BACK


 うたの☆プリンスさまっ♪プレイ感想〜アイドルを探せ!編


   人気絵師さんを引っ張ってきた、完全新作ということで、期待大で待ち望んだ作品。
   だけども、公式で公開される絵は、キャラデザそのままの立ち絵ばかり。
   ようやくイベントCGが公開されたかと思えば、背景が異空間の書割だったり。
   人類の肘はだいたい腰の辺りに来るはずなんですが…胸の辺りっておかしいな…。
   そうだよ、これは乙女ゲーじゃないんだ!(え)
   ジャンル的に言ったら、「キスよりすごい音楽って本当にあるんだよADV」なんだ!
   それじゃあ、音楽部分に期待するしかないではないですか。
   そんな気持ちでプレイ開始。

   私こと七海春歌は、引っ込み思案でおとなしめの女の子。
   おとなしいんだけど、ちょっとおかしいところもある、普通の女の子。
   あまりにも引っ込み思案だけども、自分に勇気をくれるアイドルのために
   歌を作りたくて、難関突破してアイドル校に通う事に。
   それにしても、憧れのアイドルがおかしすぎる。
   趣味悪…げふげふん。HAYATO様素敵ーきゃー(棒読み)
   HAYATO様の「おーはやっほぉぉ〜!」は声優さんの底力を見た。凄いな、プロは…。

   そんなわけで、初登校。初登校なのにいきなり痴漢にあうよ。
   それなのに、なんか嬉しそうだよ春歌タン。
   「人類として存在を認められた!」とかおかしすぎるよ、春歌タン。
   それでも、ヒーローのように助けてくださるお方が!
   「嫌がってるだろ、離してやれよ!」とか。
   いや、別に嫌がってなかったような…ということは置いておいて、
   同じ学園の一十木音也くんですって。仲良くなれそうだ…と思ったら
   流される私。なんか、降りる人と一緒に一駅前で降りちゃったよ。
   それなのに、一駅くらい〜って走り出すよ。ちょっとおかしい通り越して
   いろいろ危なそうだよ、この娘。
   案の定ふらふらしながら学校に着いたら、いきなりぶつかるし。
   申し訳ない…と思いながらも、え、なんか事故ちゅー?
   相変わらずおかしいことを言いながらも、相手は紳士だった。
   なんでも、ものすごい財閥の跡取りらしい、聖川様。なんでアイドルに?
   面白い御付きの人が居るけどとりあえず、土下座。(何故)
   おかしさでは、爺やと春歌タンは張り合える。聖川様だけ冷静でまともだ。
   そんなおかしい言動を行いつつも、始業式があるので、急ぎますよー!

   このアイドル校は、アイドルと作曲家育成のために、超アイドルだった人が
   建てた学校らしい。2000万枚ヒットとかありえねえ…。
   そんな超アイドルの人は、なんかスーパーグレートすぎて、笑顔で見守ってしまうよ。
   超アイドルだから、空くらい飛べる。
   普通は学園長先生の御挨拶は、世界で一番聞いていて辛いものではありますが、
   なぜだろう…もったいなくて、台詞を聞き飛ばせない…。語尾とか。
   そんな学園長先生の挨拶で倒れるのはお約束。
   でも、助けてくれた人がいたよ。那月くんというのですって。
   眼鏡だけど、のほほんタイプなので、そんなにときめかない。
   第一、ふわふわの髪の毛で、ほとんど眼鏡隠れてるし。
   だけど、ミルクティー色の髪の毛とか、春歌タンは詩的センスがあるよな。
   まあ、歌作るのに必要だからか、音也君にも聖川様にもものすごく丁寧な初対面の感想を
   述べていたし。
   ちなみに、「聖川様」というのも、自主的に呼ばさせていただいております。
   別に爺やさんに強要されたわけではない。
   他の生徒さんは、聖川様を「まさやん」とか「ヒジリー」とかフレンドリーに呼んでるのにね…。

   ともかくも、入学式で出会ったメンツは皆いい人だ。同室のともちゃんもフレンドリーで
   いい感じだ。なんで、今まで友達出来なかったんだろう、春歌タン…。
   担任の先生もかわゆいアイドル林檎ちゃん。野太い声が超素敵ー!(注:男子です)
   そんな林檎ちゃんが持ってきたのは、運命の赤い糸。
   これで、作曲家と歌うたいのペアを作って卒業式までに1曲完成させろって?
   それじゃあ、えいっ!と選んだのは、聖川様。
   運命…?
   まあ、最初から選択キャラで選んでましたが。(言うなよ)
   共通ルートが無いというのも、ある意味わかりやすくていいや。

