BACK


 水の旋律2プレイ感想〜戦慄の烏編


   前作では、犬と戦った「犬の旋律」
   今回は何と戦うのか。できれば、動物以外と戦いたい。
   もう、犬の戦慄は嫌なんだ…。
   と、いいつつも、今回の攻略キャラは、「明月兄」「王子兄」「半パンジャージ」の
   ある意味、前作で悲しい扱いを受けていたキャラですよ。
   わかりやすく言うと、負け犬のせん(自主規制)
   なんで2作目になると、いきなりアニメ絵になるのか不思議に思いつつも、
   ゲーム感想。

   私こと、柏木きらはいわゆる「ちみっこホーム」で育った、悲しい身の上。
   でも、普通の女の子らしく、恋に悩んだりするお年頃。
   片想いの相手は、手塚京輔さん。前作の本屋の人で、きらから見たら、同じホームの出身。
   ただの本屋のバイトと思ってたら重要キャラだった人ですよ。
   アニメ絵だと全然別人ですが。なんだかがっかり感倍増。
   早速ホテルに誘われたかと思ったら、京にぃの両親が惨殺されたホテルだったと、
   さらにがっかり感(乙女ゲームに何を求めてますか)
   そして、本屋に現れる前作主人公陽菜たん。きらから見ると、学校の先輩。
   「剣道の強い子」としか認識されてないけども。
   その後、延々と陽菜先輩と、京にぃがいちゃいちゃしているのを見せつけられる羽目に。
   なんだよ。前作の攻略キャラは前作主人公のものだから、新しい恋を見つけろ!
   ということですか?
   あるいはこいつらで昨日祠の前で手に入れた謎の日本刀の試し斬りをするか
   二択ですか?(選択肢が少なすぎる)
   初っ端から殺戮に走るのも、乙女としてはどうかと思うので、ここは潔く身を引こう…。
   さよなら、京にぃ…。

   という訳で、新しい恋を見つけるために、日本刀片手にふらふらしますよ。
   早速、なにやらちっさい子を見つけました。ああ、半パンジャージ(設楽君です)
   前作から二年経過しているので、反省したのかしてないのか、とりあえずム所から出てきたのか。
   あ、ム所ではなくて、普通に幽閉されてたのか(普通違う)
   二年経ってもちっさいままなのは、王子に御飯食べさせてもらってないとかか。
   いや、王子はなんだかんだと飯は食わせてくれるだろう。いい人だから。
   さすがに二年経過して半パンジャージは止めたみたいだ。
   なんだか人と会うたびに手が光るんですが。変な文様出たー。
   さらに、変な烏に追いかけられるよ。もう動物系に襲われるのはイヤーーー!!
   そこに現れたのは、王子ではなく謎の二人組。
   一人は高校の生徒会長。もう一人は社会の先生の弟。
   不良っぽいけども、いい人だ。だけども気になる生徒会長。わかりやすく言うと眼鏡。
   でも、生徒会長めっさツンツンキャラだ。「一謡か」とか言ってくるし。
   知らんよ、一謡なんて。身寄りがないから、無関係とも言いがたいですが。

   なんだか、変なナンパ師にも出会ったり、弟分とデートしてたら謎の武士に会ったり。
   現代日本でそんな格好の人も珍しい、と思ったら、道場師範らしい。
   え、明月さんのお兄さん!?
   あまり前作で良い印象が残ってなかったけれども、普通にいい人そうだ。
   なんだか前作のイメージでは、刀継承できなくてやさぐれたイメージがあったよ。
   これで攻略キャラ全員と会ったかなー、そういえばシスターに刀の事相談しよう、そうしよう。
   と、思ったところで、烏に殺られました。
   このゲームは、動物に殺されて終るのがデフォルトなのか!!!!
   しかもタイトルが「何も知らないまま」って。そのままだ!!
   あんまりにもあんまりな展開にやり直し。クイックセーブができるのはいいなあ。
   そうして、どうしてBADルートに行ったのか、なんとなく理由がわかりました。
   警察に刀の事を言いに行ったら駄目なんだね!
   どうしてだよ!!遺失物法第四条にも書いてあるじゃん!!!
   (※遺失物法第四条…解りやすく言うと、「拾ったものは警察へ」)
   法律に従ったために、烏に殺される世界など滅んでしまえ。

