BACK


 暗闇の果てで君を待つプレイ感想〜Seven編


   サバイバルラブアドベンチャーと言う、乙女ゲー的にはあまり無いジャンル。
   最初「暗闇の中で君を待つ」だと思ってました。
   それでは単なる変質者です。
   まあ、殺人を犯すような人間は充分変質者だと思いますが。
   吊り橋効果以外の恋に期待したいプレイ感想、以下続く。
   乙女ゲーと言えども、犯人の居るゲームなので、ネタバレ注意です。

   いきなり事件のニュースです。林間学校に参加していた生徒達が死体で見つかりました。
   死亡者として読まれていく攻略対象たちの名前、そして…。
   ここで、名前入力画面って怖すぎるー!
   そんなことを思いながら、私こと支倉深雪は目を覚ましました。
   ああ、夢でよかった…。正夢の予感はビンビンしていますが私は元気です(注:今のところ)
   遠足楽しみすぎて、眠れなくなって、当日具合悪くなったりしてましたが。
   あれ?あんまり元気じゃない?

   ともかくも、林間学校で集団からちょっと遅れを取ったメンバー。
   幼馴染の桜葉君。テニスのダブルス肉体派秋山君と金髪穂波君。生徒会長の葵先輩。
   何故、林間学校で制服。ジャージでは萌えぬと申すか。ああ、萌えぬ。
   穂波君は、なんだか性格悪そうだ…。というか、秋山君に対して、ジャイアン的ないぢめを。
   生徒会長は生真面目で素敵だな。
   そんな遅れを取ったメンバーを送ってくれるという引率の先生。
   眼鏡ー。眼鏡。眼鏡ー。眼鏡(竿竹屋風)
   キツイ感じの眼鏡と、面白い眼鏡。
   そして、何故かバスに乗ってる他校生。パー高とか自分で言っちゃダメだぜ。
   そんなメンバーで、いきなり事故(早)
   ペーパードライバーに運転任せるなー!しかも全員乗ってるんだから、マイクロバス?
   無理ー!ペーパードライバーにマイクロバス無理ー!!
   なんで高坂先生が運転しないで、教育実習生の方が運転してるのー!

   気がついたら、謎の廃校。「仮面の死神」なる人物が閉じ込めてくれたらしい。
   なんかものすごく雰囲気が金田一少年的。
   外に出たら死ぬって言われて、意気揚々と出て行く眼鏡実習生。
   あんた馬鹿だ…。真っ先に殺されるタイプだ…。
   案の定、銃声がしましたが、そんなお間抜け先生を助けるのも憚られるので、
   とりあえず見捨てて脱出に勤しむ事にしました(酷)
   システムは使いづらいな…。いちいち会話もRボタンで選択してからでないと出来ないのか。
   間違えて本人に触ったら、そんな場合じゃない的な事を。うう…幼馴染なんだから怒らないで…。
   何故か、一緒に閉じ込められていた幼馴染。
   あれ?メインはジャケットに出張ってる生徒会長あたりかと思ってた。
   まあ、幼馴染と言いつつ、しばらく離れて暮らしてたんですが。
   ウザくもなく、ツンでもなく、ものすごく普通にいい奴だよ、桜葉君。

   ようやく、と言うほど苦労もせずに鍵を開けて、幼馴染と脱出。
   他の教室見回ってたら、なんか穂波君が挟まってた。
   お前はクマのプーさんかっ!
   見捨てるという選択は無さそうなので、なんとか助ける方向で(見捨てないで…)
   別の部屋では生徒会長とパー高生がなんか険悪な雰囲気。
   バスの中だと楽しそうだったのになあ。というか生徒会長意外と呑気者だ。
   あちこち探ってバールを見つけたので、ようやく穂波君を救出。
   じゃあ、秋山君…と思ったら、自力で出てきた。
   しかも、生徒会長達も同じ方法で助けた。肉体派すぎる。
   気になるのは眼鏡先生…。眼鏡先生は二人居るので、高坂先生の方ね。
   ものすごい亀甲…げふげふん。後ろ手に縛られてました。
   どんな趣味の持ち主ですか、仮面の死神さんよ。

