BACK


 幕末恋華新撰組プレイ感想〜士道不覚悟編


   日本Hな協会のTIGERドラマに感涙しまくったあげくに、プレイ。
   ある意味、悲劇の身の上、ほぼ全員37564(違う人もいるけども)
   武士道は死ぬことと見つけたり。
   死んで咲かせる恋の花、とくりゃ。

   ゲーム開始直後の「このゲームはフィクションであり、実在の団体とは〜」うんぬんに
   納得しつつ。そりゃ「胸キュン乙女シリーズ」が史実と関係あったら、
   逆にびっくりだ。
   ゲームはゲームと割り切る!それがゲームの楽しみだ!!
   なので。ゲーム開始直後に出てくる、「金髪泣きボクロ桜模様の着物のチャラ男」が、
   しんせんぐみ局長様だと知っても、ちっとも驚かない
   嘘です…ちょっと驚いた…。えーーーこれ局長なのかよーーー(ご不満)
   むしろお隣のナイスダンディなおっさんが気になるよ。ああ、せりざわ先生なんだ。
   乙女ゲーらしく、次々とキャラクターが紹介されます。
   素敵眼鏡の山南さん。声が石田さんってだけで腹黒そうな沖田君。いや、本当。
   なによりも。副長の頭髪部分の危機感目が釘付けです。
   額当てをしてもなおあまりそうなデコ…いやいや、額が広いのではなく、顔が小さいんだ
   無理やり自分を納得させておく(無理だ)
   新八さん&左之助&平助登場。え、さのって、隊内でも美形のイメージがあるんすが。
   TIGERドラマのさのっぽいよ。左之はワイルドすぎ、平助はショタすぎです。
   でも、新八さん素敵…。新八さんのが左之っぽい。
   最後に控えしは、はじめタン。TIGERドラマでは激しい萌えキャラだったはじめタン。
   め、めちゃめちゃ可愛いじゃねーの!!
   以上?か、攻略キャラの紹介がだだーーーーっと終了。
   でもあきらかに攻略対象でない、島田さんとか源さんを落としたい…。

   というか、主人公の人となりが全く紹介されてないのですが。
   なんで女だてらに新撰組にいるのかとか。
   まあ、いっかーーー。女性隊員もいたという話だし(簡単な)
   芹沢先生が不逞浪士の取り締まりの名を借りて遊びに連れて行ってくれるというので、ご相伴。
   チャラ男よりもおっさんであります、隊長!!
   男装している女子とかいう設定でもないので、普通の女子が遊郭に行ってもつまらん、と
   思ったら、舟遊び。
   はじめタンの可愛さ炸裂。なんだよ、ゲームでも萌えキャラかよ。たまんねえ。
   途中何故か相撲取りに絡まれる。新撰組初の出動が相撲取りとの対戦だなんて、
   悲しすぎます、隊長!!
   触るものみな傷つけるタイプの芹沢先生。かっこいいけれども、むやみに喧嘩を
   売るのはやめてくらさい…。
   のんびりとしていたところ、謎の兄さん登場。
   幕末土佐弁とくりゃ、怪しさ大爆発なわけですが、「梅さんって呼んでv」
   みたいなことを言われる。え、梅さん?
   彼の名前は才谷梅太郎氏だそうで。
   怪しい…。幕末に土佐弁で聖子ちゃんカットのところが一番怪しい…。

   全員紹介が終わり、第一章。
   史実と無関係部分の最たる部分・オカマの登場により、攻略キャラ全員集合、か?
   まあ、桂さんとか落とせないとは思うけれども、局長、副長、総長、沖田、永倉、
   原田、藤堂、斎藤、山崎、梅さんが攻略対象?まあ、オカマも対象なのかは微妙な所。
   10人もいれば、好みのタイプはいると思いますが。
   メインストーリーが始まる前に会話ができるの?
   じゃ、眼鏡で。(早)
   ………いきなり不幸な道まっしぐらです。
   救いがあると信じたい。だって、胸キュン乙女なんだもんv
   一人だけでなく、何人かと話せるようで。
   はじめタンは抑えておくとしてー、あとはー、や、山崎さんで…。
   ごめん…オカマっ子大好きなんだ…(いきなり)
   なにやら思い悩む副長を見て、土方さんにも話しかけてみました。
   「あんまり考え込むと、ハゲますよ体に悪いですよ。」
   いやいや、心の声が出てしまうところでした。いやいや。