   やさぐれながらもやりなおして寮に帰ったら、社会科の貴人先生が待ち伏せてました。
   どうやら九艘ルートになったようで。え、いきなり敵方?
   前作の九艘の血を受けた時は一謡に惹かれ、今作の一謡一族っぽい時には九艘に惹かれ。
   君がロミオ僕がジュリエット、こいつはまさに(大迷惑)
   まあでも、知らん一族の人たちよりも、良く見知った社会の先生とか生徒会長が
   居る方がいい、と思ってますが。
   選択肢微妙にわかりづらいのに、なんで九艘ルートになったかというと、
   無意識に眼鏡に惹かれたっぽい…(わかりやすい)
   もうこれは運命だと思って、生徒会長の安曇先輩に特攻しますよ。
   でも、ツンツンだけどねー。そんなに一謡が嫌いなのか、先輩。
   嫌われてるとわかってても、協力してもらいますよ。そういうゲームだし。
   前作から九艘と一謡は仲良くなろうと努力しているけれども、なんだか別の敵が
   いるっぽいので、皆で街をパトロール。
   時々、前作キャラが手伝ってくれるけども、きらちゃんから見たら知らん人なはず…。
   でも明月さん弟と普通に会話してたりしながらも、明月兄とは知り合いじゃなかったり
   なんだか不具合が起きてますよ。
   朝の会話が同じものが多くて飽きるのもちょっとな…。ナンパ師式部さんは毎朝朝帰りですか。
   きらちゃんは寝坊しすぎで宿題やらなさすぎ。あ、それはひょっとしてデフォルト…?

   安曇先輩と式部さんと弟分の好春を誘ってパトロールに明け暮れる毎日。
   途中から一人選択出来なくなるとか、敵側の仮面の人にシルエットが似てるとか
   そんなことはいちいち気にしてはいけない。
   だって、今回安曇先輩ルートだもーん!
   ツンツンの先輩ですが、ちょっときらちゃんに一線引いたり、京にぃが嫌いだったり
   何かワケありっぽい。
   さらにきらちゃんが九艘側の人間に嫌われてるのはわかるけど、安曇先輩も嫌われてたり。
   真面目でいい人なのに、安曇先輩。ツンツンだけどさ。
   何を言われても反抗しないので、逆切れしてみました。てめー、安曇先輩いぢめてるんじゃ
   ないわよう!!斬るぞ!!ハンターの刀でさっくり斬るぞ!!(駄目です)
   なんでも、安曇先輩の叔父さんが、以前一族同士で和平を結ぶ際に、和平の結婚式を
   血で染めた挙句、一謡側のハンターの女の人と出来ちゃって逃げたとか。
   ああ!あった、あった、そんな話!!前作で。
   基本的に九艘は長生きだから、恨みは忘れてないわけね。私は忘れてたけどね(忘れるなよ)
   そして、悲劇が思い出されるから、安曇の男子と一謡の女ハンターであるきらちゃんが
   仲良くしてると周囲は気分が悪くなるわけで。
   さらに、原因になった叔父さんの息子が先輩の目の前にいるわけで。
   しかもそんな悲劇も知らないまま自分の両親が惨殺された理由を探ってたりするわけで。
   なんだ、先輩もきらちゃんも何も悪くないじゃん!!!

   と、思っても許されないのが世間一般の冷たい風。
   先輩と仲良くすると、先輩の立場が悪くなるんだって(涙)
   そんなこと言われても、ツンツンしててもデレると恐ろしい安曇先輩が好きなの…。
   一人で悶々とした挙句、夜這いをかけてくるような人ですが。
   京にぃに相談しているところを見られて、嫉妬する先輩が可愛いというか、
   たまらんのじゃボケェ!!!!!
   九艘が文句を言うならば、叩き斬るのでそのつもりで。
   というか、認めさせてやるぜ俺達の愛を!!!
   みたいなことをやっていたら、先輩の叔父さんの遺言を見つけたり。
   なんでも、血の結婚式は仕組まれたものらしい。本人の意思じゃなくて、操られてた?
   そして、浮かび上がる謎の人物…。八咫?烏か!
   と、思ったら陽菜先輩と一緒に連れ去られちゃうし。えー、陽菜先輩を嫁にし隊?
   勝手にしてくれ、と思いながらも、助けなきゃ。
   なんだかあれだけ京にぃとの仲を見せつけられたら、お前が頑張れよ、と言い残して
   去りたい気持ちにもなりますが。さすがにそれはイカン。
   一緒に行ったら、心配性の安曇先輩がそれはもう暴れだしそうな勢いですよ。
   式部さんにからかわれて、逆に引かれてますよ。
   「あいつが心配で心配でたまらない!文句があるか!!!」みたいな。
   ああ、もう真面目な人が自覚すると手におえないわ!
   そんな所がたまらんですが。

   結局、謎の人をやっつけて、王子様も助けに来てくれて。
   いちゃいちゃしてたら、陽菜先輩に「もういいかなぁ…」とか引かれる始末。
   ああ、バカップルですいません!!!
   謎の人が誰だったのかとか、殺戮の真相とか、なんできらちゃんがそもそも刀が持てるのかとか
   基本的なことは全く解らないまま終了。
   でも、バカップルがバカップルのまま終ったので、よし!!!
   だけど、安曇先輩だけCG少ないのは九艘の呪いですか…。くそう…(洒落?)


