BACK


 薄桜鬼随想録プレイ感想〜日進月歩編


   いつもシナリオ的にはアレなゲームが多いオトメイトですが、薄桜鬼本編は
   「どうしちゃったの?」くらいに頑張ったオトメイト。
   さらに、今回は目に見えて進化が。
   用語解説が…用語解説の見せ方が変わったー!
   なんだよ、頑張れば出来るんじゃないかよ。
   あのウザイほど出てくる「覚書が更新されました」は、もう見なくて良い(多分)
   それだけでものすごい進歩を感じる。
   やったね、オトメイト☆ VIVA☆オトメイト!
   用語解説の変更だけで、どんだけ褒めるんだという感じですが、進歩は褒めたいんだ…。

   そんな感じで、薄桜鬼随想録。
   ファンディスクなので続きなのかと思えば、ゲーム本編で描かれなかった途中の部分を
   補足している感じ。
   ああ、恋愛部分とか恋愛部分とかちょっと不足してたからなあ…原田さん以外。
   そんな恋愛部分をどかんと増量したファンディスク。
   出来うる事ならば、最初から本編に増量しておいて欲しい、小さな願い。

   というわけで、私こと雪村千鶴は父を探して三千里、いつのまにやら
   新撰組にごやっかいにー、というところから始まる本編。
   ちゃんと章ごとに解説入れてくれてるところが親切だ。
   それはさておき、朝っぱらからなんだか叩き起こされる。
   沖田さん怖い…。なんでこの人、朝から力いっぱい嫌味満載なんだ。
   いっそ山南さんの方がわかりやすい嫌味でいいですよ(でも嫌味)
   ともかくも、居候の身なので朝御飯当番手伝えと。
   お台所に行ったら、はじめさんがっ!かーわーいーいー!!
   襷掛けとかたまらんです。あと沖田さんとの身長差凄い。ちっちゃ可愛いよ、はじめたん。
   まあ、斉藤さんも厳しい事を言うけども、嫌味じゃなくていい人故、だからなあ。
   さらに、原田さんも優しいし、素敵だ。

   そんな中、わかりやすい嫌味の人が、お仕事を言いつけてくださいましたよ。
   平助君と土方さんを起こして来い…と…?
   正直、そんなお役目は、普通はやらせないだろうと後で副長様に怒られましたが、
   なんだこのサービスの館は。
   朝から太腿だの乳首だの、山南さんぐっじょぶです。
   山南さんは、いい人になったなあ!(どこで評価を…)

   そんなことを思いながら、お昼はなんだか騒動発生。
   にゃんこがにゃんこを追っている…!
   じゃなくて、猫が入り込んでお昼ごはんをむちゃくちゃにしたと。
   いつの間にやら斉藤さんと猫探し。だって沖田さん怖いんだもん…。
   結局猫を捕まえたけども、新撰組内では飼えないしー、と説得する斉藤さんに笑った。
   おいおい、猫を説得してどうする(笑)
   というか、懐かれすぎです、斉藤さん。にゃんだ可愛いにゃんこ。
   土方さんに従ってる様は、忠犬わんこですが。
   いろいろ選択肢が出てくるけど、サブキャラ全員分あるのか?っつーくらい
   分岐多いな!でも、バックログあって楽だー。
   でも猫と会話をしているのが斉藤さんだけじゃなかった…。
   よりによってこの人かー!
   でも、懐かれてない(笑)

   さらに、島原潜入イベント。
   普段男装してる娘がいきなり女装…もとい着飾ったら、メンズドッキドキだよ。
   「綺麗なお前は俺だけ知ってればいい」とか、「いきなりマイフェアレディ」展開は
   萌えの宝石箱やー!
   斉藤さんの反応が最高に面白すぎる。「気の効いた一言を言わねば…!」って
   固まるとか可愛すぎる。そして、せっかく言っても、から回ってるのが可愛い。
   他のメンズも楽しすぎますが。山崎君忍者可愛い。
   あと、萌えの宝石箱をかぎつけて、鬼の人たちまで出てくるのが凄いな。
   赤鬼の天霧さんは萌えキャラだと思います。青い人も面白い展開ですが。

   その後も、刀について語る斉藤さんとか、看病してくれる斉藤さんとか
   可愛いやら萌えるやら、たまらんです。
   ファンディスクいいな!でも、本編にあったらもっとよかったのに!
   その方がいい流れになるからなー。乙女ゲー的には。
   やってると、途中の本編がやりたくなるんですよう。全体的な流れで萌えたい。
   乙女的イベントいいところ総取りという感じで話は進んで、エンディング後の話とか。
   可愛すぎる…言い出せないはじめさん可愛すぎるううううう!!
   なんでこんなに可愛いキャラなんだろう。
   なんか二人で幸せーな感じが最高に良いですなあ!

   ファンディスクだけに短いけども、萌えが凝縮されている。
   でも、沖田さんの恋愛想起一は恋愛が想起されないのですが。怖いよう…。
   むしろ永倉さんの方がよっぽど恋愛が想起される。
   なんで永倉さんは攻略対象じゃないの…?
   永倉さんはお兄さん、近藤さんはお父さんというスタンスですが、
   お兄さんに膝枕はしない。
   他のメンズももったいないなー。山崎君とか山南さんとか萌えキャラすぎる。
   まあ、攻略対象も素敵メンズでいっぱいなので、我慢します。

   沖田さんはラストが泣いた。やっぱ長生きは出来ないんだよな…本編といい。
   怖い怖い言っててごめんなさい。子供時代超怖い。(まだ言う)
   平助君は初々しくて参るぜ。「青春!」って文字が背後に見えるんだぜ。
   原田さんはかっこいい兄貴のままだし、土方さんは萌えの鬼軍曹だ。
   なのに、風間様よう…あんたはどうして演歌歌手なんだ…?
   家の前に演歌歌手来たら、普通びっくりするっしょ。
   普通は手紙に「ふっ」とか鼻息書かないっしょ。ああ、お馬鹿さん!

   クリアしていくと、幻想録が見られるようになるけども、あんまり萌えネタは
   無いなーと思ったら、学園編は萌えますな!
   世界観はぶち壊しだけども、やたらと萌える。
   可愛い幼馴染とか怖い先輩とか。怖い先輩マジ怖い。(本当に)
   中でも風紀委員に好感度UP↑かっ、可愛すぎるうううううう!!
   じたばたします。風紀委員とか大好き。
   さらに、保健室の先生はもう萌えの集大成なんじゃないか?っつーくらいに好みです。
   可愛い保健委員のツッコミがナイスです。
   演歌歌手はオチ担当かー!鬼の人たちのツッコミがナイスです。

   追加ストーリーは萌えるし、おまけも萌えるし、ものすごく満足しました。
   本当に今作は「どうしちゃったのオトメイト」と言いたくなるほどに
   活気的な進歩を感じます。ええ、用語辞典のことですが(まだ言ってる)
   あとは、1話終えるごとに出てくるセーブをオートセーブにしてくれれば…。
   「セーブしますか?」って何回聞く気だよ、ってくらい聞いてくるよ。
   1話終わってシステムセーブしないなんてことないですから。普通しますから。
   でも、いつまでも進歩を続けてくれると嬉しいです。
   最後にもっかい、用語辞典直した人超偉い。
   「ヒイロノカケラ」で戻ってませんように…。