BACK


 遙かなる時空の中で3十六夜記プレイ感想〜明日のナージャ編


   はるとき3があれば、MIXJOYができる触れ込みで、プレイ開始。
   MIXJOYめんどい。めっちゃめんどい。
   基本のストーリーはあまりかわらず、エンディングが増えたくらいで、あんまり変化ない。
   ただ、衣装がいきなり変わるのはびっくりだよ。
   エプロンドレスの君とか(九郎…)
   まあ、白龍の股間に龍の顔がついてたり、譲君が体操着じゃなくなったのは良しとする。
   むしろ、割烹着の君であれ、譲。
   他の八葉はほとんど流れに変わりがないので、新ルートプレイ。
   新しく追加された「平泉ルート」。
   入り方がよくわからないけれども、攻め方を変えたらルートに入ってたー。
   まずは、九郎の十六夜END狙いで。

  源九郎義経編

   いつもは熊野にヒノエ君に会いに行くけれども、早めにお仲間になっているので、
   熊野ルートが比較的早い。
   熊野長いんだもん…。遁甲なかったら進みたくなくなるくらいに。
   (注:遁甲=ドラクエにおけるトヘロス。弱い敵に会わなくなる)
   色ボケたおっさん(法皇様です)が怨霊に騙されてるので、邪魔する事に。
   策とは言え、キャッキャと水遊びをしだす策士様が可愛い。お前本当に25歳か。
   なんかヒノエ君と同級生くらいに見えるんだけども。
   色ボケを納得させて、熊野が終ったらいきなり壇ノ浦?展開早いなあ!
   壇ノ浦では恒例の、ももりん(平知盛)との涙の別れがあるけれども。
   もう何度戦った事か…。ももりん戦うとヨロコブしな。速攻で倒したらもっとヨロコブしな。
   あれか、Mの人なのか。(むしろSの人)

   いつもどおり壇ノ浦の戦いを終えて、さー、ラストかーと思ったらいきなり裏切りが。
   景時…。テメエ、いい度胸じゃねーかよ。
   頼朝様にはさからえない、っていっつもそれじゃねーかよ。
   妹の朔ちゃんは涙ながらについてきてくれたけど。もう、うちの地白虎は朔ちゃんでいいや。
   やる気のない子はうちの子八葉とは認めません。
   はい、玉回収、玉回収。
   玉も回収したので、Let's奥州平泉。めずらしく将臣もついてきた。
   ヒノエ君は戦線離脱?ヒノエ君もアニキーズ(将臣&景時)と同様
   いないことが多いけれども、やる気があるので、うちの子として認めます。
   って、ちょっと待った!遁甲使えるキャラがいねえ!!
   もうMIXJOY祭りで神子様最強なんです。雑魚と戦ってるヒマなどないのです。
   遁甲があれば、雑魚と戦う事がないのに…。
   景時め!!(遁甲>景時なのか)

   流れ流れて、平泉へ。謎の人が迎えにきてくれたけども、も・ももりん…?
   ももりんを数百倍穏やかな感じにして、丁寧語を話す下僕の人だよ。
   銀さんですか。
   なんか前にいっぺん会った気がするけれども、もんのすごい遠い記憶なので
   よく覚えてないや、ははは…。
   なんか「十六夜の君」とか葉が浮くセリフを言ってた人か?
   「明日会うかもー」とか記憶の時間軸がエエ加減なので、思い出せません。
   平泉のおっちゃん(藤原秀衡)はとてもいい人で、タダ飯を食わせてくれるそうです。
   いいひとだー。
   優しいおっちゃんと、怖い兄さんに囲まれて、幸せに暮そうかと思ったけれども
   やっぱり心に残るのは、景時。
   もういいよ、あのへタレ兄のことは。
   なんかさー、将臣は知らずに裏切ってるけども、本人の意思明確じゃん?
   むしろ、弁慶とか裏切ってナンボって感じするじゃん?(そんなことはない)
   景時兄さん、ただヘタレなんだもん。それが許すまじ。

