BACK


 乙女的恋革命☆ラブレボ!!プレイ感想〜みにくいあひるの子編


   乙女ゲームもテンプレートが決まってきて、食傷気味かなーと思ったところに、
   主人公が0.1tという衝撃。
   ありえない…。そりゃ最初から攻略対象もヒクわ。
   むしろ、ツンデレ属性が好きな人のために、最初から嫌われまくるのか?
   つよれぼ?以下、プレイ感想。

   幼い頃は美少女だったにもかかわらず、ついつい食べ過ぎて100kgになってしまった
   私こと主人公桜川ヒトミ。ついついで、100kgか…。
   途中で気づこうよ。周囲に注意してくれる人もいないのかよ。
   「お前は何してても可愛いけど、食べてる時の顔が一番可愛いv」
   とか言い出す超シスコンの兄貴にも原因の一環はあり。
   まあ、他人のせいにしてはいけない。これ以上この醜態を世間に晒すわけにはいきません。
   速攻ダイエットさせろお!!
   って、まだOPも始まってませんが。
   父が経営しているマンションに、いきなりイケメンが5人もやってきた!!うお。
   すいません、醜態晒したくないので、出たくありません。
   といっても、ヒトミは全然気にしてないので、ご挨拶。
   「邪魔だ。幅取るな」
   「君、痩せてるとはいえないけど、個性的だね」
   「すげえ…そのサイズの制服ってあるんだ…」
   「君…(濁)
   ええい、全員そこへ直れ。叩き切る!!
   でも、一人だけやたらとフレンドリーな子が。後輩のそーた君。まあ、可愛い。
   可愛いけども、私、ショタじゃないの。むしろ君、デブせ…いやなにげふげふ。

   さすがに、これだけひどい扱いを受けて、ようやく現状を把握するに至りました(遅)
   親切な幼なじみの子とか親切な友人連は、元気ないので心配してくれるけども。
   うん…朝御飯三杯しかおかわりできなかったんだ…(しか?)
   誰かツッコメよ。ボケ属性ばっかりかよ。
   もっとキツイ友人連ならばここまで酷い体型にはならなかった気もしますが。
   幼なじみは付き合って一緒に太ってしまった始末。
   先生はちゃんとツッコミ入れてくれましたが。生徒にでこぴん…。
   ともかくも、お兄ちゃんも熱血指導で付き合ってくれるというので、
   ダイエット開始。
   なによりも、ステータス画面の0.1tのシルエット画像が衝撃的だ…。
   「どうにかしなければならない」という現実を突きつけられる気分です。
   結構やることがたくさんあるなー。
   真剣にやっていたら、また、コルダ同様ネオロマンス部分を忘れるところでした。
   一度にいろんなことが出来ないタイプなの…。

   ダイエットに励んでいると、全然イベントも起きないし、あのイケメン5人組も全く音沙汰がない。
   どうしたんだー。何が悪いんだー。
   と、思ったら、よく見たら「遊びに行く」コマンドがあるではないですか(気付くのが遅い)
   ああ、0.1tの女のところに、イケメン男子が好んで来るわけが無いのです。
   自分で行かないと。
   まあ、とりあえず、親切な幼なじみのところへ。
   だって、イケメン軍団あんまり好みじゃないし。幼なじみ眼鏡だし(眼鏡スキー)
   第一、幼なじみは太ってようが痩せてようが「ヒトミちゃん大好きv」って
   感じだしな。外見で人を見ないいい子だよ。
   しかも、ヒトミに付き合ってて太ってしまったと言う呑気君。
   一緒にダイエットしてくれるってー。
   自分だけ辛い思いをして痩せた挙句に、エエとこ取りだけされてはたまらん。
   イケメン軍団は、痩せた暁に声をかけて来たら、速攻振るね!(彼らのせいでは)
   今のところ、恐ろしいほどに誰も出てこないし。そーた君は出てくるけど。

   4月のある日、謎のロマンス親父がやってきた。
   新しい住人?転校生?おお!めーがーね!!
   ちょっと眼鏡に心揺れつつも、幼なじみの透君目当てに休日はマンションの部屋へ。
   えへーvお話してもよいかしらーv
   「原稿の締め切りがあって…」
   おいおいおい。今頃やっても、ゴールデンウイーク合わせに間に合うかどうか。
   そういう問題でもないけれども、「原稿>好きな幼なじみ」でいいのかよ。
   このヲタクが!!
   誕生日プレゼントは美少女シミュレーションゲームとかでいいかーと思ってたら、
   「僕の好きなのはロボット系だよう…」ですって。
   私が、誠心誠意心をこめて、怪しげなアイテム屋から買おうと思っていたものに
   なにかご不満が(攻略対象に渡すプレゼントか)
   ともかくも、全然男子勢が振り向きそうにないので、ダイエットに力を入れる。
   1ヶ月なんてあっと言う間だー。
   ふと机の上に見慣れないものが。
   「月間俺の妹」
   ものすごいセンスだ…。
   ともかくも、今のままでは全員「無理」
   いっそわかりやすい…。
   でも、お兄ちゃん、手伝ってくれるとか言った割に、こんなストーカーじみた
   冊子を作るだけで姿を現さないのですが。
   いや、姿を現さないのは、お兄ちゃんだけでなく他の全員ですが。

