BACK


 君の中のパラディアーム感想〜兄を尋ねて三里編


   久しぶりのBLゲー。あまりに久しぶりで、ワイド画面になってることに驚愕。
   ああ、今、パソゲーってワイドなんか…。
   新ブランドだけども、システム的には問題なさげでいい感じです。
   ただ、一部回想が埋まらないのが大問題。そこ重要ですよ。
   数少ないBLブランドなので、暖かく見守りつつも、のっけから「近親相姦ゲー」という
   ジャンルはハードルが高いかもしれないと思いつつ。
   倫理的に問題の無い範囲の攻略対象でお願いします。
   まあ、羽根生えてる時点であんまり関係ない気もしますが。
   そんな、プレイ感想、以下続く。

   主人公エールは、独りふらふらと茫然自失のところを謎の男性に拾われる。
   てか、お兄ちゃん?え?実のお兄ちゃん???
   なんでも、子供の頃に離れ離れになった兄弟を探して歩いてた人らしい。
   お兄ちゃんと言いつつも、エール自身がその当時の記憶が無いのでちょっと不審。
   でも、ヴァンお兄ちゃんいい人なのかもしれん。
   犯されたのごとくにボロボロだった僕に、洋服をくれたのはお兄ちゃん?
   「萌え袖」を選ぶ辺り、マニアックだよお兄ちゃん。
   テンション高くてフレンドリーなお兄ちゃんに比べて、なんとエールの冷静なことか。
   とりあえず、股間を触るのはやめてください、お兄ちゃん(変態か?)

   この世界には、黒い羽根の人と、白い羽根の人が居て、当然の如くに格差社会。
   白い方が偉そうで、黒い方は貧民か。でも、エールには羽根が無いの…。
   お兄ちゃんは黒い羽根だけど(謎)
   とりあえず、ヴァンお兄ちゃんは次男で、長男と三男は行方不明。
   どうやら白い方の国に居るらしい?
   じゃあ兄弟を探して白き翼の国へGO!と思ったら、衛兵に見つかって、まっさかさま。
   一巻の終わりか…と思ったら、助けてくれた人が居たよ。
   ゼフィールお兄ちゃんって、三男だそうで…。兄探し早っ!
   てか、ゼフィールお兄ちゃんは白い羽根なんだな。
   とーちゃんどんだけ浮気者…じゃないのか。本当に血の繋がった兄弟なのか…?(みたいです)

   ヴァンお兄ちゃんとははぐれたし、なんだかよくわからないままゼフィお兄ちゃんに
   ついてくことに。流されて生きるよ、エール。
   でも、ゼフィお兄ちゃんは、ヴァンお兄ちゃんが死ぬほど嫌いらしい。僕らを見捨てたって?
   とりあえず、ゼフィお兄ちゃんの育ての親にご対面。
   カニ…?茹でたらきっと、松葉ガニに似ている(酷)
   ベル様怖そうだし、ゼフィお兄ちゃんとどういう関係かよくわからない。
   そして、ゼフィお兄ちゃんはちょっとヤンデレっぽい…。
   ヴァンお兄ちゃんのこと悪く言うよ、「死ねばいいのに」とか。
   酷いや!変態だけど良い人なのに、ヴァンお兄ちゃん。変態だけど(二回言う)

   ゼフィールお兄ちゃんの馬鹿ー!と怒ったら、育ての親の人がヴァンお兄ちゃんに
   会わせてくれるって。
   早いな、展開。
   ヴァンお兄ちゃんに会って、ゼフィお兄ちゃんと思われる人が「ヴァン死ね」とか
   言ってたって言ったら、それじゃあ本物だって。
   どういう兄弟関係だお前ら。いや、双子なんだよね…。
   ものすごい仲の悪い二人ですよ。会わせてみたら、いきなり決闘するって。
   やめてー、僕のために争わないでー。
   というよりは、二人の世界になってるんですが…。僕を忘れないでー(切実)
   とりあえず、ヤンデレっぽいお兄ちゃんよりも、裏切り者扱いで変態でも
   気のいいお兄ちゃんを選んでしまいました。だって、ヤンデレ怖い。

   だけども、結局決闘は始まってしまって。
   ヴァンお兄ちゃんの卑怯なセクハラ攻撃で劣勢になったけど、ゼフィお兄ちゃんは
   本当はヴァンのことを殺したくないっぽい?
   口ではものすごい毒づきっぷりですが。
   ヤンデレ風味だけど、実は次男に対してだけツンデレなのか、兄よ。
   結局仲良く三人で寝ることに(いいのか)
   てか、なんか揉まれてあれよあれよという間に3P!?
   どうなってんのこの兄弟。
   どうなってんのこの世界。
   怒りに任せてお兄ちゃんズを怒ったら、なんか神様の人が割って入ってきて、
   いきなりEND。
   なんだこれー!

