちが通じあったんかよ!
   攻略対象じゃないけど、国光萌えなので…すんまそん。


  巌流島の戦い編。

   そして、最後に真打登場するとは思いませんでした。
   「無駄にハンサム」とか「束縛されたいとかヤベエ」とか思ってて申し訳ない。
   サエさんの破壊力半端ねえ。
   初登場から「さわやかイケメン」なイメージ崩れないし。
   沖縄勢を相手にする時に出てくるサエさんは、まさに王子様でした。
   なのに、千葉だからあんまり会えない…。千葉と東京はそんなにも遠いのですか。
   しかも午前中に練習していたら、電話が入って午後からの練習は駄目になっちゃうし。
   束縛されてる…?
   なんだか電話の相手に嫉妬(多分六角メンズだと思います)

   それでも、徐々に仲良くなってくると、さわやかさ半端ない。
   でも。喧嘩している時が、なんだか別れ話を切り出せずにいる男女の雰囲気なんですが…。
   それを乗り越えた七夕デートの破壊力も凄かった。
   え…いちゃいちゃ感が他よりも増してませんか?(気のせいでなく)
   そして、サエさんにだけあるお泊りイベント。
   「俺がはじめてってこと?」とかナチュラルに言い出すの止めて下さい。
   イケメンすぎて倒れるぜ!!!
   ちなみに朝も凄かったです…(何)
   そんな破壊力抜群の王子様に対して「なんで朝からさわやかなのかわかった」とか思う
   主人公もちょっと変。
   ある意味ナイスコンビ。武蔵と虎次郎だしな…。

   その後もある意味いちゃいちゃと。
   普通にホテルに誘ってくるサエさんは、やっぱり半端ねえ…。
   いやいやいや、中学生男子同士。忘れない、これ忘れない(自重)
   だけど、「故郷に連れて行きたい」とかどんどんアレな方向に向かっていく二人を
   見守りたい。え、これサエさんルートだけなんか特殊?
   なんだか最後の告白もちょっといい感じですよ。
   いや、特殊なのは、私の目のフィルターだとはわかってますが。
   ラストの妹の会話も、「恋人からの手紙?」「ちょ、そんなんじゃねーよ」的な雰囲気を
   醸し出したい。

   その他の男気メンバーは、男気だった。男同士は気兼ねなくていいぜ!
   でも、「人生の酸いも甘いも噛み分けた相談相手」をGIRLS編で手塚ばかり選んでいたように、
   常に選んでごめんね弦一郎。橘さんは素敵だけども、渋みが少ないのですもの。
   橘さんとはベタな殴り愛が萌えました。さすが元ヤン。
   GIRLS編のデータ連動も、薫きゅんが「桜臨中の鏡見…?」とか言ってきたりするだけかと
   思ったら、ラストでCGが出るよ。それも兄編に妹のCGが出て、妹編に兄のCGが出る
   わけわからん仕様だ(謎)
   それでも、七夕デートがある分、BOYS編の方が断然楽しい。
   イベントも面白いし。NEW地味'sは爆笑ものですよ。
   どちらか一本と言われたら、断然BOYS編を推します。
   友情パワー最高だ!