BACK


 ひめひび ─New Princess Days!!─ 続!二学期プレイ感想〜食事バランスガイド編


   前作の主人公及びその親族周辺が仏蘭西行きという暴挙に出た本編。
   まあ、前作の主人公の葬式で始まるよりは全然良いのですが(注:実在するギャルゲー)
   前作攻略対象は出てはくるけども攻略できないんだよね?
   ちょっとそんなジレンマを抱えつつ、新しい主人公が可愛いからいいやーと許せてしまう。
   前作主人公は荒くれていたからなあ…。
   そんな感じでプレイ開始。

   私こと上河奈々美は、普通の女の子。だけども、兄の普通でない職種のせいで、
   ずっと謎の転校生を強いられてまいりました…。
   お兄ちゃん謎だよ。なんだその学校の査察官って。
   なんか国家組織に属してるみたいですが、恋愛ゲーム的には関係ないのでとりあえずスルー。
   せっかく慣れた天鳳高校も、また転校する事に。
   学園祭の準備頑張ってたんだけどな…(涙)
   でも、言い出せない。
   主人公の落差が激しいぜ…。強気ちゃんから一気に弱気ちゃんだぜ…。
   新しい学校が怖ろしいほどの山奥で、歩いて何時間かかるかわからんほどの所に
   あっても、文句一つ言わない。

   とりあえず、天城寺学園に着いたけど、なんか警備部の人が居る?
   てか、ここは男子校…?
   まだ女子入学してないのかー!恋ちゃんが居なくなったので、実質女子一人。
   警備部の二人はなんか呑気でほのぼのしてるから、身の危険は無いんだろう、多分。
   金髪の兄ちゃんはのほほんとしてるけど、何故か夏なのに長袖に手袋だ。
   もしや身体全体に倶梨伽羅紋々的な何かが…(893ですか)
   いやいや、なんか中学生にありがちな妄想に取り付かれて、手袋を外して肌を見せると
   何かが暴走するとか思ってるだけかもしれないし。
   いい人そうなので、あまり悪い事は想像しないように。
   でも、割り込んできたわかめ毛をぶん殴るとか強え。
   さすが警備部と言ったらいいのか、悪いのか。

   ともかくも、理事長先生と担任の先生にご挨拶。
   相変わらず訳わかんない感じの担任に、割とフレンドリーな新理事長先生。正しくは代理?
   てか、理事長先生、公式サイトだと眼鏡だった気が…(眼鏡チェック)
   それになんか立ち絵が前作に比べてちょっと劣化している…?
   なんだか残念な感じだけども、フレンドリーにハグ&チッス来たよ。
   え!ようやく常識的な人に会えたかと思えば、非常識だったー!
   しかしその後にもっと非常識な人と会話することで、理事長が再度まともに見えたぜ。
   わかめ…もとい昆布の人は前作から昇格して攻略対象になったけども、
   ちょっとウザイぜ。ウザイのは構わないけども、授業はサボるな。
   だけど、真剣に頼みごとされると弱い。土下座されるとは…。
   なんでも唯一の女子が留学した上、理事会からの圧力でなんとなく共学が無かった事に
   されちゃうんじゃないかと危惧しているらしい。
   そんで、学園祭の開催にも生徒の士気が足らないと。
   で、二代目ひめに決定ー!

   それにしても攻略対象が少ないというか、全員出てきてない…?
   今のところ、金髪の神代君と、フレンドリー理事長と、空気読まない昆布(わかめぢゃないのよ)
   一応お兄ちゃんもだろうけど、制限ありそうだし。
   前の学校の同級生の風太君は、メールすらくれない有様。
   最初は理事長か神代君か…落ちそうな方で(弱気)
   そんなことを考えてたら、ようやく休んでた生徒会長が出てきたよ。
   まだ、共学化に反対してるらしい。もう、この堅物眼鏡が!!大好きだ!!
   そんなブレない堅物眼鏡は、兄貴に傾倒。似たもの同士…?
   でも、お兄ちゃんは担任の林斗先生にモテモテだよ。まあ、嫌なカップル。
   だけど、不足してたものに気づいたよ。ツンデレだよ!ツンデレ成分が不足だよ!!
   肝心のツンデレ様である高城君は、攻略対象ではない…。友情ENDはあり?

   それでも現存の攻略対象を落としますよ。
   理事長も眼鏡をかけて準備してくれてるし(何の準備だ)
   TAKUYOで眼鏡が少ないなんてことはあるわけがない。
   お兄ちゃんも実は隠れ眼鏡だと発覚。最高!!眼鏡の兄、最高!!
   そんな中、わかめ毛昆布に頼まれたひめ活動。
   許婚の居ない女子に周囲は大喜び。むしろ、欲しいならば奪え。
   前の主人公と違って、女の子扱いしてくれていいなあ…。前向きで良い子だし。
   理事長とアル君のイベントを起こしつつ、進めていったら、風太君が来たよ。
   そうか…さすがに転校先が心配だったか…。
   さらに謎の転校生追加。ちょっと今更感だけども、コイツも隠れ眼鏡かー!
   なんと隠れ眼鏡率の高いゲーム。でも、転校生はホスト属性の方が強いのか?

