BACK


 桜坂一丁目一番地プレイ感想〜精神病棟管理人編


   ゆにこーんBのゲームは、眼鏡が萌えキャラが多いので好きです。
   でも、近親系はカンベンだー。
   眼鏡と近親系とお約束が多い系統のゲーム会社だよなあ…。
   まあ、そんなわけで、ゲーム感想。

   主人公・幹は、小さい頃に母を亡くして、ばーちゃんところに住んでいたけれども、
   心無い親戚のせいで、もらわれていくことに。
   何故ばーちゃんじゃダメだったんだ。経済的問題なのか、それとも他の何かか。
   何処にも行かせないって言ってくれてた近所のおにいちゃんにも約束を破られて、
   二重のショックですっかり心を閉ざした子供になってしまいました。
   いやもうちょっと、前向きに生きようよ…。
   決して悪い両親ではないと思うんだけども、無理に養子にした負い目が
   あるのか、いまいちなじめない、って。
   そこまでなら、無理にばーちゃんとこから離れなくても…。
   ツッコミ所はいろいろあれど、なんとか無事18禁ゲームに出られるくらいまで
   成長した日(いくつでしょう)
   そんなある日、作業着を着た眼鏡のおっさんが、やってきた。
   従兄弟?え?そんな人がいるんだ。というか、ばーさんが亡くなったので
   土地を相続しろと。でも、相続税が払えないから、今の土地にある
   下宿を壊してマンション建てて元を取ろうと。
   今の住人追い出すのか…嫌な役目だ…。
   従兄弟の辰川さんは悪い人ではなさそうだけれども。
   というか眼鏡だし。眼鏡全面信頼(するな)

   ともかくも、追い出す住人にご挨拶ー。
   怒りっぽい松丘さんと、ほややんマドカさんと、変なガイジンレイ。
   松丘さん、いいな。たまらんな。こういう人を思うさま押し倒したい…。
   じゃなくて、主人公総受なのかなー(総受けでしょう)
   追い出す住人も悪い人ではなさそうだけども、妙に頑固。
   何故そんなにこの安全性に問題が出てきている下宿に固執する…。
   桜の木の下で寝ている変な占い師も加わって、謎の下宿だ。
   一応全員に立ち退き命令を出すために順繰りに話しつつ。
   何故か辰川さんだけイベントが起きるんですが…。
   あれか?わしが眼鏡力に引きつけられているせいか?
   辰川さん甘いなー。甘々だぜ。心配性だぜ。
   「君の顔が見られないと心配で…」といいつつ毎日下宿に顔を出すあたり、
   多分しょたこんなんだと思う(酷)。いやん、ダメなおっさん。
   そんなダメなおっさんに見守られつつ、数日後。
   祖母の手紙を見つけて、真意を知ることに。
   ばーちゃん、下宿は残しておきたいんだ!
   俺がなんとかしないと!!
   ボクはここにいてもいいんだ!!(おめでとう)
   というわけで、下宿は存続、住民たちとも仲良く、居場所を見つけて
   楽しく暮らすことになりました。おしまい。

   あれえ?
   展開はえええええええ!!!!!住民達と3回くらいしか話してねえ。
   あれだけ辰川さんが出てきて、どうしてそうなるの。
   というか、18禁ゲームじゃ…。あれえ?
   セーブからやりなおしたら、ちゃんと辰川さんルートになった。
   ああ、よかった…。
   まあ、男全員がきゃわきゃわ言いながら呑気に暮らしてる生活も
   なんだか楽しそうですが。というかそういう方が好きかも…。
   辰川さんもいつもどおり遊びにきてくれるし、いっそこのまま…。
   まあ、18禁ゲームの醍醐味はないですがね。

   というわけで辰川さんルート。
   ものすごい世話焼きの辰川さんは、ことあるごとに下宿に顔を出してきて。
   お花がお土産ですか。たべものがいいです(わがまま)
   世話焼きはいいけども、心配性にもほどがある。
   屋根に登ったくらいでめちゃめちゃ怒られるし。姫扱いはしないでくれよー。
   飛び出した家の外、いつの間にやら、見知らぬところへ。
   というか、知っている…?(デジャヴ?)
   たしか、おにいちゃんと別れた…。昔の事を思い出して頭が痛くなっていたら、
   辰川さんがやってきた。
   側にいてくれる辰川さんは本当に心の底から幹のことを心配してくれてて。
   ああ、辰川さんがおにいちゃんだったらいいのになあ…。
   他に年齢的に該当しそうな人が、白っぽいユーレイみたいな兄さんしかいないからなあ…。

   下宿の皆と仲良くなるに連れて、段々と辛くなる。
   下宿人は辰川さんが来ると嫌な顔するし。追い出し派の急先鋒ですから。
   辰川さんを取るか、下宿人を取るか…。
   「俺が君を苦しめているな…」
   辛そうに言う辰川さん。そんなことを言ったら、手を離したくなくなってしまうでは
   ないですか。
   とりあえず、辰川さんがおにいちゃんかどうか確かめてみる。
   と言っても、直接聞くしかないんですが。
   いままでうやむやな答えをしていたのは、約束を守れなかったのを悔いてたらしい。
   周りの親戚から目の届かないところに連れて逃げようと思ってたって。
   待て。
   未成年の親戚と言えども、幼稚園児を攫って逃げたら犯罪ですよ。
   「大人になって、君を守れるようになったら、迎えに行こうと決めてた」って。
   辰川さんは多分どころか、しょたこん以外の何者でもありませんでした。
   うん、年齢が問題なわけではなく「幹君が好きで可愛くてたまらん」みたいなので
   まあ、許すとする。
   眼鏡スキー的には満足ですが、ちょっとHは薄めだなー。
   H前のやりとりとかたまらんですが。ちょっといぢわるな辰川さんがたまらん。
   でも、アナザーENDは無理に入れなくてもいいかなー。
   いままであんなにいい人だったのにさー。まあ、しょたこんだけどもさあ…(こだわる)

   ところで、他のキャラも落としてみましたが。
   ここは精神病棟か?何故に、二重人格が二人もいるんだ。
   マドカさんと晃は、ルート外できゃわきゃわやってた方が好きだなー。
   意外と、精神的に落ち着いているのが、変なヲタク外人だけだというのがむしろ凄い。
   レイのアナザーENDはせつないなあ…(涙)
   スオウさんにも驚きましたが。てっきり人外のモノかと思ってましたが、
   お前さん、素でユーレイみたいなんかよ。
   普段着似合わねえええええ!!!!!
   せめて、もっと色がついて帰ってきてくれればなあ…。

   ともかくも、ちょっと短めだけども、真ENDの仲良しきゃわきゃわとか、
   ちょっとしんみりさせたり、辰川さんルートの甘々具合とか満足です。
   やっぱ、眼鏡イイ!