BACK


 マスケティア Musketeer -Le sang des chevaliers-プレイ感想〜ラッキースケベ編


   三銃士モチーフと言う事で、原作ファンな私としては、大変期待するところ。
   でも悪魔…?学園モノ…?
   何故、混ぜた!
   やってくれるぜ、オトメイト!(混ぜるな危険)
   と、思っても、原作ネタがどう生かされるのか気になるプレイ。
   元妻とかカンベンしてください…。
   そんな、感じでプレイ開始。

   私こと、ダルタニアンは、森の中で父と一緒に平和に暮らしておりました。
   父ちゃん世捨て人なのか、何故か隠れ住むように。
   そんな中、学者の父ちゃんがいきなり悪魔に殺されて。ええええええ、悪魔?
   なんだかよくわかない所に現れた人に、「真相が知りたければベルサイユへいらっしゃい」
   的なことを言われたので、シュバリエ学園に行く事に。
   どうやらとーちゃん、学園で働いてたのに何かを盗んで逃げた…とか?
   父ちゃんの殺された後に落ちてた指輪が唯一の手がかりです。
   いやむしろ、第一発見者が怪しい…げふげふん。

   とりあえず、怪しげなトレヴィル先生に誘われたので、復讐のために学園へ。
   さっそくオスカル様に会ったよ!(違)てか、ナル男だった(酷)
   用事を頼まれてたのでアトスさんの部屋に入ったら、謎の男子に怒られるし。
   まあ、勝手に人の部屋に入ってはいけないんですが。返事無くって…。
   つーか、鍵かけとけよ。
   ようやくお目当てのアトスさんに会ったけども、なんだかつっけんどんだ。
   この三人が攻略対象?初対面の印象は最悪です。
   ただ、人気あるのね…。銃士隊と言う名の生徒会みたいですが。
   生徒会でいいじゃん(真理)
   憧れの三人に会ったことで、さっそく女子には嫌われました。愛想無くてすいません。
   別に友達作りに学園に来たわけじゃないし…でも寂しいよう。
   ところでロシナンテってロバの名前…いやなに。

   女子とはお友達になれなかったけども、フレンドリーな眼鏡が居るよー!
   コンスタンス?じゃなくって、コンスタンティン。
   攻略対象じゃないのかなー、かなり良い眼鏡だけどなー。
   名前的にも正ルートっぽいけどなー。
   学園でいろんな人と会って行くうちに、容疑者発見。指輪はロシュフォール先生の…?
   ツンデレと言うよりも、DVっぽいのが気になりますが。
   むしろ、第一発見者も妙なことを言い出すし。
   とりあえず、三銃士と決闘して、理事長に会う権をゲットして、情報を手に入れろと。
   え…あの三人と…?
   アトスさんは真面目そうだけど強そうだし、アラミス様はナルだし、
   ポルトスはラッキースケベ爆発だし。
   いやもう、部屋に鍵をかけろと。ただただ、言いたい。

   そんなわけで、ナルと決闘。と言うか、ダルちゃんちょっと無謀…。
   いきなり、容疑者先生の部屋に勝手に入っていくし。
   だから鍵をかけろと。鍵無いのか、この学園。
   不法侵入ですよ…。まあ、アトスさんも同罪って事で。
   ダルちゃん無愛想なのは良いけども、目的のためなら猪突猛進タイプなのか、
   ちょっと周囲を見て欲しいところ。まあ、そんな彼女だから、三銃士の皆さんも
   気にかかってくるわけですが。
   理由も聞かずに協力してくれる眼鏡は本当にいいやつだなあ!
   少しずつ周囲とのわだかまりも解けて、女子とも仲良く慣れそうな中、悪魔発見。
   てか、ナル…もといアラミス様も悪魔…?
   えええええええええええええええええ!!!
   しかも、ちょっと格好悪い…(助けてくれた人に対するお言葉)