   新規に攻略対象が追加されたけども、さすがに遅かった。
   もう、アル君が一位になっちまってるよ。
   二人いっぺんのルートだけども、風太と一緒なのか。
   三角関係だけども、あんまりギスギス感はない。つーか、奈々美ちゃんがあんまりにも
   鈍感すぎる。転校続きのせいか、好意を寄せられてもわからないというより、
   大事な人が出来ても、どうせ別れてしまうなら、と自発的に殻に篭ってるフシがあるなあ。
   何故かアル君がクラスメイトからハブられてるのが気になりますが。
   まあ、風太の学校サボりっぷりの方も気になるっちゃー気になる(出席日数的に)
   学校違いで、しかも辿り着くのに一晩かかるとか、それ攻略的に無理がありすぎる。

   学校が山奥にあることの弊害は、風太にだけあるわけでなく。
   いわゆる乙女ゲー的重要イベントが無いのですよ。
   つまりは、デートイベントが無いのですよ(死活問題)
   前作、コピー用紙買いに行ったのがデートイベントだったように、やっぱり買出しです。
   でも、アルと合流してから、なんか不良に目を付けられたよ。
   お知り合い…?とか思ってる間に、なんか不穏な雰囲気。
   ぶっちゃけ、手袋を外さなくても、暴力的なソレが発動したよ(何)
   え…?
   前作でデートイベントがコピー用紙買いだったことを嘆いたことを謝ります。
   デートイベントのCGが血しぶきで染まってる事に比べたら、まだマシだーーーー!!!

   暴力的な方はちょっとご遠慮したいところだけども、何か理由があるんだよね…?
   本人はすっかり落ち込んでるし、噂はしっかりと周囲に蔓延してる。
   風太はいい奴だな…。昆布も高城君もいい奴だ。
   高城君の「生まれて初めて〜」に本気で萌えました。
   ああ!ツンデレ不足、ツンデレ不足!!!
   風太は、ツンデレキャラに見せかけて、奈々美ちゃんに対してだけはデレデレだ。
   アルのために一肌脱いでくれるし、いい奴だなー。
   アルの方も脱いでくれて、長袖の謎が解けたはいいけど、重い…。重すぎる…。
   途中のクラスメイトの対応とか腹立たしいし。
   教頭は死ね。いや、死なないまでも、全パゲろ。
   それでも、青春スパークな感じで、悩みが解決。
   風太はいい奴だなあ…。学校さぼりまくりですが(いいのか)
   なんだか、熱いし、萌えるし、ものすごいいい感じのエンディング。
   ラストもラブラブ残留ENDだー。

   そんなわけで、他キャラも落としたけども、幼少時トラウマ組のシナリオが
   重すぎて、同時ルートのキャラが「あれ?」ってくらい軽く終わるよ。
   正直、主人公側でどうにもできないような悩みとか環境は、ちょっとカンベンですよ。
   警察沙汰レベルのトラウマじゃないですか…。
   やっぱり前作同様個別ルートが短すぎて、バランスが悪い。
   それでも、キャラごとに細かい違いなんかもあって、共通ルートも飽きないんですが。
   いろんなキャラが迎えに来てくれるの楽しいなー。

   トラウマキャラが多いなーと思ったら、結構奈々美ちゃんも依存気味なところがあったり。
   お兄ちゃんルートだと、頼りすぎるというか、あんまりにもベタベタしすぎると、病むよ。
   そんな中、隠しキャラルートが解放されたので、落としてみたけども、途中失敗しました。
   ヤンデレ超怖い。
   それでも、ヤンデレが更正する様が良かったです。
   あの子、あのままだったら、あんまりにもあんまりだものな…(遠い目)
   世の中からヤンデレを一人減らした功績は大きい。

   よく考えたら、隠しキャラも眼鏡で、攻略キャラ中半分が眼鏡というものすごい眼鏡率。
   バランス的には悪いかもしれないけども、TAKUYO的にはこれがベストバランス。(言い切る)
   むしろ不足してるのはツンデレ。
   というわけで、高城君友情ENDを見たけども、ものすごく良いな!!
   ツンデレ様はいつだって最高だ。
   むしろ、落とせないのが不満になるくらいに、素晴らしいツンデレ様だ。
   しかも、絶対にブレないし。高城君はいつだって、高城君だよなあ…。
   野点が素敵過ぎて倒れそうでした。
   さらに、あのクソ教頭(失礼)に鉄槌がくだされるという素晴らしいルート。
   ああ、こんなツンデレが、恋愛的攻略対象に欲しかった…。

   2ということで、前作キャラが生かされてるのもいいし、時々思い出話なんかも
   出てくるところは凄く良い。
   ただ、個別ルートが短すぎるところと、シナリオが重過ぎるキャラと他キャラの
   バランスが激しすぎるところが難。
   ただ、眼鏡的バランスは素晴らしいです。
   あとは、ツンデレ成分だけだ!!