BACK


 YO-JIN-BOプレイ感想〜MUNE-MON-SAI編


   女性陣の可愛らしさに惹かれたのと、眼鏡が落とせることに漫画版で気がついたために
   遅まきながらプレイ。ずっと敵だと思ってたー。味方なんだね。
   用心棒に守られる姫っつーのもいいですね。新しくて。
   だけども、姫CG可愛すぎるっつーか、むしろだんせいむけ?な気も…。
   風呂とか、足とかサービスしすぎですよ。
   まあ、とりあえず、プレイ感想。

   夏のある日。普通の女子高生の私こと紗依は道端で綺麗なペンダントを拾った。
   宝石は換金しにくいので拾いたくはないんですが(どういう理由だ)
   まあ、多分拾わないと話が進まないので。
   ところがこのペンダント、曰く付き。
   うわーーーー幽霊!!幽霊!!!!
   お姫様の幽霊が取り付いてて、いきなりどこかに意識が飛ばされた。

   思い出すのは、初姫の記憶。はれ?江戸時代?
   夏祭りの夜、仲良しのお供、宗重を連れてお忍びで出かけて。
   テキ屋にからまれた、というか明らかに悪いのは姫…。
   姫おきゃんにもほどがある。宗重とはいい漫才コンビだし。
   そんな時、助けてくれたのは、用、心、棒の三人+α(+α?)
   毒舌ショタと熱血と長髪美形。
   棒さんってなんだよ。普通人につけるあだ名じゃねーよ。
   椿さんでいいじゃねーのよ。凄いのか。そんなに凄い棒なのか?(何が)
   +αは肉坊主。いいぞ、肉坊主。他の三人はそんなに好みではないが、肉坊主OK!!
   攻略キャラじゃないの?え?
   「攻略キャラだと思ったのは、拙僧の妄想なのくぁ!!!」
   そうなのか!!
   って、自分で言わないでください。
   「って言うかこの人サブキャラっぽいよねー。」とか言われる肉坊主。
   姫と下僕も夫婦漫才だけども、用ちゃんと坊主も充分漫才コンビ。
   というか、会話がほとんど漫才なんですが…。
   版権ネタは棄権なのもあるぞう。さんらいずにきをつけろ!!

   どうやら、初姫お家騒動の渦中にいるらしく。
   親戚の子を擁立する一派に命を狙われてる。
   まあ、初姫見てたら、藩の将来は不安だと思いますが。(酷)
   お隣の十歳にもならない子供との縁談も進んでいるとか、姫としちゃあ
   せつないけどね。恋の一つもしようじゃねえの!!
   と、思ったけども、周りにいるのは髭のおっさんなわけで。
   祭りの日に会ったハンサムな人たち思い出されもしねえ。
   初姫の「嫁の貰い手がなければ、宗重と。」発言もありーの。
   いいんじゃねえの、髭で。全然間違ってないさ、髭で。
   乙女にあるまじき髭連呼ですいません…(ぺこりー)

   というわけで、攻略対象決定!!髭で。(早すぎです)
   とか言ってたら、対立一派の御大将と出会って。
   いやいやいや、そこでついてっちゃ駄目だろう。
   「ファッションセンスはないがいい人みたいではないか?」
   確かに酷いファッションセンス…。いやいやいや、だからそこ問題違う。
   あっさり菓子に釣られて敵の城へ(菓子か)
   案の定不穏な雰囲気に。
   宗重に連れられて逃げる時に、おんぶしてもらったり。
   あれ、この子は初姫なんだよね。主人公違うよね。
   もうなんだかすっかりいい雰囲気なんですが…。
   「初恋は宗重だった。」とかさあ。何そのときめき年の差関係。
   でも、せっかく宗重に逃がしてもらったのにもかかわらず、敵が目の前に。
   THE END。って、ええええええええええええええ!!!!!

