BACK


 はかれなはーとプレイ感想〜武装錬金編


   「ラシエルの箱庭」の絵が好きで購入。あれはコストパフォーマンスは悪かったけども
   大層萌える作品でしたよ。
   戦うメイドさんとか最高ですね。
   というわけで、むしろ女子キャラに期待しつつ購入。
   あれ?なんか間違ってる?
   そんなプレイ感想。

   私こと姫宮由香里は、事故の後遺症でしばらく療養していた身。
   とりあえず、自宅に帰って何事も無く過ごしています。
   いや、何事もなく、とは言いがたい。
   とーちゃんは普通なのか、まあ忙しそうな科学者。
   でも母異常。とんでもなく異常。見た目は美少女だけども、ちょっとおかしい。
   一応絵本作家のため、何か違う国で生きているのかもしれない。
   そんなかーちゃんと結婚したんだから、とーちゃんもまともではないかもしれない。
   自分を舞さんと呼ばせる母とか、妙に他人行儀な家族に囲まれながらも、私は元気です。

   普通に学校に行って、普通に過ごして。担任の先生が異常に髪が長いことが
   気になりますが。教師としてそれはどうかと。
   それはさておき、学校帰りに、変なガイジンが目の前に。
   いきなり「盗んだものを返せ」とか言われても。誰が犯罪者だ、誰が。
   一応「七星」とか名前は名乗ってますが、それも謎。
   誰か、助けてーー!!変態です!!と、思ったら、目の前に白馬に乗った王子様が!!!
   ……本当に白馬に乗ってるよ。
   まあ、王子というよりも、怪盗キッ(自主規制)
   最近の怪盗は皆ステレオタイプなのか?
   怪盗ルパンだって白くはないぞ。
   助けてくれた王子様の名前は、高坂ルイザ。おいおい、犯罪者が普通に名乗っていいのか。
   警察に行くぞ、警察に。
   なんか今世紀最高の魔術師にして怪盗とか言ってますが。
   この選択肢が出たら、選ばずにはいられない。
   「貴方、おかしいです!」
   あれ?デジャブ?この台詞どっかで見たような…。
   と、思ったら、「転生八犬士封魔録」ではないですか。
   あの鬼のように攻略対象をないがしろにするゲームの。
   調べたらシナリオが同じ人…。先に調べれば良かったかしら…。

   とりあえず、王子が魔術で、変態がライ○セーバーで戦いだしたので、これ幸いと逃亡。
   ふー、びっくりした(感想はそれだけか)
   って、家に帰ったら、従兄弟とかいるんですが。
   どう見てもあの公園であった変態なんですが。
   なにやら、本当は宇宙人で、宇宙船のエネルギーがなくなったから帰れなくなったとか。
   ……そういう無理な設定は止めておいた方がいいですよ。
   こりん星は爆破の憂き目にあってるですよ。え、本気?本気と書いてマジ?
   いちごの馬車のエネルギー機関を取ったのが私だとか言い出すし。
   大丈夫か、この人。
   ともかくも、連れて来たとーちゃんの記憶とかアレされたりしていないのかが心配です。
   不穏なのは家だけではなく、学校にも波及して。
   あの怪盗がやってきたよ。普通に転校生だよ。もしかして本名なのかよ。
   ツッコミどころは多々あれど、宇宙人の方がなんか素直で可愛いな…。

   結局魔術怪盗までもが同居することに。
   かーちゃんの精神がいまだに掴めないけれども、止めないとーちゃんもアレだ。
   さらにセーラー服美少女追加。美少女!!!美少女!!!
   積極的に迫ってくる美少女に、ちょっとたじたじ。
   しかもちょっと押し戻した時に胸に手が………ない………?
   「体は不幸にして男だけれど、心は女の子」って。
   おカマか!!!!!大好物です。わーい。でも、軍事スパイ?
   なにやら三人とも「妖輝石」とかいう宝石を狙ってるらしい。
   さらに、天使追加。もう何があっても驚かないぞ…。
   ちなみに家の皆、天からの使者に誰も驚いてないぞ…。驚こうよ、皆。
   何でも、悪魔に狙われてるから気をつけてねvと言いに来たらしい。
   って言いに来ただけかよ。悪魔以外にもいろいろ狙われてますが。
   あんまりにも動揺しない両親に、逆に変態同居人ズが疑問を持ってますよ。
   こんな人たちにまで「おかしい」と思われる両親ってどうなの…。

   さらに、ツンツン忍者までもが加わり、収集のつかない状態に。
   全員に狙われてる…。
   オカマは知らぬうちにベッドに入っているし、魔術怪盗は壁を通り抜けるし
   忍者は天井に穴を開ける始末。
   「舞さんにはちゃんと許可を貰った」
   って。かーちゃあああああああああああん!!!!
   でも互いに牽制しあって、襲われたら誰かが助けてくれたりして、
   とりあえず平穏を守っている…っぽい。
   攻略対象にないがしろにされることもなく、普通にハーレムだ。
   だが油断は出来ない。「八犬士」の残したトラウマは大きい。
   これで、かーちゃんが実は宝石を持ってたりしたら、あっさり鞍替えしそうだしな。
   そういう轍を踏んできた(もはや疑心暗鬼)