   メインストーリー部分は、史実に基づく骨太なストーリー。あれ、胸キュンは?
   途中出てくる容保様が気になる。殿は落とせませんか…(ダメだろう)
   対長州戦にて、初出陣。いや、その前に、相撲取りとも戦いましたが。
   ああ、アレはナシですか。
   なんか、寝てたら戦いが終わってしまいました。いいんかい。
   戦い終わって日が暮れて。チャラ男局長様がお声をかけてくださる。
   ナンパだなー。ちょっとナンパで半端だなー。
   思わず「奥さんいるんですか?」って聞いてしまう胸キュン乙女。
   「いるよー。」と、あっさりお答えくださいました。え。
   不倫反対!!時代的に問題ないとしても、胸キュン乙女だから不倫は禁止!!
   不倫は文化じゃねえ!!

   第二章が始まる前に、会話&DATEEVENT。伊達イベント?なんじゃそりゃ。
   と、思ったら、でえとですか。幕末に横文字が出てくると途端に読めなくなります。
   もちろん、お相手は眼鏡なわけですが。
   メカオタ大爆発系!!たまらん、この人、たまらん!!
   たまらん萌えっぷりを発揮しつつも、本編はあくまで堅く。
   今回メイン部分は、わがまま=ジュリエット=芹沢先生をぶった斬ることです。
   わあ、わかりやすい。
   ちょっと辛そうな山南さんに萌えつつも、最後の晩餐。
   「終いの酒くらい美味しく飲ませえ。」みたいなことを言ってる梅さん。
   なんでここに。というか、長州間者がどうの言ってる時に、いいんだろうか。
   芹沢先生は天に召されました(早)。ああ、いい人だったのに…。
   舟遊びに連れてってくれたり、相撲取りと戦ったり、戦ったり…。
   思い出がそれだけしかないけど(少な)
   妙に楽しそうな沖田君。強い人と戦うことが楽しいんだってさ。
   4対1だったら卑怯じゃないのか。戦隊モノだったらいいのか(良くない)
   「僕があなたに興味を示すことはありませんよ。」って。
   いや、こっちも興味示されたらばっさりと殺されそうで嫌です。

   芹沢先生が亡くなって、新しい隊員も加入しました。
   オカマが嫌いなホモです。あいや、武田先生です(失礼な)
   やっぱりハジメ狙いかああああっっっ!!!!わかりやすい。
   あやしげな密談をする業者がいるって噂に、古高捕縛。
   ご、拷問ですか、土方さん。
   「あの人も経験豊富だから、体のどこをどうすればいいか熟知してんのよん。」
   さようですか。って、納得してちゃいかん!!
   どんな経験だよ。知ってるのかよ、山崎さん!!
   土方さんの経験の賜物により、池田屋襲撃。
   でも、その前に、山南さんの具合が悪くなってしまい、池田屋不参加。
   え、ちょっと参加したかったよ。気になるよ。
   基本的に、メインの相手が決まっていれば、それに従ってストーリーが
   進むため、山南さんが不参加なら、鈴花ちゃん(主人公)も不参加。
   おうちでのんびりしてました。
   長州戦は寝てたし、池田屋は不参加で、戦闘したのが相撲取りのみ、とはこれいかに(たこに)
   剣で身を立てるんじゃなくて、角界に入りそうです。

   山南さんが戦闘不参加状態になっているので、ほのぼのと話は進み。
   いや、伊東先生とか、大石とか入隊してますが。不穏な空気が…。
   山南さんは塾を開いて子供達に勉強を教えて。そして私は隣でレースを編むのよ。
   うおーーー幕末のんびりしてていいなああああ!!(良くない)
   発明品も見せてもらいました。「可列以度斯可布」ですって。
   幕末に横文字が出てこなくても、読めねーーーー!!!
   「夜露死苦雌伽怒津苦」だぜよ(読めん)
   よく考えたら、万華鏡でいいじゃん…。
   そんな呑気にしていたら。学習塾の子供が、山南先生の悪口言ったおさむらいさんに
   ばっさり斬られました。山南先生もキレる。
   しかし、ジェントルメンな山南さんのこと、闇討ちはしないけども、決闘へ。
   私闘は禁止されてるはずでは…。
   怒涛の展開のまま、山南さん切腹。
   ありえねえ。胸キュン乙女、ありえねえ…。
   攻略対象に切腹される乙女ゲームは初めてです。
   ああ、「君と一緒に暮らしたかった…。」とか言ってくれたのが凄い胸キュン
   だっただけに、辛すぎる。
   しかも、事前に選択肢が四つもあるのに、全然関係ねえ!!
   死ぬよ!!全部死ぬ!!
   相撲取りとしか戦わないまま、新撰組脱退。山南さんの意思を継いで、
   塾の先生になりました。草葉の陰で見守ってね☆山南先生、芹沢先生☆
   って、胸キュン乙女世界に三角巾はないんじゃないかな…。