   数ヶ月ぶりにようやく姿を現したお兄ちゃん。
   「ごめんなー、夏休みの旅行一緒に行けないんだー」ですって。
   それだけかよ。
   いや、一緒に住んでいるはずのお兄ちゃん。会わないにもほどがある。
   ともかくも、夏休みの旅行はダメだって。保護者がいないとダメ?
   いや、誰か頼りになる人がいれば…。とーる君頼りになるかなあ…(微妙)
   ヒトミちゃんのためなら、えんやこらな透君に頼んだら、付き合ってくれることに。
   で、友人のショートの子と、巨乳のちびうさちゃんと4人でバリに行く事に。
   バリだとおおおおお!!!
   高校生がなめとんのか。高校生は田舎のおじいちゃんちでがまんしとけよ。
   お兄ちゃんよく許してくれたな。過保護のくせに。
   よく考えると透君ハーレムのような気がするけれども、友人連は透君がいい子だとは
   知っていても対象外なので、安全と言えば安全…。
   でも、普通攻略対象のためのハーレムじゃなくて、主人公ハーレム作らないか?(ちょっと疑問)

   ともかくもバリですよ。青い海、開放的な空間。
   そして隣には、出っ腹の男子。ああ、透君いい子だけども、夏は暑いよ…。
   開放的な空間で、遊んだりお買い物したり。
   土産物屋さんで見つけたネックレス。買わなかったのはお金がないからじゃない。
   本当は、くびにとどかないから…(泣)
   いいもん、いつかあの可愛いネックレスが届くくらいの首周りに(大泣)
   そんな時、透君が別行動を取りたがり。便所か?気づかないでごめんよ。
   そうではなくて、何か気になるものがあるって。
   も、もしかして、こっそりあのネックレス買ってくれるんだったりして。
   やだもう、この子ったらシャイなあんちくしょうなんだから!
   でも、ついて行っていいというので、ついていくことに。
   「ああっ、やっぱり!」
   なにがだ。
   「5年前に製造中止になったフィギュア!」
   テメエ、殴るぞ。
   そんな拳の震えを乙女的防波堤で抑えつつ、楽しそうな透君にちょっと和んだ。

   旅行中でもダイエットに励んでたり、体育祭で一生懸命走ったりと、
   努力の鏡のような透君。私もがんばらなくっちゃー!(いまさらですが)
   そんな中、透君から衝撃の告白が。
   え、お父さんが漫画家でお母さんがコスプレイヤーなの!?
   ああ、すいません、すいません。そっちじゃなくて。
   お父さんの漫画がアメリカで映画化されて、透君もお手伝いにアメリカに行くって。
   ええええええ!!!!!
   将来の夢を語る努力家の透君の邪魔をするわけにはいかず、泣く泣く見送る事に。
   ああ、攻略対象に逃げられたー。
   これから何をしたらいいのー(多分、ダイエット)
   いまから他の対象をあたるのもなんだか気分が良くないし。
   ダイエットに励もう…。もうかなり痩せてしまっているのですが。
   というか、日曜日に攻略対象のところに行かなければ、本当にダイエットしかすることがない。
   勉強も透君の秘密兵器みたいなので、凄い上がったし。
   むしろ、勉強上げてもテストの成績に全然影響がないのはこれいかに。
   というか、テストと部活の意味がわからなくなるほどに、意味がない。
   攻略対象いないと、ただの作業ゲーだよ…。

   それから数ヶ月後のある日。家にお客さんが。
   金髪のさわやか美少年が微笑んで立ってたりして。
   誰。
   やけに馴れ馴れしいし。ただの美少年は好みじゃないんだけどなあ…(どういう好みだ)
   「僕だよ、透だよ」
   え。
   「向こうに行って風邪ひいて、ものが食べられなくて痩せちゃったんだー」
   う、うらぎりものおおおおお!!!!!
   人が真剣にダイエットに励んでるにもかかわらず、そんな努力もせずに痩せるなんて。
   いや、許せないのはそこではなく。
   なによりも先に聞きたいのは、私もヒトミも同じらしく。
   眼鏡はどうしたのよ、眼鏡は。
   「うん、壊しちゃって、コンタクトにしちゃったんだ」
   お前は、眼鏡の大切さが、全然わかってない!
   眼鏡をかけてないことを「裸眼」って言うじゃないのさ。
   つまり、眼鏡をかけてないのは、「裸」なんだよ「ら」!!!
   百歩譲って、痩せたのは勘弁してやろう。裸で帰ってきたのは許さん!!
   みにくいあひるの子が裸の王子様になったよ…(泣)

