BACK


 新世紀エヴァンゲリオン2プレイ感想〜せめて、腐女子らしく編


   ガンパレードマーチのアルファシステムが満を持して作成したエヴァゲーム。
   いや、ガンパレ自体がエヴァっぽかったんだけどね…。
   正しくはゲームではなくて、ワールドシミュレーション。
   世界観を楽しむものです。決してゲームだと思ってはいけません。
   いけませんったら、いけません。
   まあ、カヲル君のために買ったと思えば(何が)
   そんなわけで、プレイ感想。第一回目は、まあ、基本主人公から。


  使徒・襲来〜シンジ編。

   おお!懐かしいオープニング、10年か〜。と感慨深げにいいつつも。
   ちゃんと、エヴァ部分がポリゴンで作ってあって、妙に細かい。
   まあ、ストーリーは、基本TV版と一緒かな。
   オヤジに呼び出されて言った場所で、いきなり「乗るなら飲むな、飲むなら乗るな」とか
   わけわからんことを言われて、困惑する僕(本当に)
   ちょっと待ってよ。自由度がウリのこのゲーム。
   エヴァに乗らないとかいう、選択肢はないの?ないのっ!!(ないです)
   僕は、地球なんてどうでもいいんだ!恋に生きたいんだあっ!!(酷)
   どうやら乗らないと話は始まらないらしく。嫌々ながらも搭乗。
   早速もって、わけわかりません…。え、この点が僕?で、使徒は?
   どうやったら、敵殲滅なんだよ…。
   しかも動けねえと思ったら、背中にコンセント付いてやがる!!(気づけよ)
   うごうごしているうちに、エヴァ暴走。まあ、実に1話目っぽい始まり方をしてしまいました…。

   TV版と同じようにストーリーは進む。ミサトさんちに居候〜v
   おお!ポリゴンでミサトさんち。玄関に入ると、台所があって、居間があって、僕の部屋ー。
   さっそく、家を探検していたら。
   風呂に誰かが入っている。
   ここはミサトさんの家。僕とミサトさんは、二人暮らし。
   と、いうことは、だ。
   ああっ!!体が勝手に風呂場のほうにっ!!(違うゲームです)

   『鍵がかかっている』

   ちきしょおおおっ!!ちっとも自由ぢゃねえよ、このゲームっ!!
   まあ、NPCにだって、覗かれない自由はあるわけで(その前に犯罪です)
   ※注:NPC=ノンプレイヤーキャラクター。プレイヤー以外のキャラ

   普通に生活していて、なんでも好きなことをしていいんですが。
   ときどき、使徒が襲ってくるくらいであとは自由(緊迫感は)
   でも、なんですか、このゲーム。
   ひたすら、「風呂」「ごはん」「といれ」「みず」ですよ!!
   普通にしてると腹が減り、ごはんを食べると眠くなる。風呂に入るとちょっと眠気がさめて、
   喉が渇いてくる。
   水なくなると、人は、しぬかもしれん。
   ミサトさんちの冷蔵庫にジュースがあることに気がつかず、しぬとこでした(死ぬな)
   自動販売機でジュース買ってたら、お金なくなるし…。
   小遣いよこせよ!親父!!というか、パイロットなんだから給料を…。
   というか、むしろ、ミサトさんちの冷蔵庫の中のビールをのませてくらさい。
   あ、僕未成年設定でした。ははは(碇シンジ君14歳)
   ともかくも、家の電気つけてまわるのが面倒でたまらん。
   面倒で暗いままリビングのテレビを見ていた時は、引き篭もり気分満載。
   でもね、ぺんぺんと一緒にテレビを見てるとなんだか、とってもほえほえ気分。
   よく考えると、動物と会話している自分の悲しさに気づいてみたり。寂しい生活…。

   とりあえず、カヲル君が出てくるまでは、と思っても、全然出てきやしねえ。
   目標 1.カヲル君とHな雰囲気
      2.カヲル君と風呂に入る
      3.加持さんとも風呂に入ってみたいぞ
      4.オヤジに熱い視線で見つめられたい
      5.むしろリツコさんには刺されたい(何故)
   他のキャラはAIで勝手に動いているので、どうすればいいのか見当もつきません。
   でも、オヤジが話し掛けて来たっv
   ときめくシンジ14歳(僕)
   いきなり「葛城君ってドウよ。」みたいな事を言われました。
   オヤジ…。女スキーめ…(泣)
   とりあえず、好意的に同意しておく。うん、僕もいいと思うよ。
   そうしたら。
   いきなり。
   リツコさんが、割って入ってきて。
   「何のお話をしているの?」って。
   逃げてもいいですか、父さん。
   目標の5番目が一番容易にかないそうな気分で一杯なんですが。

