BACK


 ときめきメモリアルGSプレイ感想〜EOD編


   ギャルゲーの金字塔「ときめきメモリアル」。
   当然、伊集院狙いでしたが、何か問題が(あると言えばある)
   いいじゃんよう、レイちゃん可愛いんだよう。
   今回は、女性向とあって、殺人コアラと戦ったりはしなさそうですが。
   タイトルロゴを緑川がっ!!!
   しょっぱなからときめきMAX。できれば「こなみ」ぢゃなくて、「こ、なー↑み」と
   言ってください、緑川。
   さすが、小波。システムがイイ!!さくさくと動くアイコン。気持ちのイイ動き!!
   しかも、EVS?すげー、自分の名前を呼んでくれるってか。
   EVS何の略かわかりませんが、とりあえず、「エロヴォイスシステム」と名づけよう。

   王子が迎えにくるという呪い伝説のある教会。
   そんな教会のある「はばたき学園」で運命の王子様に出会ってしまいました。
   王子の第一声は、「スカーフが曲がっている。直したまえ」
   きゅん!
   もちろん、私の王子は眼鏡をかけています。
   ああ、教会の前で、しょうじょまんが的にぶつかった人もいたけど。
   あの人は名前が葉月王子とか言うらしい。まあ、それはそれで。

   しょっぱなから、友人もメガネ。ターゲットもメガネ。ビバ、メガネ人生。
   学力メインで育てたために、守村君とも仲良しに(やっぱ眼鏡)
   友人の有沢さんは可愛いなあ。甘いものとか好きなところとか。
   女の子はあと珠美ちゃんとかいる。この子も可愛い。つーか、変〜。
   大人しい子だとばかり思ってたんですが。
   好きな音楽を聞いたら「…パンク…」って。メロりました。
   珠美ちゃんが出てきてようやく気がついた。
   このゲームEVSあんまり役立ってる気がしねえ。
   というか、普通攻略対象が下の名前で呼び出してときめきMAXとかあるけど。
   私のターゲット…先生、友人…有沢さん、守村君。
   誰一人として下の名前で呼んだりしないタイプだ!!
   珠美ちゃんに呼ばれてようやく違和感に気がついたよ…(泣)

   ともかくも、最初は吹奏楽部に入ってみた。実際にやってた部活動を選んでしまう。
   だって、漫研はなかったんだも…。
   って、先生!?なんでいるの!?
   「それは私が顧問だからだ」
   これって、運命だわ!!
   その後もしつこい程に部活動に勤しみ。合宿で手料理を食わせてメロメロにさせたり。
   たのしー。学園生活楽しーーーー!!
   学校祭で何か聞いた事のある曲弾くなー、と思ったら「幻想水滸伝」のテーマだ!
   ああ、これくらいの宣伝なら全然OK。わからない人には全然わからないし。
   むしろ、音楽系の乙女ゲーなのにいきなり「怨霊」とか出てくるよりは全然OK。
   こーえー商法もアレだけども、こなみ商法は妙に上手いな…。

   やっぱり、先生に必要なのは学力だろうと言う事で、ひたすら勉強の鬼と化す。
   もう学年TOPですよ。
   特に数学は得意なんです。計算大好き。
   どんな計算かって、学年TOPなのに、わざと舌足らずに「せんせぇ」とか呼ぶよ。
   この計算マコちゃんはね!!(そっちの計算か)
   計算が効いたのか、氷室せんせぇは、車で送ってくれたり、バレンタインのチョコだって
   みんなには内緒とか言いながら受け取ってくれたり、クリスマスにときめいたり。

   とーこーろーが。
   ひむろおおおおおお!!!!何故、なぜいきなり嫌うのだああああっ!!!
   くそお。イイ感じだったのに、いきなり嫌われた。
   やっぱり、爆弾がいきなり三個連続爆発したからかっ!!(ダメだろう)
   先生を落とすのに必要なのは、学力だけでなく、友情評価…。
   爆弾爆発させたらまずいんですね…。
   むしろレベル上げのみの方がずっと楽だ…。