   そんなわけで、聖川様とペアを組んで頑張るよー。
   いきなりペアで、理事長と対決。というよりは、アイドルの証を探す選手権?
   お姫様抱っこで走り回るとか、わけがわかりません。
   いや、乙女ゲー的にはいいんだけども、この学園、異性との交際を禁じているんじゃ…。
   お姫様抱っこなんて、ある意味フラグじゃないですか。萌えるじゃないですか。
   そんな事を考えていたら、音也くんが理事長に攫われた。
   さらに、那月くんは同室の子とフラグが立っている。
   そうか…禁じているのは異性との交際だけなのか…。(注:違います)
   なんとなく腑に落ちないものを感じながらも、聖川様のカッコよさに酔うよ。
   騎士と言うよりも、武士だけど、真面目でカッコいいです。

   そんな素敵な聖川様と仲良くしていたら、ライバル登場。ただし、聖川様の。
   あ、別に「喧嘩をやめてー」的展開は無くてもいいです。
   そう思ってたら、なんか懐かれるし。
   チャラ男嫌いなんだよな…。なんとなく、当て馬にされてる気分だし。私の方が。
   なんでも、ライバル男の神宮寺さんは、聖川様の財閥とは対立関係にある財閥の三男らしい。
   嫡男である聖川様をことあるごとに羨んでつっかかってくるとか。
   まさか、アイドル学園にも追っかけてきたの…?まあ…。気の毒に。
   三男だからって卑下する事も無いのに。三男だからって。
   まあ、三男なので、春歌タンも「神宮寺さん」呼びですが(酷い差別)
   財閥の跡取りにしか「様」付けしない春歌タン、ある意味カッコいいぜ…。

   さくさくとイベント進んで、7月になりましたよ。
   このさくさく感はいい感じだー。間に挟まるミニゲームも、段階を踏んでて面白いし。
   音ゲー部分は力はいってます。いい感じに難しい…。
   というか、これAクラスで最初だからEASY選んだんだよな…。
   SクラスHARDってどんなだ。
   そんな恐怖は置いておいて、7月ですよ!プールですよ!
   やっぱ、真面目キャラの反応はいいですなあ!照れてくれると、こっちも照れる。
   水球対決とか、対決モノ好きですね、学園長。
   ただ、ツッコミキャラが居ないのか、誰も学園長に対して突っ込まない。
   「まあ、学園長だし」みたいな雰囲気でスルーされるよ!
   銅像が割れて学園長が現れても、「学園長はいつも私達を見守ってくださっているのですね」
   とか春歌タンは思ってます。
   ツッコミてえ!ものすごくツッコミてえ!!
   水球対決には負けたので、女装イベントありましたが、聖川様美しい…といっても、
   イベントCGの微妙さで微妙ではあります。まあ、女装イベントCGは可愛い方だ。

   聖川様とは着々と仲良くなってるのがわかって、楽しいです。
   なにやら聖川様はおっしゃりたいこともあるご様子ですが、春歌タンがいつも
   トンチンカンな事を言っているので、言い出せない模様(可哀相…)
   ただ、心の中では「運命の女性だ」とか思ってる、絶対。
   せっかく、初デートで「真斗くん」と呼べるようになったにも関わらず、
   心の中では「聖川様」と思ってる春歌タンとは偉い落差がありますよ。
   それにしても、聖川様の妹さん可愛らしいな。お父ちゃんは暴れん坊将軍らしいですが。
   ラブラブデートも終わらせて、文化祭は演劇ー!ロミジュリとか基本ですよ。
   演技派の聖川様素敵です。
   これで「恋愛禁止v」とか嘘だろ、おい…っつーくらいに甘々ラブラブですよ。
   ツッコミが誰も居ないから、学園長にさえ見つからなければ突っ込まれないのか?