   なんだか、レイちゃんも入院したままあんまりでてこないし。
   ようやく出てきたと思ったら、光る鎖編。
   使徒もわりとランダムに出てくるような…。
   しかも、この使徒って、2人目のレイちゃんがアレした奴じゃねーかっ!!(なんですか)
   殺す!!殺してやるうううう!!!!
   綾波!僕の後ろに隠れて!!
   と、男らしいところを見せたところ。
   レイちゃんの代わりに、精神汚染…。
   ミサトさんが、素敵に自爆命令を出してくださいました。
   冷たいよ、ミサトさん…。まあ、ネルフに入れちゃなんねえのはわかりますが。
   一周目でそのエンディングは辛い。ふらーいみつざむーん。
   やりなおしたら、また、光る鎖が…。
   今度は逃げ回ってたら、やはりレイちゃんがつかまりました。
   ああっ!!ばくはつが…。
   でも。数日して、レイちゃんは退院してきました。
   早いね、綾波。退院おめでとう。そう、言いたかった、だけ、なのに。
   「知らないの。私は3人目だから。」
   ………そうですか。
   うっかりして、5人目くらいまで増やしてしまいました(鬱)
   綾波さん、突撃すぎですよ…。
   なんだか、理屈上では99人目まで増えるそうです。ぽけっとを叩くと(違います)

   一体、いつになったら、加持さんとカヲル君が出てくるのかさっぱり。
   もしかして出てこないんですか、出てこないんですか(そんなわけは)
   というか、ラストでカヲル君がまたわけわからんこと言ってました。それくらい。
   ええい、ゲーム誌に出ていた、カヲル君と星を見たり、手を握り合ったり、
   どうなのよ!!出来ないのかよ!!
   タブリス戦が一番燃える、つー噂は本当なのですか。いや、出てこねえんだよ。
   イベントがランダムすぎます…。
   農協のイベントもまだ1回しか見てません。ロードしたら、違うイベントになったし。
   (注:農協=JA=じぇっとあろーん)
   何もしてないのに、ロードしたらイベント違うってどうなの。ランダムすぎ…。

   しかたがないので、今いる人たちのストーカーをやってました。
   レイちゃんに会うたびに、微笑みかけたり、微笑みかけたり、忙しいです(他の選択は)
   とうとう、レイちゃんが「ときめき状態」になった時は、それはもうガッツポーズでしたよ。
   ああ、可愛い、可愛い可愛い…vvv
   気分がいいので、司令だの副指令だのにかたっぱしから微笑みかけました(何故)
   なんでもっと若いオペレーターズに話し掛けないのか、自分。
   ところで、ストーカーしていたら、親父の暴走っぷりが凄いです。
   止められません、シンちゃんじゃ。
   女と見れば声をかけ、日向君を見れば声をかけ。日向君はとりあえず、逃げて!!(真剣)
   副指令としばし見詰め合ったり、微笑みあったりした後
   二人でトイレに入っていった日には、
   父さん、やめてよ!!それだけはやめてよ!!
   状態でした。何故親父二人でトイレに行くのだ…。
   皆、トイレに行かないと死んでしまうらしく、ずっと、ネルフのトイレ前に常駐してました。
   ほっといても、誰か来るし。自販機にジュースあるし。親父が来たら小遣いもらえるし。
   トイレの番人のようです。いやなストーカー。
   戦闘には慣れないままに、シナリオ終了。ストーカーで終った僕の人生。

  アスカ来日〜アスカ編。

   ところで、シナリオのラスト、映画版と同じくミサトさんが助けに来ましたが、
   親密度によっては、違うキャラが来るの!?
   ええん、日向君に助けてもらいたいよお!!
   というわけで、今度は、アスカで再挑戦中。男の子を落とすぞ!!
   とか言いながら、やはりファーストのストーカーと化す。
   1周目と同じことをしてるよ…自分…。
   レイちゃんと学校に行ってね、トイレに行くようだったので、ついて行ってね、
   「ああ、じょしこうせいっぽいよ!!」とか考えている時点でもう末期。
   連れションが女子高生っぽいかどうかは置いておいてください。
   男子を落とすんじゃなかったのか…(だって、レイちゃん可愛い)
   男で男を落とすよりは、女の子で落とした方がやっぱり落としやすいわけで。
   レイちゃんには微妙に嫌われてるような…(悲)

   加持さんがようやく出てきたので、早速抱きついてみる(早いな)
   ああ、このゲーム萌える!!
   「君が好きなだけそうしていてもいいんだ。」みたいなこと言われたですよ。
   でも、トイレに行きたくなるので、好きなだけは出来ませんが(なんつーゲームだ)
   何故にこんなにもトイレに行きたくなるの…。
   それよりも、アスカちゃんは外人だから、風呂率が高いのか…?
   くさくなるのが早いみたいなの…(イヤン)
   一度、周囲を不快にしているまで臭くなってしまい、イヤン状態。
   ネルフで風呂に入るよりも、自宅で入った方が、風呂グラフィックがあるから
   家に帰るまで入らなかったからだと言われればしかたない(ダメな理由)
   つーか、普通、見たいでしょう、風呂グラフィック!!
   アスカちゃんが、風呂で、ふんふふーんですよ!!(なんだそりゃ)

