BACK


 サクラ大戦Vプレイ感想〜前略、おふくろ様編


   今回の主人公は、キャラクター一新されて、新人軍人大河新次郎君。
   狼さんから、虎さんですよ。寅さんじゃなく、タイガーさんですよ。
   大神さんのときは、女の子を落としてやるぜ!!気分でしたが、
   今回はちょっと勝手が違うよう…。
   むしろ大河の方がヒロインっぽく。そんなプレイ感想。

   前略、母さん。
   士官学校を主席で卒業して、ぶっちぎりエリートコースを歩む僕、新次郎は
   帝都に来ております。
   帝国歌劇団に行って、おつとめをして参ります。
   司令は母さんの弟の一郎叔父です。
   ちょっとおふとりになられたようですが。新婚太りですか。
   僕の知っている叔父さんは「みつあみ眼鏡のチャイナっ娘」
   結婚しましたが(フェチな叔父)。くそう、羨ましい…。
   正直「アイリス15歳v」には会ってみたい気がします。
   優しく可愛いおじさんに癒されつつも、命令が。
   「アメリカ配属だから。」って。えええええええええ!!!!
   さらば!愛しき人よ!!!(ここでタイトルが)

   日本を追い出されるようにして米国に来た僕。
   アメリカは恐ろしく都会です。マリアさんのいたアメリカと違う気がします。
   母さん、都会はおそろしかとこです。
   いきなり銀行強盗に会って、仮面の剣士が退治してました。
   何が恐ろしいって、仮面の剣士はこのビルの大群の中、馬に乗ってるのですよ(そこか)
   謎の剣士だそうですが、馬の憚りを追っていけば見つけられそうな気がします。
   というか、僕は銀行強盗に間違えられて警察に捕まりそうになったんですけどね。
   親切な「白いスーツで赤いシャツの怪しい貿易商」に助けられましたが。
   母さん、叔父さんに友人は選ぶように言っておいて下さい。
   ギターでなくウクレレになりましたよ。ちょっとチープですよ。

   せっかくアメリカくんだりまで来たのに、あまり歓迎されてない様子。
   叔父さんの方がよかったんだってさ。そりゃ僕だって、叔父さんの方がいいさ。
   (そうじゃなく)
   絶対叔父さんは新婚だから行きたくなかったんだ。くそう。
   母さん、アメリカは実力主義です。戦って勝つのです。でも機会すら与えてもらえず。
   司令は「うん、君必要ないんだ。」とか平気で言って来ます。
   わざと酷いことを言って、僕を動かします。なんだ、萌える。
   にこにこしながら酷い事を言うです。
   人員不足だからと、モギリの仕事をやらされました。というか、最初からそのつもりで
   制服も用意されていたに違いありません。
   「嫌なら今すぐクビにしてもいいけど。」とか言い出しよります。
   司令の冷酷っぷりというか、鬼畜っぷりには脱帽です。
   味方になってくれそうなのが、「謎の貿易商」だけですよ。悲しいよ。
   クビになったら、貿易商の店で働かせてくれるそうです。給料は現物支給で。
   「こけしとか…こけしとか…こけしとかだがな。」
   母さん、叔父さんに友人は選ぶよう言っておいて下さい。
   エロスなことしか考えてません。多分(お前がだ)

   実力主義のアメリカの悲しさを見せられつつも、隊員さんに紹介されました。
   「訴えて勝つよ!!」が主義の黒人のねーさんと、「奥日光の姫御前」似のおかっぱと
   金髪美人の隊長さんです。す…すくなかとです。
   アメリカに来て始めて会ったヤンキー娘はなんだかおっちょこちょいで
   好みのタイプではありません。
   つーか、お前、もっと落ち着け。
   隊員以外の子にも会いました。ドリンクバーのウエイトレスさんは、
   属性的に言うと「おっぱい」です。他に表現方法はありません(酷)
   むしろ、売店の女の子が「ツンデレ」でたまらんです。
   「大河さんのくせにナマイキ」とか「しょうがないなあ〜もぅ!」とか言うです。
   たまらんとです(病気だ)

   黒人弁護士のサジータさんは頼れる姉御です。僕が無理に働かせられてるのを見て
   司令を怒ってくれました。「こんな子供を働かせるなんて!!」って。
   子供…?サジータさんは僕を10歳くらいだと思ってたようです。
   おかっぱの昴さんは男子か女子かわからないので、もういっそ男子だと思って
   つきあうことにしたです(それもどうか)
   サクラ大戦初の男子攻略対象だと思いたい。
   (広井の)王子様からのプレゼントってことでひとつ。
   昴さんはいい人です。おっちょこちょいの掃除婦ジェミニのせいで落ちた照明の
   付け方を親切に教えてくれました。
   照明をつけることが出来たので、星組隊員見習決定!!(え)
   アメリカちょろいです。照明つけただけで、実力を認められましたよ。