   だけど、ラブラブしているのも秋まで。いきなり冬が来たよ…。
   跡取りの聖川様は、結果が出なければ家に戻されるとか。
   考えてみれば、財閥の跡取りなんだから婚約者なんかもいるんじゃ…。
   と、ぐるぐるしているうちに、段々と冬が来る。
   せっかくのクリスマスパーティ、おめかししても相手がいなけりゃ壁の花だー!
   爺が憎い。そして、かき回す神宮寺の野郎も憎い。
   一番憎いのは聖川様の父ちゃんですが。なんだこいつー!
   それでも一度付いた炎は消せませんよ。
   神宮寺さんも当て馬になってくれてるような気がするけども、どっちかと言うと
   本命は聖川様だからな…。
   「別に私のことは好きじゃありませんよね」とかきっぱりしてる春歌タン強え。

   そんなわけで、ラストはラブラブと。
   結果は出したけど、アイドルに恋愛は禁物…。
   たとえ学園を卒業しても、許されるものでは…と渋る最強学園長。
   学園長に逆らうと、この業界生きていけませんの。
   学園長様最強だからー。
   一体、どうするんだろう…と思っていたら、金で解決しました(わあ)
   凄いぞ、聖川財閥!
   他のエンディングも見てみましたが、友情ENDは、聖川様と神宮寺の野郎の友情かい。
   まあ、それはいいとして、BADENDが無いのはいいですね。
   なんだか気持ちよく終われます。
   でも、大恋愛ENDよりも、恋愛ENDの方がいい雰囲気の気が。
   なんといっても、金で解決してな…げふげふん。

   Aクラスの生徒を落とさないと、対応するSクラス生徒も落とせないってのは、ちょっと不便。
   普通はタイプの子を最初に落としたいのさー。好みのタイプがAクラスに居てよかったです…。
   でも、せっかく開いたので、Sクラスへ。
   Sクラスの音楽は、キスより凄いかもしんない。え、何このレベル。
   ジャズのテンポで裏打ちとかマジつれえ。
   神宮寺さんは、イマイチ私の好みから外れるというか、どうにもなあ…。
   聖川様ルートでの小物っぷりを見てしまうと、ちょっと残念な気になります。
   懐深い博愛タイプと見せかけて、聖川様に対しては子供っぽい突っかかりかたするしなあ。
   それにしても、お兄さん素敵だ。神宮寺さん、お兄さん苦手だから、似たタイプの聖川様も
   苦手と思ってるっぽい。
   聖川様が大人対応で素敵だし、前半のイラッと加減で、本人の魅力が半減してる気が。

   さらに、那月くん攻略。眼鏡だけどヤンデレ枠とは思わなかった…。
   むしろ、翔ちゃんが王子様だよ。
   なんだよ、ライバルというよりも、王子様だよ。
   てっきり、翔ちゃんが恋のお邪魔虫になるのかと思えば、砂月くんの怖さは半端なかった。
   翔ちゃんはルートでも王子様。「王子様と呼べ」と言われたのに心の中では呼ばない
   春歌タンの偉さランキングは、王子様<財閥嫡男だ。凄いぜ!
   翔ちゃんかっこいいんだけど、イベントCGが酷い…。なんでこんなことに。
   なっちゃんルートの「どすこいCG」で驚いちゃダメなんだぜ(何)
   聖川様と神宮寺さんのCGはまだマシだったんだ…。特に聖川様はラブいCGが多くてありがたい。

   最後に、メインとなるべき音也くんと一ノ瀬さんのペア。
   音也くんは他のメンツに比べて、ものすごい普通男子。いいねー、普通って。
   ものすごい初期からメロメロだし。え、一目惚れ?
   そんな恋愛脳の音也くんと、恋愛禁止令を解いてもらうために奮闘するよ。
   いい感じにメインなストーリーでした。てか、出生の秘密が…。
   隠しルートもストーリーが強烈だったけども、なんだか音也くんが気の毒な気がするの…。
   一ノ瀬さんはツンデレかと思えば、真面目キャラで素敵です。
   同じ顔で性格違いの話が、攻略キャラ中の半分を占めてるのもある意味凄い。
   それにしてもHAYATO様アイドル可愛いよ、頑張れHAYATO様。
   ラスト、隠しルートの輝ける聖川様は永遠の思い出として取っておきたいです。
   「子供の頃やらなかったから、今、楽しいんだ」は至言です。

   キャラクターは全員可愛いし、音ゲー部分の絶妙感も楽しいし、おススメのゲームです。
   が、イベントCGと立ち絵だけはどう頑張ってもフォロー出来ない…。
   ジャンル的に「イベントCGがいらない乙女ゲーって本当にあるんだねADV」ですよ。
   そこのところは、もう少し頑張って欲しかったです。
   せめて、背景が欲しい、背景が。まさか、全部異空間だとは思いませんでした。
   それでも、イベントも甘いし、乙女ゲー的にも音楽ゲー的にも満足です。