   何故か、シンジシナリオよりも、アスカシナリオの方がイベントが起きやすいような。
   まあ、慣れたといえばそうかもしれない。
   1周目ではいけなかった、「ちょっぴり深い階層」まで潜れました。
   だってさ、加持さんがさ。「真実を、知りたいか?」なんてときめく台詞をいいながら、
   カードくれたですよ。
   逢い引きかと思うじゃないですか!!(違います)
   なんか薄暗いだけで、あんまり楽しいところではなかったんですがね。
   なんのためのカードなんだ…。

   誰かに会ったら微笑みかけるくらいしかすることがないので、時々ミサトさんのパソコンを
   ハックしたり、地下に潜って白兵訓練したり。
   何の意味があるのか全くわからないまま(意味ねえ)
   ある日のアスカちゃんの一日。
    8:00 起床 朝起きて、顔も洗わずトイレに行きたくなったので、トイレ。
    8:30 朝食 朝はカップラーメンぢゃないんだね、ミサト。
    9:00 出社 地下に潜って白兵技術を磨く
    12:00 昼食 隣の親父がいいものを食っている…わしにも食わせろ、それ。
    13:00 仕事 トイレに常駐し、来る人来る人に笑いかける。これがメインの仕事(嘘だ)
    18:00 夕食 やっぱり隣の親父のほうがいいものを…。
    19:00 仕事 トイレに常駐し、来る人来る人に笑いかける。メインですから。
    21:00 風呂 やっぱ一回家に帰らないとね。
    22:00 密偵 パソコンで情報操作。時々ミサトに妨害されつつ。
    1:00 就寝 ねる。
   これでいいのか、女子中学生。不毛すぎる…。
   というか、世界観楽しんでる?(楽しいですが)

   順調に行っていたと思っていたら。うっかり街を破壊してしまい、鬱。
   だってさ、ちょっと使徒の侵入許しただけぢゃん…。壊滅って…(ちょっと?)
   もう、誰も、街にはいないんだ。
   ええと…考えてみれば、学校行ってないから友達もいないや…はは…(学校行け)
   そんな、暗くなりながら、一人、街を歩いていたら。
   調子の外れた(失礼)、聞き覚えのある、歌が。
   「歌はいいねえ…。」
   出たーーーーー!!!!!
   鬱気分、ぶっ飛び。待ち人来る。

   もう、カヲル君が出てからは、一直線。
   ぎゃー、歩いてくる、話し掛けてくる、親父と会話してる〜vv(それはどうか)
   食堂でご飯食べてるのがめずらしくて、ついつい25分間も眺めてしまいました。
   ああ、実時間で言うと25秒くらい?(1秒が1分)
   1日のうちの貴重な25分を、ただ黙って、人様が飯を食っている様を見る。
   いいの。楽しいから。
   ぎゃあ、普通にトイレにも行ってるわ!!長いけど、う○こかしらっv(計るな)
   実際いたら、ストーカーです、アスカちゃん。というか、わし。
   だって、楽しいんだもん、一挙一動が。
   時々見詰め合って微笑みあってるファーストとフィフス…。いいなあ…。
   頑張った末に、照れ顔ゲット。うわーーーvv萌・え・るvvv

   せっかく仲良くなったけど。やっぱり戦自が来たー!
   今度はマヤちゃんが助けてくれました。どうして、日向君来ないんだろ…。
   女の子と、加持さんと、カヲル君にしか話し掛けてないからか(ダメじゃん)
   しかもマヤちゃん、撃たれて死亡。えええええ!!ミサトさんの時は、死ななかったよ!
   ランダム…。忘れてた、忘れてた。このゲームをやるにあたっての魔法の呪文はランダム。
   顎に手を当てて。んーーー、ランダム。(違)
   ネルフが白エヴァ軍団に襲われてるので、最終戦。
   もう、戦闘もなれたものさっ!
   ライフルも、盾もいらない。開発してくれた赤木博士申し訳ない。いや、ホント。
   ガンパレを思い出せ。アルファのゲームに必要なのは、ナイフ一本。
   漢なら包丁一本で勝負だ!!(女の子です)
   コンセントを差し込み差し込み回り込み。
   勝った!!勝ったよ!!ママ!!
   普通に映画版エンディング。毛エヴァだ、毛エヴァだ(毛言うな)

