BACK


 TOKYOヤマノテBOYS DARK CHERRYプレイ感想〜毒喰らわば皿まで編


   とうとうヤマノテBOYSも最終ディスク。
   同じようなデートのようでちょっとだけ違う。
   さらに、裏に隠された部分のラストはどうなるのか。
   毒喰らわば皿まで、と言う事で、最終ディスクも行っちゃいますよー!
   そんな、ゲーム感想。

   前回大会と同様に、TYBに参加するプリンセス&BOYS。
   どうせ、岩崎前田ゲーだから、登場するBOYS全員馬鹿なんだろー、と
   思ってたら、ラストはちょっと違うタイプ。
   油断した!えぐざいるだって、全員髭なわけじゃない!
   まあ、えぐざいるの髭率並に、馬鹿率高いと思いますが(酷)
   ともかくも、私ことチヒロは、お約束通りTYBの会場に来ております。
   今回はオレンジ眼鏡兄貴にピンクの蝶ネクタイ、そして変態。
   いやもう、変態際立ってるな!キャラ立ちすぎだよ。
   ピンク蝶ネクタイは、私の苦手な「すぐ舌打ちするキャラ」ですが。
   お前、ちっちゃな頃からそんなトンガって生きてきたのか…?

   そんな中、眼鏡兄貴の安定感が半端ない。
   このメンバー、兄貴が居なかったらまとまりませんよ、兄貴!
   いや、他の二人はあまりにもキワってる。
   後の二人がキワってるから哲くんがものすごい常識人に見える。
   いや、本当に常識人だけど。
   変態はいきなり祭りを別の方向に持っていこうとするし。
   基本、ピンクイエス様も変な方向性だよな。普通がお嫌いですか。
   ガールズトークでも、「哲くんがいいなあ」って言ったら、
   「めっちゃ無難」の嵐だよ。無難で悪いかー!
   無難がいいんだ、無難が。
   いちいち舌打ちされたりするよりは、無難がいいんだ…。

   そんな中、何があろうと兄貴についていきますよ!
   おばけ屋敷は基本だけど、萌えるなー。
   兄貴は「見える人」だけど、見えない方が怖いって。そうかもなあ…。
   時々揺れるアンテナが気になります(妖怪アンテナなのか…)
   問題児二人を放っておいて、二人きりになるとものすごくホッとする。
   いや、二人も悪い人ではないんだろうけども、キワってるから…。
   ものすごい方向性でキワってるから…。
   ピンクはデート嫌そうだし、ハマーはおかしいしで、この三人と居ると
   アンバランス感スゲエ。
   どうでもいいけど、シャンサイン超言いにくい。

   デートの方は、ずっと「もう二人きりにさせてください」と思うほどの安定感。
   いやもう、他の二人がキワすぎてなあ…。
   さらに、哲くん、ラブ度たけえ!
   あーん、とか平気でしやがるぜ!
   すぐ手を引いてくれるとか、頭撫でるのが癖だとか、スキンシップ激しいけど
   それがいやらしくないのがイイネ!
   手を出してるのに、花が飛ばなかったらなんかがっかりするので、
   すべてのモーションに花が咲くのはとても気持ちがいいです。
   そうだよ、手を出されたら、手をつないでいいんだよ!
   そうでなければ、なんのためのエスコートモーションだよ!(真理)

   乙女ゲー的なカウンセリング部分も、哲くんは本人に問題があるわけでは
   ないので、いい感じに進みますよ。
   なんかもう、年寄り出されると辛いけど。
   泣いてしまうわなー!
   ラストも、もう嫁に行きます!くらいのレベルの安定感。
   ああ、ほのぼのラブっていいですねー。

   哲くんで乙女的には十分満足しましたが、他のキワってるキャラも
   落とさないと、皿まで食ったことにはなりませぬ。
   第一、殺人鬼の人とか真END見ないとすっきりしないだろうし。
   そんなわけで、ハマー。ガールズトーク評価の部分が酷い言われようだ。
   「そっちに行っちゃうのか…」「まあ、金あるし」的な評価だよ(金か)
   イイネ!の言い方が違うぞ。
   変態なのは別にいいけれども、悪魔部分はカンベンですよ。
   真ENDもやってみたけど、え…。このルート治らないの…?
   プリンセスがアレしちゃう気が…。変態の中の狂気が怖いぜ。
   坊ちゃんと水着対決くらいで留めておけ、変態要素。

   イエス様はなあ…。何か子供の頃にものすごいトラウマ的な事件があって、
   ナイフみたいに尖ってしまったのかと思えば、普通に中二病患者だった。
   「なんでも出来ちゃって周囲が馬鹿に見える。理解してくれる者は居ない孤独な俺」
   とかもう、それただの若さゆえの過ちだからー!大人になれよ…。
   しかも、乙女ゲーの中二病患者に必要なカウンセリングも既に受けているにも関わらず、
   治ってないとか。
   なんだこのがっかり感。乙女ゲーでカウンセラー必要な中二キャラをカウンセリング
   出来ないってのは、ファーストキスを別の奴に先越されてるようなものだ(極論ですが)
   案の定、最初のカウンセラーの方にストーリー的な重点持ってかれてるじゃないのさ…。
   まあ、男子なんですけどね、カウンセラー。
   しかも殺っちゃうのかよ、カウンセラー(恩義は)
   違う…そうじゃないんだ…。

   そんなもんやり感も、哲くんの真ENDですっきりしたあ!
   殺人鬼とか出ても、やっぱり乙女ゲーなので、命がけで守ってくれるタイプは
   好感度高いよ!SMの拓海くん然り。
   恭平くんにだって事情があるんだから、簡単に殺っちゃダメだろう…。
   と、思ったら、その部分もすっきりするし。
   そうだよ、そこで愛の力だよ!ラブパワー強し!それが乙女ゲーだろうよ!!
   しかし、マザーも悲しい女性だな…。

   プレジデントとマザーの件もようやくわかってすっきりしたし、
   恭平くんはまあ、あれはあれで良しとして、ゲーム的にはすっきり終わりました。
   やっぱり「プリンセスは王子様と幸せになりました、めでたしめでたし」で
   締めるのが、おとぎ話的にも良いと思われ(綺麗に終わる)
   イケメン選びのイベントでしたが、九人やってわかるのは「男はやっぱりハートだ!
   と言うことです。やっぱ姫は守らないとねー。