   そんなことを言ってもらちもあかず。
   美少年に生まれ変わったあひるの子は、帰国以来モテモテに。
   中身は同じ透君なんだけども。お前らいままで相手にしてなかったじゃないのよさ。
   第一、私もダイエットに成功して、すっかり痩せたのに、あまりそういう扱いは
   されていないし。
   透君と公園デートしていた時、シーソーに乗ろうとして、「僕の方が重かった時は…」
   みたいなことを言い出しやがるし。お前、45キロ以下なのかよ!?
   微妙なところで、作りが甘いぜ。
   なによりも、通常デートとか会話とかが全然萌えさせてくれるところがない。
   イベントは萌えるんだけどね…。
   デートは後半は全部スキップしてもいいくらい同じ繰り返しだったよ。

   まあ、多少変わった事と言えば、他の攻略男子も声をかけてくるようになったくらい。
   イケメン5(ファイブ)の赤い髪の子が同じクラスだということに初めて気がついたよ。
   それまで空気のような存在だったからなー。そーた君と転校生は割と出てきたけど。
   ステータスでもイベントが起こるのね。
   でももう遅い。生まれ変わった私を迎えに来てくれる王子様はもう決まってるのよー。
   裸(ら)だけどな…。
   クリスマスだの初詣だのバレンタインだのこなしつつ。
   クリスマスの夜、透君がくれたプレゼント。あの、バリ島のネックレス…。
   「みんなが見てない時に、こっそり買っておいたんだ…」
   可愛いことするじゃねえの、この野郎!
   いや、物を貰ったからではありませんが、いい子じゃねえかよ!!
   今こそお返しのプレゼントに、「美少女格闘ゲーム」を…(ないよ)

   特にたいした問題も発生しないまま、卒業式を迎えてしまいました。
   まわりにちやほやされて、なんだか違うと思ってたらしい透君。
   太っていても痩せていても、僕はヒトミちゃんが好きだよ、って。
   うん…私も眼鏡があってもなくても透君が好きだよ…(こだわる)
   もちろん、ヒトミだって痩せていた方が可愛いように、透君だって眼鏡があった方が
   より良いとは思うけどね。
   そこまで眼鏡にこだわる私が、落とさないわけが無い転校生。
   ロン毛でボケ属性なのが気になりますが、声が石田氏と言うのはかなり評価高。
   だけれども、休みの日にお部屋を訪ねた時。ラフな格好の転校生を見て、一言。
   お前は、眼鏡の大切さが、全然わかってない!(もういい)
   うらぎりもの!休みの日は眼鏡してないってどういうことだよ!!
   休みの日のデートは全然萌えません。さらに転校生は通常イベントですら萌えない。
   なんというか、私の好みではありませんでした。
   というか、眼鏡を軽視することは万死に値します。

   あまりにも眼鏡に打撃をうけたので、とりあえず、イケメン5から一人チョイス(最初からそうしろ)
   またYO-JIN-BOのように、メインを無視するところでした。
   王子系パス、ショタパス、元気系パス。となると、非元気系か、ヤクザか。
   途中あやしげな問屋で出会ったヤクザが可愛かったので、ヤクザに決定!
   いや…ヤクザヤクザ言ってますが、彼本人に非はありません(念のため)
   普通に可愛いなあ!こういうツッパリ系だけども、女性が苦手そうなタイプは
   かまいたいよ。可愛いよ。なでくりまわしたいよ。
   そして、イベントも可愛かった。ヤクザの跡目を継ぎたくない若。
   ケーキ屋さんになりたいんだってさ。そういうギャップに乙女的なソレは弱いさ!
   ラストにもやられましたが。ケーキ万歳!!

   どちらかというと、イベント少なめで作業ゲームになる傾向はありますが、
   萌え所はおさえてあります。でも、ちょっとメンタル系の悩みが多いのか?
   通常デートの萌えないっぷりにはどうにかならなかったのか…。
   彼氏ゲットよりもなによりも「0.1tでいたくない」意志の方が強く感じられたゲームでした。
   「明日から、私もダイエットしようかなあ…」と思わせるところがなんとも。
   あくまでも、明日から
(あすなろ物語)。