   何故か初っ端から3Pで終わるというわけのわからない展開に。
   ものすごい短いのかしらん?ストーリーが全くわからないので、キャラENDを目指しますよ。
   とりあえず、最初はヴァンを落とそうと思うけども、セクハラ魔神だし、
   股間を揉むのは挨拶がわりだし、どうしたらいいんだ…。
   でも、翼の無い僕はずっといぢめられてたから、お兄ちゃんの存在が嬉しかったり。
   前回同様、他の兄弟達の居ると思われる白き翼の国を目指して密入国。
   密入国結構簡単に成功しちゃいましたが、いいんですか、これ。
   なにやら偉い人のところへ連れて行ってくれるということで、ご挨拶。
   まあ、連行されている気がしないでもない(密入国者ですから)
   でも、会ってくれた白き翼の国のトップであるアンフィニ様はフレンドリー?
   「この人なら、最初に会って『僕の兄だよ』って言われても信じられる」って、
   エールってば何気に酷すぎるコメントを…。
   何気に冷静に酷いよ、エールきゅん。
   顔可愛いけど、心の中はツッコミだ。

   とりあえず、この国なら、一番上のブランセルお兄ちゃんにも会えるって。
   でも、白い羽根の兄と黒い羽根の兄は基本的に兄弟じゃない?
   そうだよなー、普通は毛色の違う兄弟はなんかあるよなー(謎)
   それでも、ブラン兄さんに会うために、白き国に滞在。
   といってもやる事は無くて、ヴァンにちゅーされたり、ぎゅーされたりばかり。
   ようやく、ブラン兄さんに会えたと思ったら、廊下であった怖そうな
   お兄さんではないですか。
   でも、ブラン兄さんも記憶喪失って。ええええええええ!?
   すぐに追い出されるかと思ったら、面倒くらいはみてくれるらしい。
   だけども、なんだか迷惑そうで。金をやるから黒の国に帰れって。
   なんだかせつない展開ですが、会えれば良かっただけなので、
   ヴァン兄ちゃんと再度逃亡。
   でも、国境でアンフィニ様とブランお兄ちゃんが待ち構えてて。
   え?お見送り?泣いちゃうからこっそり出てきたのにい!(そんなことはない)
   だけども、アンフィニ様なんだか怖そうなんですが…。
   ブラン兄さんは本当は記憶喪失じゃなくて、何かを隠してる?
   わあ、ただのツンデレ様っぽいよ、兄見捨てて逃げたくないよ!!
   ツンデレ様は大事だよ!

   どうやら、以前にもブラン兄さんが囮になってくれて、逃げた事がある記憶が…。
   なんだか逃げてる最中に、兄弟バラバラになったって、ヴァンに教えられて。
   その最中に弟二人を置いてく羽目になったのが、ゼフィに嫌われてる理由なんだな。
   だけども、ヴァンと生きると決めた以上、もう戻れない。
   兄弟以上に好きだとか言われて悪い気もしなくはない。
   告白してからはちゅーしないとか、結構純情な兄だ。
   黒い国に戻ってきたけど、やっぱり追っ手が。
   しかも殺人容疑ですよ。
   国境越えしかしてないはず…と思ったら、「ああ、アイツ死んだのか…」とか
   エール…?黒くなってる…?
   ゼフィお兄ちゃんに助けられたけど、なんだか怒らせちゃったし。ヤンデレ怖し。
   まあ、それ以上にエールは怖い子ですが。
   とりあえず、ヴァンに過去を話して、嫌われるかと思ったら、泣かれた。
   ああ、兄ちゃんいい奴だなー。
   なのに気がついたら、ヴァンの首絞めてるし。無意識怖し。
   僕はここにいちゃいけないのかな…(遠い目)
   ヤンデレ兄は、僕のこと飼ってもいいって御主人様に承諾を得てるし。
   すいません、飼わないでください。

   さらに、ヴァンの寿命が尽きかけてる?どういうこと?
   そんなことも知らずに、ヴァンはブラン兄さん助けに白の国に戻るって言うし。
   ゼフィお兄ちゃんはヤンデレぽいけど、基本的には親切らしい。
   まあ、ゼフィお兄ちゃんはヴァンに対しては単なるツンデレだけどねー。
   死地に向かうヴァンだけども、ゼフィお兄ちゃんに引き止められて。
   真相を教えてくれましたよ。
   ブラン兄さんが本当に高度なツンデレだって事と、ヴァンが阿呆だって事を。
   ああ、それは知ってた、知ってた(酷)
   黒い神様のベル様は本当に良い人らしい。変な人みたいだけど。
   ゼフィお兄ちゃんは、一発分殴ったらヤンデレから解放されたし。
   気分的にはすっきりしたので、ヴァンと愛を取り戻すんだぜ!

