BACK


 きみスタ〜きみとスタディプレイ感想〜3年Z組金髪先生編


   一芸入試のような問題クラスを引き受けてしまった新人先生になって、
   欲望の赴くまま生徒に手を出しますよ。あれ、出される方が多いのか。
   生徒に手を出したら犯罪ですが、手を出されるのはいいのか?
   問題のあるクラスーということで、体の弱い引込み思案な秀才、いつも寝てる天才児、
   ナルシスト、スポーツ馬鹿、写真馬鹿とそろい踏み(教師の発言ですか)
   いや、そう書くとそこまで問題児ではなさそうだけども、授業に出ないのは問題です。
   というか、スポーツ馬鹿の内藤と写真馬鹿の清宮の区別がつきません。
   ぶっちゃけ立ち絵は微妙です。特に教頭。あたまでかい。
   素敵な幼馴染の眼鏡先生もいることだし、微妙に後ろ暗そうな理事長にも抜擢されたので、
   やりますよ、問題児クラスの更正を。


  小さい眼鏡編

   まずは、いいんちょー藤代君にご挨拶。ああ、可愛い眼鏡、可愛い眼鏡。
   この子は立ち絵も可愛いやー。なんかふるふるしている小動物っぽい。
   めちゃめちゃ人見知りですが。
   天才児とナル君はフレンドリーだけども、残りの二人がやけにつっかかる。
   なんだよ、今流行のツンデレ属性をアピールしても、体育会系はパスだ!
   というわけで、可愛い眼鏡を贔屓します。せんせー、贔屓はいけないんだー。
   しかし、贔屓と言えども、やることは個人面談。
   あのーさっきから同じ話題がループしてますが。
   でも、個人面談が一番重要だって解説書にも書いてあるし。
   このタルイ面談を延々と続けるのはつらすぎます。ちょっと話をすすめてよう。
   さらに、面談の時にいちいち確認コマンドは出さないでもいいですよう(面倒くさいです)

   まあ、個人面談さえしていればなんとかなるようで。
   ひっそりと咲く白い花のように可憐な藤代君。ひっそり生きているのに、中学の同級生の
   いぢめに会っているようで。
   ああ!友達を作ってあげたい!!なんかこー、らぶに持ち込む前に、友達紹介とか
   できないのかねえ…。
   ほげほげなうづき君(寝ている天才児)とかだったら話題も合いそうだよ。
   いやがる藤代君を無理やり体育祭に参加させ。だって、やることはやらねば。
   らぶになる前に、すっかり先生モードです。臨時採用だって先生だい。
   うづき君と二人でやる気のなさそうな応援団可愛いー。
   学園モードを進めて行くうちに、問題がわかってきた。
   人のいい藤代君を脅してカツアゲしてるんだな。昔の同級生が。
   藤代君の父もいい人のフリをして、ただのボケ野郎だしな。
   気付けよ、息子の悩みとか苦しみをよう!!
   でも藤代君はお父さんに言うのはダメって。ああ、けなげにもほどがある。

   学園祭前にとうとうのっぴきならない事態になったけれども、それでも、弁解はしないし。
   頑固だなあ…。
   でも肝心の問題解決部分がざっくりとはしょられてしまったのが気になります。
   肝心の俺様カッコいい見せ場的なソレだったはずなのにい!!
   やっぱコンシューマーで未成年の同級生が犯罪を犯すのは禁止なのか?
   「こういうことがあったぜ」みたいな語りで終わってしまうのが、ううむ。
   あ、学校側としては問題は公にしない方向と言うことで(妙にリアル)
   トゥルーの藤代君がとてもかわゆかったので、満足しました。

   さらに、藤代父も落とせるのね。個人的には親子丼は希望いたしません(その前に全年齢です)
   なんつーか、「ぷりプリ」の時も思ったけども、攻略対象年齢の息子のいる父親は
   父親であって欲しいのよ。
   息子がけなげでつくしてくれる分、なーんも考えてない親父に腹が立つのだ。
   そして、藤代父は私の嫌いな最たる部分が出てくるからなー。
   早く病院にいった方がいいですよ。
   でも、オヤジ落として、鵜月君を落としたら、CGが開いたよ!
   おおおおお!!鵜月君と藤代君が仲良し!!OK、OK!!
   鵜月君の「りょーちゃん(藤代君の名前)」って言い方も可愛い。
   あくまでも攻略対象同士での恋愛でなくお友達同士なのが良いのね。
   二人とも「先生大好きv」って感じだし。満足したー。


  大きい眼鏡編

   生徒を攻略し終えたので、今度は先生を。大きい眼鏡も素敵ね。
   「誰でもいい」とかいう酷いいきさつで学園で働く事になったのはいいけれども。
   微妙に慣れないなーと思っていたら、幼なじみの修兄ちゃんが!
   素敵眼鏡になって現れてくれました。
   慣れない学校で親切にしてくれたり、授業の事とか教えてくれたり、
   大感謝ですよ。
   そのかわり、生徒との個人面談は一切しませんがね。
   先生のお仕事って…。いやなに。
   修兄と飲みに行ったり、サラリーマン生活を満喫。
   でも、酔ったはずみなのか、寝ている間にちゅーされた…?
   えええええええ?????

   腐女子の相原さんにご相談しつつも、無自覚な二人はなんとなく疎遠に。
   というか、共学なのに、相原さんしか女子と話したことないや…ははは…。
   でも相原さんおかっぱで可愛いからまあいいや(いいのか)
   「小田桐先生のこと好きなら好きって言っちゃいなさいよ!」
   みたいに、背中を押されて。というか、サンドバッグ代わりに叩かれて。
   腐女子の相原さんはいい人だなあ…。って、先生が生徒に相談してどうするんだ。
   疎遠になった理由は「俺はお前が好きなんだよ!」みたいなBLゲーム的には
   ありきたりなな理由でしたが、気にしない。
   というか、眼鏡とエロスボイスでときめき度は上昇するぞ、コラア!!
   修兄ENDはちょっと大人向けで。
   まあ、コンシューマーの限界ですか。やっちゃったのはやっちゃったなあ…って
   感じですが。
   酔ってちゅーしたのも、そんな昔から好きだったわけじゃなくて、
   「可愛かったから」とか言う理由でしたが。
   嘘だ。
   無自覚って怖いぜ。

   周回を回したら、学園祭のイベントが追加されました。
   生徒全員コスプレ〜。というか、やっぱ鵜月君と藤代君が可愛いや。
   ツンデレ王子清宮も可愛いなあ。内藤は…不問とする…。
   イベントが追加されていくのはいいけれども、その度に、周回を回さないと
   いけないのは不親切だなあ…。
   全員クリアしてもCGフルコンプにならないというのがどうにも。
   クリア後に何周すればいいんだよう。
   システム的には問題なくとも、細かいところで気になるところがあったり。
   面談の時の確認コマンドとか、普段の話題ループとか。
   でも、眼鏡的にはなんら問題はありませんよ。
   私は藤代君に友達ができただけで満足だ。(先生っぽい発言で終了)