   戦い終わって日が暮れて。結局、景時兄さんは敵陣のまま終了。後味悪いなあ…。
   ともかくも、日本にいられないので、逃亡する事に。
   いきなり海外ですかーー!まあ、そういう説もあるけどね(成吉思汁)
   って、ちょっとまて。九郎と二人愛の逃避行なのかと思ったら、皆ついて来てる。
   二人きりにさせてあげて…。
   というか、銀までついてきたよ。お前さん、ご主人様いいのかい。
   「主の最後の命令です」
   体よく追い払われたな…。
   でも、ラストの騎馬民族衣装が可愛かったので許す。みつあみ神子様萌えるーv
   え、九郎はいつもどおり、もしゃもしゃしてたよ…。毛が(毛か)

  銀編

   九郎十六夜ENDを見たので、銀ルート突入。
   滅私奉公という言葉が良く似合う、下僕の人ですが。
   記憶喪失で最近拾われたらしい。ももりんが投身自殺した後に…か?
   思い出すのは、あの人の顔。
   クッと口角を吊り上げて、人を見下したように笑う素敵な笑顔。
   毎回毎回戦ってるうちに、拳と拳でわかりあっちゃったみたいな関係。
   いやいやいや、あの人とはどうみても似てないよ。よく見ようよ、神子様。
   毛の色くらいしか同じじゃないよ。
   わんこの飼い主は藤原泰衡氏。なんか全体的に黒い。
   悪い人ではなさそうだけども、ネーミングセンスがない。全くない。
   拾ったわんこが金だから、銀なのか…。
   下僕の人は、普段おとなしいのに、戦闘モーションめっちゃ派手。
   なぜ1回転する必要性が…?

   でも、下僕属性は嫌いではないので、仲良くなる事に。
   寺とか寺とか案内してくれて。京も鎌倉も平泉も寺ばっかりだ。
   思い出せなくても過去に過ちを犯して、それを後悔して生きているらしい。
   ももりんだったら「後悔」なんて言葉は似合わないにもほどがあるよ。
   オーラスの戦いには勝ったけども、銀が壊れた…。
   「御心のままに」しか言わなくなった…。
   神子様を愛してるとしか、言ってなかったけども、短期間でそんなにも
   エエ事したかしらん…?
   悲しいので絆の関を越えるため、やってきたきた京の六波羅。
   ああ、やっぱ過去に会ってた十六夜の君でしたか(逆です)
   平重衡とか言われても歴史に疎いのでよくわからんです。
   豆辞典で素性を知ってびっくりだ。と、驚くほどの境遇でもないけれど。
   というか、豆辞典でしか素性が明らかにされてない気がするが。
   え、歴史に疎くない人は普通にわかるのかしら?豆辞典重要すぎ。
   むしろ、宴でおだやかに話してるのがあのオカマ、じゃなくて、平惟盛だってことに
   びっくりしたよ。花差してるだけの変な人だと思ってたから。

   源氏との戦いで失敗して、捕らえられた時に、変なものをつけられたらしく、
   呪い発動。そうか、これがあったから前回壊れたんだ。
   でも、結構主人には従順。泰衡が死ねと言えば死ぬ。やめてー。
   泰衡には泰衡の正義があって、どうあっても平泉を戦場にはしたくないらしい。
   国の主としては正しい。でも、人非人ではある。
   尊属殺人はいかんですよ…。
   神子様の力を利用するために、逆鱗も取られちゃったし。
   それでも、銀は来てくれたよ。あんたいいわんこだよ。
   塔の上にたどり着くまでものすごい時間かかったけどな。というか一人で戦うのが
   つらすぎるっちゅーねん。術発動させろー。
   戦いにも勝ったので、銀さん現代お持ち返り編。
   どこなんだこのENDの場所は。下僕属性を強調したいのはわかるけども、なんか違う。
   銀BADも見たけども、神子様酷い…。
   あんなに一生懸命なわんことか八葉を全部見捨てて泰衡につく。
   正義が力じゃない、力が正義だ!(強気)