   全員揃ったところで脱出ー!と思ったら、なんか放送が流れてきて。
   妙に聞き覚えのある声…。仮面の死神さんでしたが、え、知人!?
   やだよ、そんな縛りが趣味の知人なんて!
   でも、私が連れてこられたのはあくまで不可抗力っぽい。
   ゲストとか呼ばれてるし。
   どうやら、なんか病んでる人なのか、人がピンチに陥って理性を失った
   むき出しの状態を見たいらしい。そんで死んだ顔が見たいと。変態だ。
   七つの大罪になぞらえてるけど、「セブン」か。
   穂波君は怠惰、肉体派の秋山君は嫉妬、高坂先生は何故か色欲。
   ああ、白衣の下は秘密でいっぱいさ…。
   他のメンバーは何かわからないけど、暴食で殺されるのはイヤだなあ…。
   残ったメンバーの中にお仲間が居るとか言ってるし。誰を信じるかは私次第。

   悲しい事に、実習生は吊るされてしまいましたが(注:見捨てたのは私)
   まずは、死体を調べさせて貰えないかな…。
   でも、死体に興味を持つのは女子高生としてまずいらしく、スルーでしたが。
   はじめちゃんなら最初に調べるよ。
   その前に、これ乙女ゲーなので。死体に興味を持ってはいけません。
   でもやっぱシステム慣れないと使いづらいなー。
   先生を助ける事すらままならない。とりあえず、バール?と思って使ったら、
   生徒会長がお間抜けな事に…。お間抜けというか、迂闊。
   ああ…この人だけは内通者じゃ無い気がする…。
   信じる人と生き延びろ、と言う事ですが、怪しすぎて逆に怪しくないメンバー、桜葉君。
   怪しすぎて逆に怪しいメンバー、高坂先生。
   とりあえず眼鏡、と思ったら高坂先生は選択できない…。
   何故だーーーー!!!
   うん、わかった、なんとなく、うん…。
   じゃあ、二番手に来るのは肉体派の秋山君。だって、壁とか破壊できるし。
   大丈夫、頑張れば生き残れるサバイバル。
   でも、歩いてるうちに気になるのは秋山君と穂波君の関係さ…。
   仲がいいんだか悪いんだか。
   選択肢間違えると、凄い凹む秋山君は可愛い。
   とりあえず、秋山君のあけた穴をつついては辱める羞恥プレイを繰り返したりと、
   乙女的にいい感じです(何か違います)

   頑張ってシャッター開けたことで、私自身の株は上昇したけど、生徒会長株は大暴落。
   嫌疑をかけられて監禁される事に。可愛そうに…。
   どうにも迂闊すぎて犯人であるようには思えませんが。
   どうやら、この廃校は生徒会長のおうちで経営してた学校らしい。
   お金持ちの問題児が集められた山奥の廃校…。しかも10年前に何かあったらしい。
   具体的なことは生徒会長が話してくれないので、わからないのですが、
   かわいそうに思って見に行ったら、なんか独りで優雅にティータイムしてたので
   見捨てる事にしました(見捨てすぎです)
   バッキャロー!生死の境に、呑気に茶など飲んでる奴は見捨てるわ!!
   生徒会長はスルーしつつ、秋山君と再び探検。
   おっさんを発見しました。たたかう?(コマンド)
   なんか、取材対象を追って来たら、巻き込まれちゃったライターさん。
   場数は踏んでそうだけども、警戒心の強い獣だ。
   頑張ってストーブを付けてあげたら、電気のつけ方を教えてくれました。
   人に親切にすると良いことがあるのは、わらしべ長者のようだ…。

   とりあえず、電気つけますよ。迂闊な生徒会長様でも人数的には必要なので、監禁を解いて、
   先生を覗いて、二人組ずつパーティを組む事に。
   ああ…サスペンス的に独りになっちゃダメなんだよ。
   それ死亡フラグですからー!
   そう思ったのもつかの間。
   きっちりお亡くなりに…。多分。密室だから入れないけどやっぱり死体は調べたいよな…。
   サスペンス的には問題ないくらいの緊迫感だけども、あんまり甘くないから
   ついつい死体を調べる方向に行きたくなるけど、これ乙女ゲーなのよね。

   死体は放置しつつ、さらに調べる場所が増えたので、何処に何があるか
   わからなくなってきましたよ。
   気になるものはあるけども、順番でないとアイテム入手が出来ない。
   秋山君は頭脳的にはあんまり頼りにならないし…(酷)
   意外と頼りになるのは主人公の方か…?
   乙女ゲー的に優しくされるというよりも、頼られてる感。
   頑張って電気つけたりシャッター開けたりは全部主人公の仕事さ!
   地下で見つけた歯車が気になります。
   横溝的には挟まれるのが定石だからなあ…。
   そんなことを考えてたら、途中、うっかりして火災を発生させたのは、ぼんやりさんでした。
   うん、生徒会長の迂闊がうつった。