   菓子に釣られた悲しい姫様の物語は終わり、意識は主人公紗依ちゃんへ。
   え、身体だけ初姫?頭脳は紗依、身体は初姫、その名は…名た(版権禁止令)
   しかもちょうど敵から逃げる直前の雰囲気。
   まあ、やり直し人生?初姫の無念が時空を越えて主人公の元へ来たから。
   でも、無念って、マンゴープリン20個だけぢゃ足りなかったとかかしら…。
   連邦の新型は化け物だ(がんだむネタ)
   姫と入れ替わりはよくある話だけども、入れ替わった主人公の方が姫様らしい。
   いや、異色の姫すぎるきらいはあったからなあ…。
   でも入れ替わってもやっぱりときめく宗重のおんぶ。
   いいんじゃん、もう髭で!!
   この先がどうなるかわかっているから便利なもので、姫の暗殺は失敗。
   宗重と逃げる事に。

   心配性の爺のおかげで、姫の行方は用心棒に託される事になったけども。
   ようやくここで用心棒さんたちと会えるんですか(遅すぎです)
   いや、もう遅いっつーか。姫と家来でラブラブだっつーの。
   床下で抱きとめられてドキドキだっつーの。
   さらに姫救出藩にちゃんと服着てない眼鏡追加(服というか…紐?)
   眼鏡は増えてもいいかな…
   会話全てをギャグとノリツッコミで終らせる一行の到着が遅れて、
   姫の方は床下で一晩過ごしてしまいましたよ。
   「宗重さんがいたから、絶えられるんです…ぽ。」
   とか言ってラブラブだっつーの。

   追っ手に捕まる中、ようやくヒーロー見参!!!
   熱血しかない男と毒舌子供といまだ影の薄い美形と。
   攻略対象なのかよくわからない肉坊主と攻略対象としては凶悪すぎるCGの眼鏡。
   ごめん…もう髭選んだ…。というか今までの選択肢に君たち一度たりとも
   出てきてないよね。いいの?それでいいの?
   気にしてなさそうな用心棒さんたちは、遠い世界でギャグの練習中(気にしろ)
   ないがしろにされてる…そりゃ沙依でなくても思うさ。
   まあようやく出てきた選択肢に安心しつつも、髭優先。
   ごめんなさい…。

   追っ手を撒きつつ、ここいらでちょいと一休み。
   え、露天風呂?そりゃ傷を癒すのに好都合。
   ほえーと入っていたら。
   そういえば、男子の面々はどうしたろう(ふいに思い出すな)
   ちょっと覗いてみる OR 覗かない。
   ああっ、身体が勝手に風呂場の方へ…(違うゲームです)
   というか、乙女ゲームで風呂覗きありですか。というか、むしろ女子の風呂を覗こうという
   気概のある若者は一人もいやしねえ!!紳士!!紳士!!
   ま、淑女ではない私は遠慮なく覗かせて貰います。まあ、髭を(髭か)
   すげーーーーーーー、肉。
   他に表現方法が見当たらないほどに、いやらしい肉まみれ。
   髭と坊主の肉祭りですよ。どうしよう。お嫁にいけない…(その前に覗いた時点でOUT)
   風呂を上がるのを待っていてくれた追っ手の人たちと再見。
   一人間に合わなかった人が。熱血野郎可愛いな。いいからズボン履け。

   ともかくも、ここで一旦チーム分け。囮チームとしんがりチーム&姫護衛。
   どうする、と言われたら、そりゃ髭を選ぶさ(首尾一貫)
   だけども、何故かGAMEOVER。え、どれを選んでもGAMEOVERなんですが!!
   ちょっと待てやコラァ!!
   遡って逆に選択肢を選んでいたら。そっか、結構ひとつの選択肢間違えただけで
   GAMEOVERなのか。というか、GAMEOVER多すぎだ。
   むしろ風呂のイベントも重要選択肢か。
   運命のフロイデならぬ、運命の風呂イベ?
   (山田君座布団全部持ってっちゃいなさい)