  平知盛編

   銀ENDも見たので大団円ENDへ。源氏と平家が和解する前の日、思い出すのは八葉のこと…。
   って、二人しかいねえよ。譲君に会えるからいいけどさ。
   他の人はどこにいったか、全選択肢を選択。
   個人的には忠度のおっちゃんとか大好き。こういう頑固親父大好き。
   重衡&ももりんが並んでお話してるところに行き会ったり。やっぱ似てねえよ。
   並ぶとわかるよ。
   でも、天然タラシですね、重衡さん。
   どっちかというと、ももりんの方が落としたい。
   最初からフレンドリーなタイプよりも、難攻不落のタイプの方が落しがいがあるってもんだ。
   「明日のナージャ」的に言っても、白フランシスよりも黒フランシスじゃん?(キースです)

   ももりんルートになかなか入れないので、もっかいやり直し。
   平泉ルートで、途中出会った謎の武将。仲良く雨宿りとはいかないようで。
   保護者付きで、あちこち連れまわしてみる。保護者の将臣はいい奴だな。
   いちいち笑えない冗談とか言うももりんを突っ込むし。
   でも、保護者が見てないのをいいことに、襲われたーーーー!!!
   ももりんやるな。
   いい所で保護者様帰ってきたけれども、「なんでもない」って言ったら「そうか?」って。
   お前ちょっとは心配してくれよう!お前の偽の弟さんちょっと変態入ってるんだからさあ!!
   ももりんはちょっと言動がエロティシズムです。協力技でちょっと添えられた手が萌える。
   でもやっぱり、壇ノ浦。未練を残しつつ別れた後の壇ノ浦。
   「じゃあ、な」と言って海に沈むももりん。
   ももりーーーーーん!!!

   その後、平泉に行ったり、あちこちウロウロしながらも、ルートに入れない。
   うっかり、八葉惨殺して平家に寝返るところだったよ。ももりんに斬られたけど(悲)
   そこでようやく気がついた。
   紀ノ川で将臣アイコンすっとばしてたーーーー!!!
   すいません、兄貴ほったらかすの癖になってました(酷)
   ごめんよ、将臣。
   さらに、戻ってルートやりなおし。生田神社で戦って、壇ノ浦で戦って。
   ここでもやっぱり、彼が生き残る道はないのね…。リズ先生に諭されつつも、大団円ルートへ。
   ようやく、みつけた、ももりん。
   だけど、よく考えたら、生田戦前のももりんって、望美と会ってない。
   どうする、どうすんのよ、俺!!(らいふかーど)
   俺とお前は拳で戦って分かり合った仲。3から十六夜までの間に50回以上は戦ってるわけで。
   拳に聞かせてやるぜ、俺の生き様をな!!

   やっべ、よく考えたら、わし木属性、奴は金属性(五行相克による)
   油断すると負ける。
   獣のように貪欲に。それが拳でわかり合った俺とお前の生き様だ!!
   って、思わず一晩中やってました。おばかさん。
   ようやくつかまえた私の鬼さんvみたいな。
   「そうか、俺が欲しいか」って、いやんばかん。
   なんだかんだとエンディング。連れてきちゃったよ、この現代にそぐわない殺戮者を。
   なんだこのいやらしエンディング。
   これラストに持ってきていいのか?というか、知盛END見ないと全クリアにならないからなー。

   ラストに八葉をないがしろにするエンディングで締め。
   あーでも青龍は十六夜の方がいいなー。特に譲君の兄貴は。
   ようやくうちの子になった気がするもの。
   保護者様ちょっと萌えたよ。幼なじみ萌えー。