   認められたので、メカに乗って戦うのです(スターという名前が)
   母さん、着替えは日本の方が近代的です。アメリカ普通に着替えます。
   ただ、唇の中に入っていくのが意味判りません。普通に着替えるなら、普通に着替えさせろ。
   お着替えシーンの「ブーツを履く昴きゅん」にメロメロです。
   ブーツを履く時に下向くんだけどさあ…おかっぱがさあ…こうすっと下に向くんですよ(マニア)
   おかっぱスキーとしてはたまらんですよ。多分、この映像を作った人は、おかっぱの
   なんたるかをわかっている人ですよ。ぶっちゃけおかっぱ萌えに違いないのです。(断定)
   戦闘は、連携がなかなか楽しくて、いい感じです。
   さらに隊長を救ったので、隊長見習に格上げされました。
   他にも昔からいる隊員がいるというのに、「照明をつけられる」「隊長をかばった」だけで
   成功してしまうアメリカンドリーム簡単すぎです。
   隊長さんは副司令に。隊長交代で格下げされたマリアさんが気の毒です(泣)
   今回は空中戦もあります。アメリカ凄いです。1の時に飛行機を作るのが夢だとか
   言ってた紅蘭さんが気の毒です(泣)
   アメリカにまで伝わっている伝説の「勝利のポーズ」も決めました。
   叔父さんですか、こんなの全世界に伝えまくってるのは。

   アメリカにも慣れてきて、照明がつけられる僕の実力が認められて(違)
   皆がやさしくなりました。アメリカちょろい。
   司令が朝御飯を奢ってくれるそうです。ちなみに、司令はアメリカでも指折りの資産家です。
   ペットの錦鯉を前に「鯉こく」やら「鯉のあらい」の話をしてくださる素敵グルメな司令様。
   何をゴチそうしてくれるのかわくわくしていたら。
   「納豆定食」でした。絶対いやがらせだと思います、母さん。
   親切なのは司令だけでなく。ナゾの貿易商に美術館に連れて行ってもらいました。
   めとろぽりたん美術館(ミュージアム)に。
   ああああああいやです!!絵の中に閉じ込められるうううううう!!
   子供の頃からそういうトラウマのある日本人は多いと思います。
   なんか間違った日本刀見せられました。よく聞いてなかったのでわかりませんが(聞けよ)
   多分、敵は日本にいるんじゃないかと。アメリカ来た意味は。

   せっかくアメリカに来たのだから、ハーレムなんか行ってみたりして。
   ハーレムっつっても、中東のでなくて、米国のですから。
   親切な昴さんに連れられて、ジャズバーに行ったり。
   昴さんは戦闘以外は本当に親切でいい人です。伊達に天才ではありません(関係ない)
   欠点といえば性別がわからないくらいですが(欠点か?)
   でも、ハーレムは不穏な雰囲気です。サジータ姐さんが悪い人に雇われて、
   ハーレムの人たちを苦しめているのです。自分の故郷なのに。
   いきなり逆転裁判モードには驚きましたが。
   証拠を集めて「つきつける!」ですよ。証拠集めのために、昴さんと「恋人のフリ」を
   しようとしたら、めちゃめちゃ嫌われたです。
   そりゃ普通男子が男子に手握られたら嫌ですよね、母さん。
   でも、昴さんは怒った顔も素敵デス。戦闘中のダメージ顔のカッコよさに
   思わず撃墜寸前まで放っておいてしまいそうになるほどに(酷い隊長見習)

   ハーレムの開発を阻止しようとする僕とハーレムの人たち。
   対するは、安定した生活を保障するからと戦う姐さん。
   正義か、力か。力があれば、不幸になる人はいないと力説する姐さん。
   昴さんのお力で、かなりいい感じに勝訴の雰囲気。
   そして、住民の総意は得られましたが、姐さんの切り札にやられそうになる僕。
   もう、ダメか…ダメなのか…。
   そこに、救いの手が!!!わあ、司令!!!
   「ハーレム買っちゃったv」(大富豪様)
   司令がハーレムを買ったおかげで、住人さんたちは追い出されずに済みました。
   人を幸せにするのは、正義でも力でもなくて、金。
   金なんですね、司令!!!!
   一生ついていきます、司令。