  最後のシ者〜シンジ編。

   ようやく、アスカ編も終ったので、再びシンジ編。
   というか、最初っからカヲル君が出てくるお得シナリオ。
   いいね、いいね〜v
   やっぱり、アスカちゃんよりも、出会い編がはまります。
   もう、アスカの時に、やりつくしているが、やっぱりカヲルストーカー
   だけども、あんまり話し掛けても嫌われるだけなので、あくまで受動態。
   じーーーーーーーっと、見つめつづけて、話し掛けられるのを待つ。
   話し掛けない分ストーカーっぷりが上がっているような気がしないでもない(本当に)
   うっかり手を握ったら。
   「僕のこと、好きなのかい?」
   どぎゅがれぼひゃあうぃえてぃおくりょぎゃ。
   声にならない声を出してしまいました。
   なんだか、カヲル君、ものすごいやる気MAXだし。照れ顔可愛いし。

   そんな中、いきなりタブリス戦。ええ!本当にいきなりだああ!
   今までの戦闘と違って、選択肢が出てきました。説得?説得すればいいの?
   まあ、とりあえず
   →「カヲル君は僕のことどう思ってるの?」
   いきなり、それは説得か?な選択肢を選ぶ僕。だって、聞いてみたいぢゃないのよさ。
   「好きだよ、シンジ君。君のことが。」
   素だ…天然ほもだ…、この人…。
   ま、まあ、頑張って説得しよう。
   →「僕が探してたのは、君だったんだ。」
   →「人類がいなくなるより、君がいなくなる方が嫌だよ!」
   ………そろそろ恥ずかしくなってまいりました。
   いやだよ、おまえさん、ほもだよ。
   でも、萌える!!すげ、萌える!!!
   にゃんだ、この激しく萌える選択肢の数々はっ!!(腐女子ですから)
   説得の甲斐あって、カヲル君仲間に復活。愛の力だね…。

   周りの皆さんとひと悶着あると思ったら、そうでもなく。
   指パッチンで四号機を呼ぶやら、やりたい放題。
   でも、そんなカヲル君も、悩みはあるに違いないのです。
   説得の次の日。偶然、倉庫で出合った僕たち。
   運命?(いいえ、ストーカー)
   いつになく、真剣な顔で。カヲル君が口火を切った。
   「頼みたいことがあるんだけど。」
   周りには、誰も、いない。
   ああ、何のお願いなんだい?カヲル君!
   僕にできることなら何でもするよ!!
   ネルフを裏切って、使徒側に付けというなら、付くさ!!面白そうだし(人類の敵め)
   はっ、使徒を裏切って、人間の味方についたことを後悔しているの?
   それなら、全ての使徒を倒すまでさ!!(やる気だ)
   君のためなら、絢爛舞踏章でもなんでも取ってみせる!
   それが、世界の選択ならね!!(違うゲームです)

   期待に満ちた眼差しで見つめると、カヲル君は、ゆっくりと、こう、言った。

















   「2000円貸してくれないか。」













   それが、世界の、選択なのかああああああ!!!
   一応財布を開いてみる。給料貰ってないので、財布には、3800円あった(少)
   半分以上…。いや、問題はそんなことではなく。
   そっと、千円札二枚を渡してしまう、僕。
   にっこりと笑う、君。
   ああ、わかったよ。ホストに貢ぐ、ダメな女の気持ちが。
   欝のあまり、即効で自問自答。
   ふいに出てくる「心の迷宮」に入ってしまいました。
   いつでも、どこでもパイプ椅子が出てくる素敵な世界(素敵か?)

   「僕は、ここにいても、いいの?」
   「だって、お金を貸したら、カヲル君笑ってくれたんだ。」
   「返ってこないかもしれない、むしろ、返す気はないと思うけど。」(酷)
   「幸せになるためには、いいのかもしれない。」
   「自分が幸せになるならいいんだ!」
   「いいんだ。ホストに金を貢いでもいいんだ!」(いいのか)
   明ける、世界。
   「おめでとう。」
   「おめでとう。」
   「おめでとう。」
   皆におめでとうと言われるだけの素敵なエンディング(素敵か?)
   とりあえず、カヲル君、言ってもいいかな。
   お前まで言うな。

  エンジェルバスター〜カヲル編。

   とりあえず、最初の一文、
   「初号機パイロットと、五号機パイロットの説得により〜」のくだりに
   激しく萌えまくって、それだけでおなかいっぱいです。
   シンジ&トウジでカヲル君を説得…。
   あの台詞を言いまくったのかしら…。ああ、それを考えただけで、もういいです…。



   まあ、楽しめる人には楽しめるゲーム、ということで。
   シムピープル好きにはたまらないのかも。
   でも、とりあえず、魔法の呪文「んーーーー、ランダム。」忘れないように(何)