   これだけ異常者に囲まれていたら、学校の先生が普通に見えるけども
   なにやら不穏な雰囲気が。
   でも、文化祭の準備をわたわたしたり、普通の学校生活を送っていたら、
   いつの間にやらアイコンが先生になってるーーー!!!
   これはもう、先生ルートか?やはり眼鏡か?(眼鏡引力なのか)
   周囲が異常者ばかりなので、散々つっこんでいたのが問題か!?
   とりあえず、先生とデートすることに。何故かツンデレ忍者も一緒ですが。
   妙に勘のいい先生に疑いをいだきつつも、親切にしてもらうとふらふらしてしまう。
   と、思ったら、ふらふらと倒れたーー!!
   なんだか調子が悪い?とーちゃんも心配そうだけども。
   何故かとーちゃん宇宙人と話をしているし。
   「本来ならあの子の命はもう…」
   って、どういうことーーーーー!!!
   あれか。核鉄か。核鉄埋め込まれてんのか(武装錬金か)
   どうりで周りに変態が集まると思った(パピヨンか)

   文化祭の前夜祭で先生といい雰囲気になったと思えば忍者の襲来。
   え、先生が国家管理委員会のエージェント?
   そんでもって、ツンデレ忍者は私を殺すって?でも、忍者飛び道具に弱すぎ。
   全員揃ったところで、とーちゃんが妖輝石の謎を語ってくれました。
   なんだか凄いエネルギーを放つ妖輝石を、三年前の事故で死んだ私に埋め込んだって。
   やっぱ核鉄かーーーーーー!!!
   でも、そのパワーも寿命があって、もう切れそうだって。
   宇宙人はとーちゃんと取引して、妖輝石がもうちょっと保つように研究に協力
   してくれてるらしい。あんたいい宇宙人だな…(宇宙人にいいも悪いも)
   魔術怪盗は身を引いてくれたよ。あんたいい怪盗だな…(怪盗にいいも悪いも)
   先生は、妖輝石が悪用されないよう見張っていたらしいし。
   悪用さえされなければ、別に体に埋まってても問題はないみたいだ。
   先生は委員会に雇われてるけども、いつの間にか由香里のことを好きになってたって。
   おお、泣かせる展開。でも本当に「いつの間にか」だな。
   でも「君を守るよ」とか言われたらキュンとするよ。

   だけども、体から取り出そうとする人たちもいたり。
   忍者とオカマ。奴らは殺る。てめー、今までの恩も忘れたかあっ!!!
   忍者の突然の攻撃に、倒される先生。あまりのショックに停止する妖輝石。
   ええええええええええええええ!!!!!!!
   ちょっと!!主人公死んでるんですけど!!!
   いや、まあ、むしろ最初から死んでたんですけど。
   ここで、やっぱり天使様の存在が生きてくるわけですね!!!
   今まで影が薄すぎて、全然いないようなものでしたが(酷)
   でも、目の前に居る人は、眼帯付けたナンパ師…。あれ?悪魔?
   「俺が落とした目でちょっといろいろあったようだから、助けてやる」って。
   ええええええええええええええ!!!!!!!
   天使様居た意味ねえ!!
   結局パラレルワールドのような感じで終了。まあ、ハッピーなのかこれ…。

   先生を攻略したので、他のキャラも攻略。
   それにしても天使編の天使の非情さたるや、どうしたらいいの。
   悪魔の方がいい人ってどうなの。まあ悪魔さんも「神様が嫌いだから」みたいな感じでしたが。
   忍者はツンデレ可愛いけれども、年下はパスです。成長後に期待大。
   それにしても忍者の声の低さにはびっくりだ。
   やたらとロリっ娘な幼馴染とか可愛いけど、ウザイ。
   宇宙人はやはりメインらしく、せつない感じで。メモ魔で勉強家な所がいいですな!
   デートの時の怪盗のお邪魔は大笑いですよ。というか、怪盗出てくるだけで笑える。
   ラストで囚われの由香里の台詞には大爆笑しました。
   実のかーちゃんの扱い酷すぎる。「怪盗のダメな部分」に「舞さんと話が合う」って(笑)
   そして、一番甘いのは怪盗ルートかもしれない。ナル可愛いよ、怪盗。
   オカマはものすごーーーーく可愛い。だけど、どうしても美少女と恋愛している
   気になってしまう…。男子の男子たるべき部分が全く無い。乳も無いけど。
   そうしてオカマを攻略していると、どうしても気になる悪魔さん。
   「おにーさん」とか杉田声で言われるとどう聞いても銀さんを思い出しますが。
   PC版だと攻略できないってどういうことよーー!!(怒)

   ストーリーは基本全部一緒で。誰を攻略してもおんなじように核鉄埋まってて、
   「俺が助ける」→「奇跡のふっかーつ!」ですよ。
   もうちょっと捻りが欲しいところ…。
   そして、肝心のデートが全然薄かったり、花火見ようかとかいいつつ全然見なかったり
   文化祭であんなに練習した劇も本番は全く関係なかったりと、省略しすぎ。
   というか、共通ルートが多すぎて、既読スキップだと30分で終わりそうだ…。
   やっぱりコストパフォーマンスが悪い気もしますが、キャラが全員可愛かったので良しとしよう。