   そんなぼんやりしてたら、物凄い急展開に。
   え…なんか一人一人殺られることになってる…?
   時間制限有りはきついんだぜ。
   そして、やっぱりアイテムの場所忘れてる…。
   歯車を止めようと必死になって突く物を探してたよ。ドライバーじゃ届かないのか…。
   というか、火ばさみは挟むもので、突く物じゃないじゃない!
   もたもたしてたら、犠牲者が…ぎゃああああああああ!!!!
   歯車が発動してた…(号泣)
   さすがに血みどろ死体画像は無かったけども、心が重いよ。
   その後も、一人一人きっつい展開に。
   アイアンメイデンとか使わないでください。
   縄跳びでなんとか止めたけど、後どうするかわからなくてウロウロしてたら、
   迂闊様が助けてた。え、迂闊様なのに偉い!
   うっかり秋山君も死んじゃった時はどうしようかと思ったよ…。死体CGが美しいですね…(逃避)
   おっさんに慰められるのが、また泣ける。

   おっさんによろめきそうになりましたが、ちゃんと秋山君も助けて。
   いきなり脱いだ時は超ドッキドキ
   秋山君、脳筋だけど、カッコいいよな…。
   真犯人はよくわからないままだったけども、新たな犯罪を止めて。
   というか、パー高生はそれでいいのかよ。
   ともかくも、殺人事件の方は犯人の自殺で終わる謎の展開。
   でも、迂闊様が最後にぽろっと重要な事言ってるー!
   え…親族…?
   だけど、エンディングはもっとネタバレでした。
   まさかのミステリの禁じ手、実は××かあああああああ???
   うん…隠そうよ。そこのところは隠そうよ。

   とりあえず、迂闊様の情報により、攻略順は決定されました。
   この殺人劇にかかわりの少ない順で行きたい。
   やっぱ、秋山君が一番手がいいけど、次は意外とパー高生。
   さらに金髪穂波君→迂闊様→幼馴染→ラスト先生で行きますよ。
   パー高生は、秋山君ルートでも色々と痛い部分が多かったけども、
   最後に反省するのが偉いな。ああ、昔のことを思い出して頭抱えて「うあー」って
   なることはあるよな。恥ずかしくて。
   穂波君は、虫嫌いの理由がマジ申し訳ありませんでしたレベルの重さ。
   そりゃ、秋山君空気読め言われるよな…。
   迂闊様は可愛すぎる。迂闊様ルートは、やっぱりヘタレ感満載だけども、
   生徒会長のネクタイ大活躍さ!!二回も使ってゴメン…。
   いや、本当申し訳ない…。主人公クールすぎて、生徒会長涙目だよ。
   大丈夫、生徒会長はギャラリーで輝いてるよ…!(むしろ輝きすぎる)

   でも、生徒会長ルートを終わって、先生を最後にするのはヤバイことに
   気がつきましたよ。気分的にすっきり終わりたい…。
   先生ルートを終えると、犯罪者の心理はわからん、という結果に。
   眼鏡に対する考え方にしか共感できないとは…。
   理由のある犯罪ならばまだわかるけども、他の人たちが本当に救われない…。
   まあ、美しい死体画像を見たいがために攻略対象を見殺しにしたことのある
   私の言うべきことではないですな。
   とりあえず、便所の雑巾触った手を舐めた先生の勇気に乾杯したい。
   水出ないから、手洗ってないんだよねー(超COOL)

   最後は、先生ルートで、涙が出そうになるくらい殺すのが惜しかった桜葉君で。
   本当に、いい子だし男前だし主人公大好きだしパン持ってるしで、
   最高の幼馴染だよ。今、流行の弁当男子だし(食べ物に弱い)
   ものすごい綺麗な感じで終わったー!先生最後にしなくて良かった…。
   全員攻略して、ラストの甘さがいい感じでした。
   でも、最後で振ることが出来るってのも凄いな…。
   この雰囲気で振るって。ある意味、先生ルートの主人公よりも怖いよ。

   それにしても、イベントCGが美しい。
   なんで立ち絵が残念な感じなんだろう。
   秋山君は頬を染めない方がいいと思う。乙女ゲーなのに。
   先生の眼鏡も教育ママ的ザマス眼鏡になるのはどうにかして欲しかったです。
   そんなご不満もいくらかはありますが、さくさく進められるのは良かったです。
   一人攻略したら、次の展開が気になるので、救出部分が金太郎飴で良かったのかも。
   あとBGMがいい感じー。
   夜中には絶対出来ないけれど。後ろを振り向けないんだ…。