  *設楽優*

   前作の半パンジャージ。というか、普通に殺人犯だろう、お前。
   でも、いろいろあっただけあって、ちょっと大人になったのかと思えば、前作のアレは
   注射のせいとか言われちゃうとなんだかなあ…。
   むしろ、自分の意志で行った上で、反省してて欲しいものです。
   ショタは好みじゃないし。むしろ、設楽ルートで一番カッコいいのは片瀬さんのような
   気がしないでもない。つーか片瀬さん格好良すぎだろう!!
   設楽君は、なんとなく前作からすると「しゅんとしちゃった感」がありあり。
   でも、ちびっこはピュアな子なんだなあ…と思わされる。
   あんまりにも何にも知らない子だと、利用し易いんだな。
   相変わらず急いでるのに公共交通機関を使う男。普通の子なんだね…。
   そして、普賢の豹変っぷりに普通に驚いた。お前も注射のせいか!!
   設楽ルートだときらちゃんの素性がわかるけれども、あまりドラマチックじゃない上に
   後味悪い…。本人は悪くないのに、つーのは先輩と一緒だけどさ…。

  *柏木好春*

   いろいろと葛藤はあるみたいだけれども、近視眼的に執着するタイプ苦手なんです…。
   いくらきらちゃんが好きだからって、裏でネチネチと設楽君やら手塚さんやらを
   脅しているのがやたらと怖かった。
   まあ、手塚さんがもにょもにょするタイプなんで、きっぱり言ってくれるのは
   ちょっとすっきりしますが。
   とりあえず、16歳で寝小便をする、目的のためには手段を選ばない男気には驚きだ。

  *加々良水季*

   深窓のご令嬢って感じがするけども、最後の男気に感動。
   なんだかんだ言って、20歳もの年齢差をものともしない天然系。
   ただ、やはり設楽君との絆が深すぎて、むしろ恋愛ルートよりも守ってあげたい系。
   他の人は協力して戦うのに、水季さんはご令嬢なので戦わない。つーか、姫。
   王子と下僕のご協力によりなんとか救出。
   でも、エンディングはみんな幸せそうな感じでいいなー。
   まあ、小舅がいますが。なんだかきらちゃんよりも両想い感がしますが。
   姫だから仕方がない。そして、飴ちゃんくれるとこの王子のイベントにキュンとした。

  *遮那*

   ラスボス様。白衣に眼鏡とときめき要素は揃っているにもかかわらず、別の女性との
   男女の関係とか乙女ゲームにそれ必要か?と思われるようなもにょもにょ感。
   しかも結構ヘタレ。ラストもめっきりヘタレ。
   ひだかさんのCGが多いのは贔屓だ…。

  *式部吉乃*

   何故か八咫ルートよりもルートに入れなくて後手に回ってしまった式部さん。
   安曇先輩はあんなにストレートにいったのに。むしろ九艘ルートにすら
   入れなくなった時は、何かの呪いかと思いましたよ。
   どうやら、安曇先輩と親密度が同じくらいだと安曇先輩が優先されるっぽい。
   九艘ルートに入るためには、多少安曇先輩の親密度も必要だしで、ジレンマ。
   眼鏡の呪いか!?
   そんな呪いにまみれたルートで、本編も呪われてました。
   それにしても、九艘ルートだと、きらちゃんの出生はないがしろだなあ…。
   まあ、他所の事など知らんと言う事か。

  *明月涼*

   前作最萌えの明月さんの兄者とあって、いろいろと含むところもあるだろうと
   ラストに攻略。あれ?普通にいい人だよ!しかも好みのタイプだよ!
   と、思ったらやっぱり圭さんに対しては冷たい感じというか、よそよそしい。
   まあ、いろいろと仕方がないからね…。
   子供の頃一族にされた仕打ちに、よくグレなかったと逆に驚いた。
   でも、デートで普通の服を着ていたことに一番驚いた。あの胴着脱げないのかと思ってた。
   そして意外と情熱的で、思い込んだら一直線な感じだ。ちょっと強引だけど。
   さらに、兄を落としつつ、陽菜さんと圭さんとのラブの展開を覗き見ることに。
   あまーーーーい!!
   と、思わずきらちゃんがスピードワゴンツッコミをするほどに。
   なんだこいつら。いちゃいちゃか。ラブラブか。そして、キックオフするな。
   見ていて恥ずかしい…。が、可愛い…。


   前作からすると、手塚さんの評価が激減する代わりに、片瀬氏の評価が増加するという
   恐ろしさ。つーか、一謡ルートだと式部さんとほとんど会わない代わりに、
   片瀬氏が恐ろしく出張っている。
   CGの出来が素晴らしく偏っているのがちょっとがっかり感。
   というか、安曇先輩のCGの少なさにはがっかりだよ!!(やっくん風ツッコミ)
   できれば、アニメ絵は止めて欲しかったな…。エンディングのイラストはいいけどな…。
   それでも女の子エンドのCGの美麗さに「これはもうそういうゲームなんだ」と
   思うことにします。女子っコかわゆいなー。
   どうにも「世の中に悪い人なんていないんだね!」みたいな流れになっているのが
   ちょっとご不満。人殺しは悪い事なんだよー、としっかり描いて欲しいの。
   やはり、一人落とすと次の人が気になって、ついつい全員攻略してしまう魔のゲーム。
   続きはもう出ないのかな…(会社が無くなってしまいました…)