   あまりにもありえない展開の上、六章で攻略相手に切腹された悲しい過去を
   引きずりつつ。今度は長生きしそうな人に。全部で二十一章あるんだからさ…。
   目をつけたのは、やっぱりハジメたん。
   おお、ハジメだと池田屋参加できるよ。初めて相撲取り以外と…(しつこい)
   ストーリーは、山南さんが亡くなるのは本当に序盤なので、亡くなってからの方が
   怒涛の展開。いつの間にか、武田さんも斬られてた…。惜しくないホモを亡くした…。
   伊東先生も離脱しそうな雰囲気の中、新八さんと酒盛り。
   梅さんを伊東先生に紹介したら、びっくりされた。まあ、あの髪型には驚くよね(違)
   翌朝、新八さんに寄り添う伊東先生の可愛さに萌えたり。にゃんこー。
   ともかくも、斉藤さんも伊東先生といっしょに出て行ってしまいました。
   あれ?鈴花はついてかないのでいいのですか?
   いきなり人が減ってしまって、会話する人数も目減りしてます。さみしい…。
   しかたないから、クワ次郎(大石)に話しかけてみよう。
   あぶねーやつだけども。山南先生とか伊東先生とかきらきらした目の純情可憐誠実派が
   好みだそうです。あぶねーーーー。
   そんな誠実なタイプが目標を遂げないまま若い命を散らすのを見るのが好きだそうです。
   あぶねえ…っつーか、ヤベエだろが。

   攻略対象にトンズラされたので、ついつい山崎さんとデートしたり、土方さんと
   お話したり。山崎さんは男性である意味はないような気がするんですが。
   気のいい姉さんとしてお付き合いさせていただいております。
   でも、「見立ててあげるーv」とか言って着物をプレゼントされました。
   男性からの着物のプレゼントは、脱がせるため、って。
   ああ、山崎さんは男性ではなく中性だからいいかあ!(いいのか)
   ようやくハジメさんも戻ってきて。今度は梅さんがヤバイって。
   「才谷君…坂本竜馬か…。」え、ご存知でしたの、皆さん。
   「あそこまで特徴のある人物だからな。」って。ああ、聖子ちゃんカットとか?(土佐弁では)
   局長様の鶴の一声で、才谷君には手出し無用との厳命。
   「才谷さんじゃなくて、坂本竜馬については何も言われてない。」とか言い出す奴が。
   うわ、ヤベエ。大至急ヤベエ。
   結局、梅さんも階段から落ちて死亡(本人談)
   途中息があるとかいってたから助かるかと思ったのにい!!
   いい人だったのに、梅さん…。髪型がアレでも…。

   梅さんのことが好きだったのか、山崎姐さん号泣。一緒に泣こうと思ったら、
   「アンタにはアタシがいるでしょ!」って止められた。不条理だ。
   伊東先生も油小路で死亡。不条理だ。大石め。
   平助ルートならば事情がわかるかもしれないけれども、伊東先生が亡くなったのも
   伝令の言葉で終わり。ええーーーー詳細が気になってしょうがない!!
   一人のルートでは全て補完しきれてないので、凄い気になるよう。
   土方さんの女に間違われて誘拐されたり、本当にハジメルートなのか?と
   危機感を覚えていたら。
   いきなりハジメたんにちゅーされた!!「好きだったんだ…。」って、えええええええ!!!!
   いままでそんな素振りを一つも見せなかったから、びっくりしたよ。
   とりあえず、返事は保留で。あんまりにもいきなりだったからなあ…。