   とりあえず、ヴァンとベル様を追っかけて国境へ。
   アンフィニ様とブラン兄さんが居たけども、やっぱブラン兄ちゃんは洗脳されてるっぽい?
   なんだか怖いラスボス様と対峙して、世界を救うために犠牲になれとか言われるよ。
   なんだよ、お前身体目当てなんかよ。
   そんなことできるかー!と思っても、無いんですが。
   選択肢が「犠牲になる」しかないんですが。
   え。
   どっかで選択肢間違ったーーーーーー!!!
   悲しみのまま、BAD突入。
   ああ、アクエリオンENDか…(がったいがったい)

   悲しみを乗り越えて、選択肢を選びなおしたら、ちゃんとルートに入れましたが。
   エールが恋を選んだら、世界が滅びると言うけども、一人に責任を押し付けるような世界なら
   滅んでしまえ、という潔いEND。
   まあ、滅ぶまでは少々時間はありますが。
   親切なベル様のおかげで、ヴァンもすぐに死んだりする事は無いし。
   一種HAPPYENDー!と言いたい所だけども、まだ問題は残ってますよ。
   BLゲームなのに、エッチしとらんのじゃーーーーー!!!(切実)
   まあ、エール自体が、過去にいろいろされちゃった系なので、どうにも踏ん切りがつかない。
   ちなみに兄弟同士であることは、あんまり問題視していない気がする…(してください)
   とーちゃんが駄目人間であるのは想定してましたが、実の兄弟は兄弟なんだよなー。
   中の人に「お兄ちゃん」呼びさせたいがための兄弟設定だと思ってればいいか。
   でも、ヴァンとの関係は、どんどん仲良くなる感じや、過去に気を使ってくれるあたり、
   ものすごくいい感じに進んできましたよ。
   でも、エッチはなんだか「らめぇ」とか男性向けっぽいのに、汁が少なめなのが残念だ。
   ここまでやったらならば、とことんエロゲで良いのに。
   エッチが終わったら、すぐにルートも終わっちゃうのもちょっと物足りない。
   余韻が欲しいぜ、余韻が!
   ただ、エールきゅんの柔らかそうなところは凄くいい…。

   ヴァンルートはあんまり余韻がある感じではなく終ってしまいましたが、
   他のキャラルートも見ますよ。基本は兄二人分岐っぽいですが。
   ゼフィお兄ちゃんは、ヤンデレかと思えば、自ルートではデレッデレ。
   なんだこのデレ子。
   「いたづらしてもいい」とか、なんだか可哀想な子だよ!
   わりと純粋な感じの兄と違って、かえってエールがいやらしいことばかり
   考えている悪い子のような…。
   だけど、ゼフィルートめっちゃ短っ!
   なんでこんなに双子で差があるんだー!
   エッチも、ヴァンルートよりもエール自身が積極的だし。
   というか、エッチの最中にエールきゅんが一生懸命喘いでるのに被せてしゃべるの
   やめてー。会話なら萌えるけど、明らかに別取り感が漂ってて嫌です。
   最後のCGの雰囲気は、断然ゼフィの方が良かったですが。
   あんまり差はつけないでー。

   ゼフィルートから派生して、ベル様ルートもありましたが、ベル様は本当に普通に良い人だ。
   養い子思いだしなー。ただ、ゼフィルートよりも長いってどうなの。
   さらに、中のエピソードが「小公女」っぽいよ。
   屋根裏で泣いてた子供に夢を与えちゃうんだぜ。猿じゃなく猫でしたが。
   はっ、小公女エールか!?
   悪い○ンチン先生に調教されちゃったエールきゅん…(変な所を伏せるな)
   さらにアクエリオンENDが本当にアクエリオンENDで吹いた。
   妙なパロディ混ぜるのやめてくださいー。
   でも、ブラン兄さんはめちゃくちゃ萌えました。綾波ENDだったけどさー。
   どのルートでもブラン兄さんの高レベルツンデレに萌え死ぬかと思った。
   他のルートだと世界は確実に滅ぶけど、ブラン兄さんルートなら、兄さん死ぬ気で
   頑張ってくれると信じてる!死んでは駄目ですが。

   ルート自体は短かったりするけども、エールきゅんは可愛いし、他のキャラもいい感じで
   楽しかったです。まあ、エッチしないお兄ちゃんが一番萌えたんですが…(18禁なのに)
   ただ、BADはもっとバリエーションがあっても良かったかなー。合体ばっかりだもの。
   せっかく調教設定があるならば、黒エール全開ENDも見たかった気が。
   というか、CD展開ありきではなくて、本編をもっと濃くして欲しいですよ。
   辞典にも力が入ってるなら、そこを本編で描いてくれー!
   ○ンチン先生のビジュアルも見たかった…。
   それでも、萌えるお兄さんズで、満足です。
   あんまり背徳感はないので、近親相姦苦手でもOKかもしれません。