   サジータ姐さんとも和解し、星組は本格的にのんびりして来ました(戦いは?)
   昴さんとホットドックを食べに行ったり、トラブルに巻き込まれそうになって
   助けてもらったり。一度別れたのに「こんなことだろうと思った…」とか言って
   助けてくれるんですよ。いい人以外の何者でもありません。
   新しい女の子も増えました。のうみそが少なそうな女の子です。
   肩に乗せてるオコジョ?のようなペットを「もしものごはん」と呼んでる事から
   想像して欲しいです、母さん。
   多分彼女を落としたとしても、肉>僕です。
   むしろ、僕が「もしものごはん」にされてしまったら。母さん、泣いてください。
   のうみそが少なそうと言っても、判断力は劣っていません。
   「この中でしんじろーが一番弱そうだ。」
   悔しいです、母さん。当てられました(当たっているのか)

   のうみその少ないリカのために、チームワークのなんたるかを教えるために
   合宿をしました。
   女の子達とお風呂に入らない昴さん。
   でも、寝る時はサジータ姐さんに女部屋に連れて行かれました。
   どっちなんですか、昴さん。聞くと戦闘時並に激昂しそうなので聞けませんが。
   それよりも、風呂場でリカが写真を撮っていたのを後で回収しなければ(エロス)
   夜中にリカのためにホットミルクを作ってくれる昴さん、貴方素敵すぎます。
   リカが行方不明になった時にも姐さんとホットケーキ焼いて待っててくれたし。
   星組の人たちは優しいな…。アットホームというか家族のようです。
   サジータ姐さんがお父さんで、昴さんがお母さん、リカが子供。
   僕は隣の家の奥さんに横恋慕する19歳浪人生くらいの役割かもしれません…。
   昴さんに、リカと一晩過ごした事を「大河にそんな甲斐性はない」と切り捨てられました。
   もちろん、甲斐性もありません…(情けない)

   リカも仲間に入って、次は、前から公園で会ってた、鼻のつまった涙声の眼鏡っ子がメイン。
   司令を「おじさま」と呼んでます。司令34歳、眼鏡っ子19歳。
   微妙です、母さん。
   今回年齢層が高めで、僕につりあう女性はヤンキー娘くらいしかいません。
   眼鏡っ子は同い年だけども、日本人は若く見えます。
   おかっぱの昴さんは、外見は子供に見えますが、中身は成人男性です。
   なんといっても10年前から今と同じ外見ですから。(謎だ…)
   わざと半ズボンを穿いて、油断させようとしてるです。
   ああ、眼鏡っ子の話でした。話がずれました。
   身体の弱い眼鏡っ子はやる気がないことこの上なく。正直ぶん殴ってやりたいですが。
   生きる希望を与えて欲しいといわれて、見舞いに行ったです。
   仲のいい子がいいわね、とか副司令のラチェットさんに言われて
   選ばれたのが、ヤンキー掃除婦ジェミニと肉娘のリカ。仲良くありません。
   昴さんと弁護士姐さんの方がいいです。
   案の定、騒ぎは起きました。眼鏡っ子の心の友の小鳥さんが肉娘の目に留まったようです。
   常に肉のことを考えている娘っ子です。のうみそはありません。

   眼鏡っ子がショックを受けたので、めちゃめちゃ司令に怒られました。
   「あー、困った困った、大河君のせいだー」という雰囲気を醸し出しつつも、
   「わかりました、行ってきます!」つーと、「はい、イッテラッシャーイv」ですよ。
   この繰り返しですよ。萌えるじゃねーの、この野郎。(萌えるなよ)
   眼鏡っ子は身体弱いのに霊力がありすぎて、抑えきれなくて余命1年だそうです。
   そんな霊力どっかに垂れ流して来い!!つーほど。
   なんかいろいろハゲましてたら、クララが立ちました。
   多分、「クララが立った!!」がやりたいだけで車椅子に座っていたと思われます。
   その後何事もなかったかのように走り回ってましたから。
   立ったら目線がいきなり上になったので、やっぱりつりあいが取れません。
   しかも、手に持った武器は小鳥さんでした。心の友で攻撃かよ。
   なめてんのか、わりゃ。と、思ったら逆に言われました。
   「なめたらいかんぜよーーーー!!」
   なめてんのはお前だ。なんで土佐弁なんだ。
   その後、リカとの連携技でもドスの聞いた声をご披露。病弱で可憐な少女よ何処に。