   結果。弟ED…。や、つくしくん可愛いからいいんですが。
   「俺が弟なこと後悔するようなイイ男になってやる」とか言われると、ときめき。
   ああ、お前はイイ男だよ。見知らぬイイ男に道端で会ってすぐ声をかけて
   携帯番号聞き出すくらいイイ男だ(そうかな)
   さらに、朝の5時からバレンタインチョコ作るの手伝ってくれた可愛い弟を
   忘れやしないぜ!!
   弟への感謝の気持ちを抱きつつ、1周目終了。

   しかし、ヒムロッチは死んでも落とさなければなりません。
   今度は、ちょっと美味しいとか言う手芸部で始めてみました。
   友人は有沢さんと守村君。
   ………あれえ?
   その後何度やっても友人が有沢さんと守村君にしかならなかった不思議。
   むしろ和馬君とか姫条とかほとんど見たこと無い。
   いかに学力重視で生きているかバレバレです。
   手芸部だとヒゲメガネ理事長が合宿の味見をしてくれる。
   ヒゲメガネ理事長はバリバリ範疇です。どうしましょう(オヤジスキー)
   というか、瑞希おじょうさまのトコの執事がめちゃ好みです。
   ギャリソン〜vvvv
   わざわざギャリソン時田氏の声の人にお願いしてるくらいめっちゃ執事。イイ…。
   あと、花椿せんせいは、範疇です。どうしましょう(どうもしません)

   肝心のヒムロッチはめちゃめちゃ萌える。
   もうこの人の語録は凄すぎる。好みすぎて。
   一言で言えば済む事を遠まわしに言い過ぎる。
   クリスマスに花瓶をやれば、「極めて合理的、且つ、洗練されたデザインだ。
   私の嗜好とも完全に合致する」だって。
   「普通に『好き』でいいだろ」とかつっこみてえ。
   ドライブが好きで、音楽が好きで、ピアノを弾くのも好きで。
   演劇も好きだけど、才能がなくて。
   可愛いよどうしよう。
   バイトしてる最中に覗きに来るし。
   「もう少し私が入りやすい店で働くわけには行かないのか…?」とか
   頬染めながら言われたら。
   萌え!!
   正月に晴れ着来たら「学生のうちに華美な格好は…」とか言い出すから
   「似合わないですか?」とか言ったら「そんなことは言ってない!!むしろ…げふげふん」
   みたいな。萌え!!
   さらに、初詣で人込みが凄いから手を繋いで…って。
   萌え死ぬーーーー!!!!

   いい感じに進んでますが、基本的に先生との間柄は受動態。
   先生が誘ってこないと、デートもできやしねえ。
   レベル上げしたあとは、後半はかなりヒマになってまいりました。
   むしろ、後半の私に課せられた仕事は「爆弾処理」
   王子と後輩の爆弾を爆発させないよう、いかにして心無いデートをするかが課題です。
   さらに、守村君までもが、私にちょっぴり想いを寄せてたりして。
   SA・KU・YA可愛いんだけどさあ、SA・KU・YA。
   親友の有沢さんが、SA・KU・YA好きなんだもん。ポエム読んじゃったんだもん。
   そしたら、めちゃめちゃ冷たくなった。いやーーーー!!!
   SA・KU・YAに嫌われてもしょうがないとして、有沢さんには嫌われたくないよ!!
   その後、有沢さんと一緒に勉強をしまくって。物凄い大変だったけども、
   仲直りして。うう…後半物凄いつかれた…。

   先生とのイベントはいい感じに起きてるんですが、後半の爆弾処理と有沢さんの
   ご機嫌伺いに、力尽きました。
   先生との面談で、進路を聞かれたら、間違いなくこう言うよ。
   「EOD(警視庁警備部爆弾処理班)を目指します!」ってね。
   まあ、そんな選択肢ないので、普通に一流大学目指しますが。あ、いちながれ大学ね。
   そんな先生も教師としての対面を忘れたかのように壊れてきて。
   社会見学と称したデートは萌えまくり。
   高校生をバーに連れて行ったりと、その暴走っぷりは先生の運転並に凄い。
   せんせぇ、スピード出しちゃ怖いわ…。
   結局、生徒と教え子のナイショの関係は、全員にバレバレだったようで。
   エンディングでしっかり黒板に相合傘書かれてるよ。
   まあ、その前の告白で萌え死にましたがね。
   「愛してる」とか言うとは思わなかったんだよ、この堅物教師が!!
   眼鏡教師スキーにはたまらないものがありました。