BACK


 アルコバレーノ!プレイ感想〜おいしい☆トマトのうた編


   前作の「プティフール」は、フランス料理店が舞台なのに、何故か料理の絵が
   出てこない謎の部分がありましたが。
   今作はあるんだろうなあ!
   食べ物の絵を見るだけでも幸せな欠食児童です。
   え、システムとか萌えとかですか?
   このシリーズ、と言っていいかわかりませんが、なんか皆できゃわきゃわしてたら
   いいんじゃないのかな。(乙女ゲーですよ)
   と、言い切ってしまう、ゲーム感想以下に続く。

   私こと、茅田夕菜は料理専門学校に通う学生。ちなみに、イタリアンシェフ志望。
   趣味はイタリアンの食べ歩き。と、普通の女子学生。
   同じ寮生の要と風汰と、わちゃわちゃと楽しい学生生活。
   そんな中、先生がお休みなので特別講師の人がやってきて。
   どうやら近くのイタリア料理店のシェフらしいけども、知らないお店…。
   私の知らない料理店があるなんて、許せん!制覇してやる!
   と、グルメブロガーのような心境とは違うけども、とりあえず、知らない店に
   レッツゴー!
   一応、ちゃんとした理由があるんです。
   10年ほど前に、お腹を空かせて倒れそうな時に食べたパスタの味が忘れられないんだー!
   ボーノトマトボーノトマトボーノボーノウー!
   そんな歌を歌いながらも、お店訪問。
   途中で親切なショタっ子に会いましたが、金銭面に厳しそうだ…。

   そんなわけで「アルコバレーノ」到着。
   まさか親切なショタっ子が店長さんとは…。まあ、金銭面に厳しそうなのは
   初対面のイメージまんまでしたが。
   さらに、変なオーナー。なんかチャラいと言うか、阿呆の子なの?
   どうやら、メニューに無いのにピザ釜があるのは、オーナーのせいらしい。
   それは店長金銭面に厳しくなりますな…。
   経営の不安な店ながらも、パスタの味は本物。というか、10年前の味…。
   まさかの青い鳥身近に居ました展開!?(展開早い)
   そう思って、「この店で働かせてください!」と言っても、シェフと店長厳しい。
   まあ、店長は人雇う余裕が無いってのわかりますが、何でシェフはダメなん?
   とりあえず、同級生を巻き込みつつ、テストを受ける事に。
   カレー作って採用になりましたが(何故カレー)
   いいのか、イタリアン。

   そんなわけで、研修がてら、お仲間とアルバイト。
   青い鳥の人は正体引っ張るのかと思えば、意外とあっさりと。
   それにしても、店に眼鏡がいません!どうしたらいいの店長!(聞くな)
   あ、一人ライターさんが居たけど、あんまりときめかない。
   変なライバル店のシェフに気に入られたけども、こっちは気に入らない。
   なんか「私の何処が気に入ったんですか?」って聞いたら「性別」って答えるような
   イタリア男だよ。女なら誰でもいいんじゃねーの、君。
   さらに、同級生達は悪い子じゃないけど、愛されるよりも愛したい。
   なので、とりあえずは、店長かシェフの両天秤で行きますよ(いばるなよ)
   え、オーナー?うん、阿呆の子苦手なの!

   そんな両天秤かけてたら、研修のテストがどうなるかはわからないけれど。
   同級生の要君のばーちゃんが学園の偉いさんですよ。なんか苦手なばーちゃんだ。
   一応テストをしてくださると言う事だけど、今回はちゃんと料理とレシピが
   先にわかるよー!
   フランス料理は理解できなかったからなあ…。
   とりあえず、事前にクイックセーブが出来るので、テストは無事成功(卑怯技を…)
   なんだか、テスト→研修→お休みイベント→テストの順で、特に問題も萌えイベントも無いまま
   進んでいくよ。それにしても研修のアニメーション部分のもっさり感はどうにもならないのか。
   全員にいい顔してたら、イベントもキャラ別に起こるし。
   まさかの店長が眼鏡イベントには萌えましたが。
   もー、そんなら初回は店長にするー!(わかりやすい)

   そんな感じで進めていたら、三回目のテスト成功にして、未だ個別イベントが少ない気が。
   ようやくお祭夏祭りーと思ったら邪魔が入る。
   全員で楽しいのはわかるけど、デートくらい二人きりにさせてくれ…。
   でも店長おっさんだな。ショタおやじだな。
   ようやく店長と仲良くなった気もするのに、何故か、那須さんのイベントばかり
   起きてる気がする…。
   自動イベントは選べないのか。選択肢で店長選んでても、那須さんのイベントが自動で入るよ。
   案の定、BADEND。しかも、那須さんの方のBADだった。なんだこのせつなさ…。

   その後も、何故か個別ルートに入れない…。
   もう、最初からフラグをバッキバキに折らんとダメかー!
   そう諦めて「最初から」を選びましたよ。既読スキップ使ったら、1時間でラストイベントまで
   到達した悲しさ。(早)
   フラグはもうバッキバキ。攻略対象以外、誰の手伝いもしないし、優しい言葉もかけない。
   なんて冷たい女…なのにモテモテなんですがね。お前ら性別「女」ならいいのか。
   それでもようやく店長のラストイベントに辿り着いたよ。
   それまで、わちゃわちゃやってるだけで、急転直下のイベントなんかはなかったので、
   ラストだけ劇的なイベントのわけもなく。
   引き抜きとか、わりと有名店ならばありがちの展開だけども、行かないで店長ー!
   それにしても、なんかイタリア男腹立つな…。
   普通に問題解決して、普通にくっついた。
   萌えー!と言うよりも、むしろ、全員できゃわきゃわしてるのが楽しかったな…。

   そんな感じなので、他のキャラも割りとまったり感。
   本当に問題はラストにしか起きないような。
   もう一人の眼鏡はなんかやっぱり腹立たしいというか、ちょっともんやり感。
   イタリア男とダブルで腹立たしいイベントが…。
   あくまでおまけなんだな。一緒に祭りにも行けないし、休日イベントも無い日があるし。
   他のキャラたちも、対立バージョンよりは、まったりきゃわきゃわの方が良かった…。
   とりあえず、全員で楽しくお店をやってるのは、前作と比べて、よりプロフェッショナル感が
   見られるけども、なんにせよ短すぎる。
   研修のアニメーションがもっさりして時間とってるだけで、本当に短い。
   ただ、料理に関しては美味しそうでした。やっぱ、食べ物は重要だー。
   ちゃんとまかないもキャラ別に変わってるのがいいですね。
   あー、パスタ食べたい、パスター!!