   ともかくも、チーム分けまでなんとか進み。
   場をなごませてくれてるんだか、いつも単にそうなのか、楽しげな人たちと
   ここでお別れ。ついてくるのは、髭と熱血君。
   どういうチーム分けなんだろう。坊主と肉坊主はなんとなくわかる。コンビだ、ここ。
   眼鏡と長髪美形の間に会話はあるのだろうか(なさそう)
   モチベーションが上がらない、つーので眼鏡の頬にチッスを。
   え、チッス!?
   凍る眼鏡。いや、君、可愛すぎるよ。
   髭はめちゃめちゃ拗ねるし。君そういうキャラだっけ?
   熱血君がいい味を出しつつ、二人の仲を取り持ってくれるのだか邪魔してくれるんだか。
   ところで、時代劇的に蝮の毒吸出しは基本ですか。

   足を噛まれてしまったので、ここらで一泊。
   腕枕してくれる髭がかっちょいいよう!!見張りをしてくれてる心さんにゃ悪いけど。
   でも「不埒な気持ちになったら合図して下さいね。」つーてたら、言葉では何も
   言ってなかったくせに、CGではしっかり合図してる辺り、髭たまらねえ!!
   油断してたら、いつの間にか敵に囲まれていて(いつも油断しすぎです)
   ここでまたチーム分断?そりゃ髭についてくだろうさ。ここまで来たら。
   「その代わり城についたらチュウな。」って心さん。眼鏡にチッスしたこと未だに覚えてたんだ。
   「姫がいいならいいですけど〜。」って拗ねる髭が大人気ないな!

   二人で逃げる事になったけども、二人きりはそれはそれで気まずい。
   「宗重さんは好きな人はいないんですか…。」
   逃亡中に聞くことではないかもしれないけれども、乙女的には最重要ですよ。
   嫁の貰い手がなければ、宗重に〜なんて簡単に言うな、って。珍しく怒ってる?
   大人をからかうものではありませんよ、なーんて。
   どうにも身分の差が邪魔をしてる。うう、じれったい(でもそこが萌え)
   ようやく街道に出たと思ったら、別の追っ手が。敵の大将の弟だけども、姫の顔は
   知らないらしい。
   筑波宗重の妻ですの、ほほほ…。とごまかそうとしてもどうにも信じてくれない。
   年の差がありすぎるって。ええい、愛に年も身分も関係ないわあ!!
   と、力説するとひるむ宗重さん。おめーがひるんでどうするよ。
   でも、とりあえず、力で押しのけました。髭カッコいいーー!!

   無事に城に着きました。って、用心棒さんたちと会ってから1日しか経ってない
   気がするんだけども、もう着いちゃっていいの?
   着いたらお役御免、宗重さんともお別れ。いいの?それでいいの?
   大きい背中、逞しい腕枕、優しい眼差し、オヤジギャグ…(最後のは)
   なんて考えながらゆっくり風呂から上がったら、外に敵の大将が。
   相変わらず着替えるまで待っててくれる人たちだなあ…。
   まあ、姫の入浴中に入ってきたらそれはそれで変態の汚名が。
   攫われた姫を追って、宗重さんも天守閣へ。
   「その娘は姫ではない。」
   え、知ってたんだ!というか、気がつかない方がおかしいって。
   「姫の運命を変える為に未来から来てくださってありがとうございます。」
   ………強制的に連れて来られたんですが。あなたの姫に。

   ともかくも、敵をつきとばして九死に一生を。
   「あんなうだつの上がらない男の何処がいいのだ!!」って(ひどいや)
   彼との想い出が走馬灯のように思い出される。
   「秘密基地とドリルは男のロマン。」「ロマンとマロンは一字違いで大違い。」
   なんだこれ…(髭との素敵な思い出ですよ)
   あまりのせつなさに涙が出そうです。
   敵の大将は天守閣に爆薬をしかけてたらしく、衝撃で落ちそうに。
   手を離してください、宗重さん、あなたまで…。
   「手を離せというなら、笑えないオヤジギャグ50個追加する!!」
   いやーーーー!!それは嫌ーーーー!!
   オヤジギャグさえなければもっと素敵なのに…。
   でもその後の告白が物凄い萌えたので、よしとする。