   なんだか悪魔を見た気がするけども、うやむやに。全員、何かに巻き込まれたらしい。
   よくわからないけども。
   少しずつ仲良くなるかと思えば、ラッキースケベ発動するし。
   アトスさんたら気にしすぎ…。
   鍵が無いのが悪いのか、勝手に開けるのが悪いのか。
   鍵かかっててもこじあけそうですが(それもうラッキー関係ない)
   そんなこんなで、ポルトスとも対決。
   アラミス様はちょっと卑怯な手だったかもしれないけども、ポルトスは実力で勝たせて
   いただきました。
   いやもう銃士隊面目丸つぶれ。
   アトス様には勝てそうに無いけどさ…。
   そんなアトス様とは、ハロウィンでいちゃいちゃ。ラッキースケベが功を奏したのか。
   決闘の方は、試合に負けて勝負に勝ったって感じですが。
   これで全員配下ね!(目的が違ってきてます)

   そんな中、謎の呼び出し状が。すいません、ちょっといい気になってました。
   現れたのは、うねった乙女。うねうね。
   どうやら父ちゃんが持ち出したのは塔の鍵だそうで。
   そうして、犯人は理事長とロシュフォール先生…?
   さらに、うねった乙女も狙われているらしい。
   やだ、あの容疑者先生とおっさんロリコン…?
   そう思いながら部屋に帰ったら、部屋が荒らされて…。
   塔には鍵付いてるのに、部屋には鍵が無いのかー!
   フランスには錠前を作るのが好きな王様だって居たのにね…。

   とりあえず、三銃士の皆さんも協力してくれることになったのはのはいいけど、
   「探りを入れる」と言いつつ、わりと直接的に理事長と話をしてるよ。
   大丈夫なのか、こいつら。
   ただ、ミレディ先生も探りを入れるにしては直接的だったけど。
   アトスに地雷が無い分、ロシュフォール先生の方に地雷が…?(もやもや)
   大丈夫なんかこいつら、と思ってたら、案の定情報駄々漏れてる。
   塔に近づいたらなんか悪魔来るし。どっかで見た悪魔なんだけど(正直)
   さらに、三銃士の皆さんも悪魔に…?
   アトスはあんまり変わらないのに、アラミスの変わりっぷりスゲエ。
   ヒッピーみてえだ…。
   どうやら、私が島に来たくらいに、呪いをかけられて悪魔になったっぽい。
   生まれた時からその要素はあったみたいだけど。黒い百合の紋章とか。
   ただ、結構最近の割に、受け入れてるな!あんまり動揺してないような。
   そうかと思えば、いきなりの展開。生徒に三銃士が悪魔だってばれたー。
   というか、普通はこんなミエミエの手には引っかからないよね、って罠に
   簡単に引っかかった。いいのか、生徒会長。
   いや、探りを入れられなかった時点で、そういうところにミスが目立つタイプだとは
   思ってましたが(酷)

   そんな感じで二人きりの逃亡劇。いや、ポルトスさんはいいけど、アラミスさんどうしたの。
   逃亡中なのに、結構いちゃついたりしますが。どうしたんだ、生徒会長。
   なんか箍が外れたようだ。
   ともかくも、生徒全員人質に取られたので、最終決着をつけちゃうぜ!
   その前にもクリスマスやっちゃったりと、結構呑気。
   すっかり、恋愛脳になってるーーーー!!
   それでも、中ボス戦。まさか本当に殺っちゃうとは…。
   攻略対象同士で争うのは「けんかをやめて」的展開だけで満足なんですよ。
   リアル殺人勘弁してくださいですよ。
   いや、悪役なんだけどね、多分。思わせぶりなんだけどね。
   殺人とか決闘ならば、もっと中世設定のままでやって欲しかったなあ。
   ただ、ラストはそれはもうラブラブと。世界観が壊れるほどにラブラブと。
   なんだか謎が山積みで残ってるけど、幸せだから、まあいっかー!(いいのか)