   近代兵器の波に飲まれ、源さんと山崎さん死亡(泣)
   あ、あんなに仲良しさんだったのに…。一行で終わっちゃった…。
   もうすこしエピソード的なものはないのですか。
   結局永倉さんたちも別れて。やっぱり一行で語られて。
   斉藤さんと会津に行くことになりました。
   と、その前に。斉藤さんが常日頃いけすかねえと思ってる奴をたたっ斬ってからー
   いうので、大石斬殺。いや、止めなくてごめん。でも、梅さんと伊東先生の件が
   許せなかったんだ。
   もう、ここまできたら、あとはハジメについてくしかないしな!!
   もう、誰も残ってないしな!!(号泣)
   「どんなことがあっても、俺はお前を離さない。」とか、キュンキュン地獄
   陥るようなセリフ満載。恥ずかしいなーーー。それでこそハジメたんだわ…。
   戦い終わって日が暮れて。いきなり「この前の返事。」とか言い出すハジメたん。
   お前、ここまでついてきて、今更何を!!つーか、鈍感なところがたまらん。
   いつかの仕返しに、口で返事。らぶらぶだーーv

   個別エピソードのひとつひとつが萌えるのに、トータルでいきなりな展開が
   多くなってしまうのが難だ…。展開が急すぎるきらいがあるし。
   なにしろ、一行で語られてる部分が気になってしょうがないので、
   別の人を落としてしまいたくなる。そんな罠みたいなゲームだ…。
   というわけで、他の気になるメンツを落としてみた。
   まずは、オカマね!オカマ!!(山崎奨さんというお名前が)
   男である必要性が全く感じられない。綺麗なお姐さんは好きデスか?好きデスが。
   良順先生がいらした時も、頑なに診察を嫌がったり、女子風呂に入りたがったり、
   あやしさ大爆発。
   でも、戦場でカッコいいところ見せてくれちゃったり、庇って銃弾に倒れたり。
   うわーー!!やっぱり攻略キャラに目の前で死なれるのは辛いよう!!
   と、思ったら、生きてた。ああ、よかった…。
   それでこそ、胸キュン乙女。史実曲げても幸せを掴みたい年頃。
   オマケに、祝言ENDですか!!わあ、胸キュン!!って。
   相手はオカマさんでした…。そっか…(遠い目)
   ともかくも、本来なら亡くなってしまうキャラもご都合主義により助かると
   わかったら、是非落としたい人がいる。梅さんですよ。髪型がアレでもOK。
   ストレートな愛情表現がいいね!ちょっとナンパな感じだけども、
   局長ほど気にならないのは、とりあえず不倫じゃなさそうだから…かな…。
   命を狙われる梅さん、危機一髪!のところに現れたるは、大石王子。
   でも、どんでん返しに次ぐどんでん返しで油断ならねえよ、鍬次郎。
   なんか梅さん素敵だけれども、鍬次郎の衝撃に持ってかれたよ。くそう。

   気がついたら、マイナーなキャラクターしか落としてないことに気がついた(遅いよ)
   局長とか副長とか沖田君を落とすのが普通なのかも…。
   局長よりも鍬次郎と多くしゃべってるよ。なんてこったい(注:大石は攻略キャラではありません)
   だって、この子気になるんだ…。破滅的だし、異常性格者だけどもさ。
   にこにこしてるかニヤニヤしてるかの違いくらいで、沖田君とそう変わらないような…。
   まあ、このままではアレなので、土方さんを落としてみる。
   ゲーム中に挿入されるイベントがやたらと気になるのよ。カッコいいのよ。
   それがメインで落としてみたら、どうなるか(どうなるんだ?)
   ………いままで、頭髪部分が危険だとか、ズラずれてるとか、顔の半分が額だとか
   ひどい事ばかり言ってましたが(そこまで言ってない)、今、本気で謝ります。
   すいませんでしたあ!!
   油断してたよ。どんなにソリコミ部分がツッパリハイスクールロケンローでも、
   曲がりなりにも、奴は新撰組ジャンルにおける最大手。
   ジャンルコード:土方歳三ですよ!!(何)
   萌えの鬼軍曹ですよ?普段見せる厳しい顔の裏に、ちょっと可愛いとこなんか
   見せられたりすると、倒れます。カッコよくて倒れます。
   トシ様となら、最後まで行きます。箱館だろうが何処だろうがついてくさ!!
   武士道は死ぬことと見つけたり。
   なので、死んできます!!(いきなりか)
   いや…切腹されるよりは、死なば諸共のほうがいいよ。
   ものすごい満足した土方END。最後三角巾つけてるわけでもなく。
   でもね。
   せめて、あと1センチ…額が…(しつこい)