   天守閣で絶体絶命の中、光るペンダント。あれ?初姫?
   「いいから飛べ。」
   ようやく出てきたと思ったら、無茶苦茶だーーー!!
   YOU CAN FLY? I CAN FLY!!!(ピンポンパロか)
   「もし死んでも一緒に天国にいけるよう手を離すな。」
   ときめくおっさんだなあ…v
   無事にお堀に落っこちて。助かったーーー!(助からないと困ります)
   宗重さんが、ペンダントをよく見せてくれないか、って。お姫様だしな。
   はい、と渡したら、ぽーいっと(笑)
   「これで邪魔者はいなくなった。」おいおい、主君に向かって。
   邪魔者がいなくなったので、遠慮なく。らぶらぶーv

   用心棒さんたちも無事帰ってきて。
   心さん、チッスの約束でしたね。え、皆とは約束してませんって。
   でも、ごめんなさい、髭と出来上がっちゃいましたーーーvv
   彼に相談しないとぉvきゃっきゃっv(心さん哀れ)
   もともと、1日で用心棒に惚れたり惚れられたりするのも早すぎる気が。
   というか、宗重さんも会って2日くらいしか経ってませんが(いいのか)
   展開が早すぎだー。姫が城に着いたら終わりなのかー。
   「別れたくないのであろう?」あ、初姫…。
   今入れ替わらなければ一生このまま、それでもいいのか?って。
   いいです、髭くれるんならどっちでも。(いいんだ)
   「よっしゃー!!おっけーーー!!」って、あれ?軽いノリ。
   人の身体使って勝手に遊んでたって。アイドルのオーディションも受けたって。
   なんだか楽しそうッスね…。というか初姫現代の方が合ってるんですね…。
   身体の持ち主の許可を得たのでこのままで。
   殿も家臣との結婚を許してくれて。まあ、初姫が脅したんですが…。
   らぶらぶなまま、お殿様になる宗重さん。
   めっちゃHAPPYENDだコレ。
   でも、どっちかというと、あらるごんよりも髷の方が好みです。

   凄い勢いでラブラブEND。短いけども、萌えツボはついてくる。
   だけども他のメンツはどうなのか。一体いつ好きになってもらえるのか(1日で)
   まあ、会って1日といえども姫様モテモテ。
   女日照りの中に美女が一人だからなあ…。そりゃモテるさ。
   眼鏡も落としてみたけども、愛に飢えすぎ可愛すぎ。
   どの辺が人殺しなんだろう。可愛いじゃねーの。
   さらに肉坊主。も、萌えるーーーー!!
   油断ならねえ肉坊主。用ちゃん可愛がってるところとかたまらんです。
   さらに皆に祝福されるENDが、髭と肉坊主のみなのか?ちゃんとおよめさんv
   他は逃亡系ですよ。意外と肉坊主いいとこのぼっちゃんなのかしら?
   まあ、金銭面で不自由はなさそうなENDでしたが。モンモンの名前に理由が…。
   肉坊主は、現世強制送還ENDでも萌える。いい人だ、あんた…。
   初姫はちゃっかり宗重と結婚してるし。貰い手なかったんだ。(酷)
   じゃなくて、髭でいいんじゃないか、姫も。

   と、気がついたら、用心棒以外の人を落としてました(駄目だろう)
   YO-JIN-BOじゃないよ。MUNE-MON-SAIだよ。漢字で書いたら胸揉祭だよ(やな変換)
   だって、好みのタイプが主人公タイプでもショタでも美形でもないんだも。
   棒さんはもっと性格の方を押し出してくれてたらなあ…(空想科学ヲタク)
   あと、エンディングと戦闘シーンのBGMがキャラクターごとにあるのが凄い。
   MUNESHIGE取れねえ、MUNESHIGE。
   というわけで、髭とかおっさんとか筋肉とか大好きな乙女達にはおすすめのゲーム(少数だ)
   短いけどね…。
   まあ、版権ギャグよりも普通のギャグの方が退かなくていいな…。