   眼鏡っ子が加入で、ちょっとだけ華やかになりました。
   眼鏡っ子はしゃべり方と性格を直してもらえば可愛い子ですから(顔だけか)
   仲間が増えたのに、昴さんは不機嫌です。やたらとやつあたりします。
   「法律より大切なものは何か。」って聞かれた時に「金」と答えた男らしい僕
   理解できなくなったようです。でも、感心してくれてたのに…。
   喋るたびに信頼度が下がります。あんまり下がるんで、全ての選択肢を選んでみたら、
   全部下がりましたよ。一体どうしたらいいんですか、昴さん。
   気にしていたら、隊員達につっこまれました。好きなんだろ、うりうり、みたいな。
   「昴さんも僕も男ですよって答えたら。
   「いろいろな愛の形があってもいいと思います!!」って、
   目を輝かせて熱く語る眼鏡っ子。
   眼鏡っ子に新たな生きる希望がわいたようです。よかったです。
   でも、周りに反感を買った昴さんと決闘することになってしまいました。
   負けたら昴さんの代わりに舞台に立つのです。
   案の定負けましたが。昴さんの役が「ハーレムの踊り子」の役だと知ったのは
   ツンデレ売り子と、おっぱいウエイトレスが衣装を持ってきた後でした。
   正直………似合いすぎます、母さん。
   この時ほど、母さん似なのを感謝したことはありません。

   なぜか、ADVパートも女装のままできるのです。走り方がお嬢様っぽいです。
   アパートから出たら、眼鏡っ子に会いました。
   「大河さんのお部屋から女の子が…。」誤解されてます。
   正直に「僕は男ですよ!」と言ったら、ものすごい勢いで親密度が
   上がりました。別の誤解を与えたようです。
   もうこれだけ生きる希望を与えたら死なないと思います。
   とりあえず、せっかく女装してるんだから、男子に会っておきたいです(腐女子)
   真っ先に司令のところに向かいました。プチミントに張り合ってました。
   もうチョコミントとして二人で舞台に命をかけてもいいかもしれません。
   さらに、貿易商のところにも行きました。
   貿易商は僕だと気がつかないままナンパしてきました。しかもベタな方法で。
   叔父さんに後でチクっておくです。

   舞台は成功に終わり、昴さんも僕の女装の魅力に参ったようです。
   よかった、よかった(いいのか)
   と、思ったら不穏な雰囲気が。女性だけのパーティーで石にされたとかなんとか。
   全員女装して乗り込みますよ。いや、女性は女装とはいいませんね。
   他三名が石にされる中、僕と昴さんは無事。おとこなのかな…。
   さらに囮になってくれたり、計算のうちだとか言ったり、君のことを信じていたから
   とか昴さん萌えっぷり炸裂!!すげえ!!
   そして石になってて遅れた仲間たちに「通信くらいしろ!!」とか感情を露わにした後、
   「…もうダメかと思ったじゃないか!!」なんて涙声で言われたら。
   かーーーわーーーいーーーいーーー!!
   昴さん可愛い。どうしよう、もう男でも女でもいいやーーー(いいのか)

   6話目はとうとう掃除婦のヤンキー娘がメインでしたが。
   パッケージにもいるメインヒロインのはずが、こんなに扱いが悪くて
   いいんだろうかというくらい、扱いが悪いです。
   とうとう6話まで掃除婦やってました。戦闘に参加せずに。
   しかも、色物系統の設定ありです。どうしましょう。
   心臓が二つあるんですって。M78星雲から来たのかよ(うるとらまん)
   そして二重人格。そして尻。
   尻くらいしか褒めるところがありません…。

   まあ、僕のメインヒロインもとい、ヒーローは昴さんですから。
   舞台の稽古に付き合って、と言われておとなしく頷いたら、ヒロイン役でした。
   昴さんが好きなら、正直プチミントのまま一生を終えてもいいのかもしれません。
   ギャルゲーのデートで女装したまま終わるというのも新しいと思います。
   公園で口説かれた時は、昴さんにならあげてもいいと思いました(何を)
   成人男子のリードは侮れません。弁護士姐さんに邪魔されましたが。
   眼鏡っ子に会ったら、とうとう医学的見地から協力してくれるとか言い出す始末。
   司令、この腐女子をなんとかしてください(自分も腐女子のくせに)
   デート中に僕を放って行ってしまった昴さんを待ってたら、ナンパに会いました。
   助けて、ダーリン!!つーたら、「僕のハニーに何をする!!」ですよ。
   萌え殺す気ですか、昴さん。