   乙女的要素を押さえているわりに、メインのストーリー設定部分が
   めちゃめちゃ気になりますよ!
   そんなわけで、他のキャラも落としてみることに。
   ポルトスさんはあんまり真相には近づいてないよな、と思って、先に攻略。
   なんという発情ガキ大将…!なのに、萌えは押さえてくるってどうなの!?
   でも、やっぱり部屋には鍵をつけた方がいいと思います(冷静)
   まあ、鍵があろうと無かろうと、発情はしまくりでしたが。
   少しおちつけ。
   アラミス様はアレだよね…。プランシェちゃんに萌えるルートって事でいいんだよね。
   駄目だこの人、放っておいたら死ぬ。床に寝せても多分死ぬけど。

   二周目以降イベントなのか、三銃士を攻略して最初からやり直したら、ちょこちょこと
   イベントが増えてるー!
   とりあえず、「アポロンと呼べ」とか言うロマンシング爺が一番気になりますが。
   まあ、若手から行こうと、容疑者の先生から。
   なんかもう、他のルートでも、下働き臭凄かったけども、本人ルートは中間管理職だ。
   苦労人なんですね…。
   「俺は酔えない」とかぐびぐび酒を煽ってたけど、あんた、自分に酔ってますからー!
   ところで、何で先生すぐ死んでしまうん?(蛍か)
   まさかの100%。確率たけえ。
   二人目の先生も、黒幕臭凄いけども、結構ヘタレだ。
   というか、勘違いも甚だしい。気付けよ、お前、みたいな。
   前世とかもうあきらめろ。勘違いでしたで済まされる問題じゃねええええ!!!

   そんな感じで、取っておいたロマンシング爺。
   獣神サンダーライガーみたいなんよりも、ロマンシング爺のままで居て欲しかったよ…!
   いやもう、ロマンシング爺、ロマンシングすぎる。
   え…この人メインヒーロー?
   勘違い先生の後にやると、ものすごく可哀相だよ、勘違い先生が!
   だって、空回りなんだもの!
   こっちは運命の出会いとかしてる間に、勘違いしてるんだもの!
   しかし、先生方を落としていると、三銃士の皆さんに本当に申し訳ない。
   いやもう、親切にしてくれた二人に申し訳ない。ええ、二人に。
   幸せになれそうに無い人はなれないしな…。理由がわかっても、もんやりする部分があるよ。
   結構簡単に敵方に付いちゃうとか、あっさり殺しすぎだとか。

   そんな中、開いてない項目があるではないですか!
   おおおおおおおおおおおおお!!!眼鏡、来たーーーーーーー!!!
   なんでここだけギャルゲーなんだろう…。
   いや、眼鏡は主役張れるタイプだと思ってましたよ。
   ロマンシング爺がメインヒーローならば、裏ヒーローですよ。
   勘違い先生の勘違いを正して「やり直しを要求する!」が出来るとは。
   目的のためなら手段選ばないし(注:褒めている)、眼鏡最高にカッコいいぜ!
   三銃士の皆さんも空気じゃないし。
   なによりも、眼鏡が熱いし、面白キャラだし。
   前世とか関係ないぜ、今を生きるんだぜー!ってのがいいですねえ!
   他ルートで、もんやりしていた部分が無くなって、ものすごくすっきりする!
   いやもう、眼鏡はあった方がいいですがね。

   前世と言っても、原作と話は違うので、そこのところはまあ、いっか、くらいです。
   部分的にもんやりする部分はあるけども、最後のすっきり感で気持ちよく終われました。
   何よりも、話が気になって、ついついのめりこむー。
   ただ、勘違い先生は一発くらいヴン殴った方がいいと思いますがね。
   精神的ダメージが大きいからいいかー。
   できれば、不憫先生は幸せにしたげてください…。
   あと、鍵はちゃんと掛けてね!