   ジェミニも無事に仲間になって(割愛しすぎです)
   クリスマス公演が決定しました。さらに、僕も隊長見習いから隊長に昇格!
   え、昇進試験があるんですか。聞いてねえ。
   つか司令の「必死な大河くんって見てると飽きないから〜」発言もあり、
   やっぱわざとからかってんのか、このおっさん。
   ともかくもクリスマス公演。仲良しさんな皆。僕ちょっと仲間はずれ。
   サンタさんを知らないリカが泣けます。ああ、貧乏って辛いね。
   「サンタは食べたことないなあ〜」
   決定的に何かが違います。
   良い子にしてたらプレゼントをくれるんだよ、何が欲しい?って聞いたら。
   「牛」
   うしですか…。それは食べごたえがありそうですね…(涙)

   ともかくも、サクラ大戦恒例のクリスマスデートです!!
   昴さんのお部屋に招かれました(ホテルですが)
   テレビを見てたら、横にしなだれかかる昴さん。え、寝ちゃってる…?
   こ、ここは一発決めるのです。肩を抱いて…ち、チッスをするです…!!(やる気MAX)
   「君にしては大胆だな。」
   めっちゃ起きてました。でも、不快ではなかったようで。
   パーティーでキーホルダーをあげたら、「ホテル住まいだから必要ない」って
   がっかりしてたら、「君の家の鍵をつけて僕にくれる?」ですよ。
   この恋のかけひき野郎が!!!落として上げるか!!

   せっかくのクリスマス。ラスボスが出てくるのはやっぱりサクラ的お約束。
   敵は本能寺にあるですよ。なんでアメリカくんだりまで来て信長。
   五輪の戦士とか曼荼羅陣とかいろいろありましたが(割愛)
   今回パロディが多すぎます。ガンダムパロが特に多い。いいのか。
   ともかくも、前世の話はあまり好きではありません。
   前世は前世、今は今だろう!!
   ラスボスを倒すための五輪曼荼羅は、本来6人でやって1人が犠牲になること。
   うっかり司令に騙されて、パートナー選んじまいましたよ(内緒って言ってたのに)
   何が「人一人の命で紐育が救えれば。」だよ。
   修正してやる!!(ガンダム的に)

   皆で司令に「全員で頑張りますから!」と訴えたら、昇進試験合格ですって。
   忘れてたよ、そんなこと。
   というか、司令は僕をからかうのに命をかけてます。絶対。
   そんなにも殴られたかったのか…!(変態ですか)
   その後も、アメリカの栄光をかけて変な踊りを踊ったり、海から鯉型ミサイル
   発射したりとやりたい放題でした。
   これくらいでないと、アメリカの司令は務まらないのかもしれません。

   ラスボスの信長様は、やっぱり信長様。
   微妙に僕が狙われている気がします。信長様って確か両刀…。大至急ヤベエ。
   いつの間にか合体攻撃も出来るようになってました。
   前かららぶらぶ合体技やりすぎ感がありましたが。
   やりすぎとかもうそういうレベルではないですよ。
   何かこう、技名だけでもいろいろな想像があふれ出してくると思いますが、
   あながち間違いではないです。
   ちなみに、昴さんが攻めです。え、そんなこと聞いてませんか(聞いてません)
   使うと使用者にまでダメージを与える究極の必殺技。
   いくぜ、「禁断の放課後」!!ぐはっ(自分ダメージ)

   信長様に何のために戦うか聞かれて、「希望」だの「正義」だの上がってましたが。
   「金」ですよ、一貫して。この選択肢がないのはおかしいほどに(おかしいのはお前だ)
   最後に「金」かと思って選んだら、「命」でした。
   「禁断の放課後」のおかげで、信長様を倒し。
   多分信長様もこんな技で倒されたくなかったに違いありませんが。
   やっぱり信長様はかっちょいいや…。

   髭のおっさんにたなびきそうになりましたが、僕のヒーローは昴さん。
   昴さんを落としたらなんだか女の子っぽくなりました。
   戦闘中の鬼のようにカッコいい昴さんが一番好きなんですけどね(Mか?)
   ラストに告白したら、「ラチェットにそう言えって言われたろ。」って
   ばっちり見抜かれてました。というか、言われました。馬鹿正直だった僕…。
   最後まで昴さんの性別は謎ですが、落としたら女の子、別のキャラ狙いだと
   男の子っぽいです。もうそれでいいです(いいのか)
   エンディングでもどっちでもいい感じだし。

   ともかくも、落ち込んだりもしたけど、僕は元気です。(お約束)
   母さん、しばらく紐育から帰れそうにありません。
   摩天楼のサムライになるまでは(最高レベル)