BACK


 シンデレライフプレイ感想〜昔の名前で出ています編


   ガールズRPGと銘打った謎のゲーム。
   「どうせキャバ嬢ゲーでしょ?」と言う方もいらっしゃるかもしれません。
   間違いなく、RPGです。
   ドラクエだって、ゴールドマンが出たらなんかドキドキするだろ?
   はぐれメタルが出たら、逃げられないように頑張るだろ?
   RPGだ、これ。
   お金をたくさんもった敵とか、経験値をたくさんもった敵が出てくるRPGだよ。
   それでも抵抗ある人は、この魔法の呪文を唱えるといいのです。
   「キャッスルはキャバクラではありません、なんかこう、もっとピュアな何かです
   そんな、ドリクラ的なゲーム感想。

   私こと、ヒロミ(仮名)は、オラ東京さいくだ、的に田舎から出てきた
   典型的田舎娘。就職が決まっているわけでもなく、お花屋さんをやってる叔母のみよこさんを
   頼って風呂敷一つでネオ銀座に出てまいりました。
   確実に駅に着いた途端に騙されそうですが、そこはネオ銀座で女手一つで花屋を経営している
   やり手のみよこさんのこと、ちゃんとお迎えを出してくれました。
   つーか、眼鏡!眼鏡!
   なんだか蝶のことにしか興味無さそうな眼鏡ですが。
   そうそう、この街に着いてから、謎の蝶々が止まったんですよ。
   なんかそういう伝説的なものもあるらしい。
   ぼんやりしてたら、夜の蝶にも声かけられたよ。
   「ネオジェンヌを知らないですって?知りたければキャッスルにいらっしゃい!」的な。
   あんたポリニャック伯夫人か。
   そんな初めて会ったネオジェンヌ。紫音さん…シにネと書いて、シオンさんですね!
   いや、高飛車だなあ。

   「キャッスル」が何かわかりませんでしたが、とりあえずお花屋さんのお手伝いで、
   その噂のキャッスルに行くことに。
   わあ、銀座の真ん中にラ○ホ…じゃなくって、お城が。ヴェルサイユか。
   入って行ったら、なんだかてんやわんや。
   キャバクラ…じゃなかった、キャッスルのナンバーワンホステス…もとい、ネオジェンヌの
   美麗さんのお誕生日パーチーらしいです。
   キャバクラとかホステスとか昭和時代の言い方をしてしまいました。
   今は、ラウンジのキャストって言うんですよ。某夢の国と同じですね!(注:違います)
   ともかくも、人手が足りなくて駆り出されたよー。
   なんかどっかで会ったガイジンさん?いやいや、別人、別人。
   どっかの王子様っぽいその人は、セルジュさんと言うらしい。
   上品なガイジンだー。まあ、蝶のことにしか興味無さそうな異人ですが。
   謎の蝶伝説…。
   最初のヘルプは無事終了!
   上手くやったんで、ここで働かないかって。高校時代の友人のいちかにも会ったし、
   うーんどうしよう…。と言っても、やるんですけどね!
   ああ、田舎から出てきた娘が辿る運命か…。

   とりあえず、オーナーは田舎娘を売り飛ばすようなことはしない人だったらしく、
   翌日ヘルプの代金をくれましたよ。てか、それで装備を整えろと。
   まあ、今持ってる服は、「ぬののふく」としか言いようのない服だし。
   いちかと一緒にお買い物ー!
   一番最初に買う洋服で凄く迷う。だって、お洋服高い…。
   ジョージ・アイダいっせんまん…。いやいや、0の数違うから!
   なんかお店沢山あって、凄い楽しい!着せ替え人形のように着替えたり、
   田舎臭い黒髪の三つ編みを赤毛ショートにしたら、別人だー!
   ああ…こうして都会に染まっていくのね…。
   いちかのおごりでオサレな店に行ったり、エステにイタリアンとか、女子力高ぇ!!
   ショップで買い物したら、お店ごとに違うショッパーだったり、お店の人が新作着てたり
   細かいところで丁寧に作ってあるなー。
   あと、ご飯の染み。スゲエなんだこれ。牛丼食べた後の、箸でカッカッってやった感じの
   妙なリアルさ、スゲエ。

   装備を揃えたので、戦闘準備に入ります。
   お店に行ったら、先輩たちにご挨拶。
   紫音さんはポリニャック伯夫人かと思えば、普通にいい人だった。
   むしろ美麗さんの方がなんか怖い。いや、いい人なんだけど、怖い。
   「私の代わりに、セルジュの相手をしてくれてありがとう」って
   丁寧に言ってくるのが怖い。
   すんません、ナンバーワンの御贔屓さん奪って申し訳ありません!的な。
   いちかは、らーせー狙いか…。まあ、あの眼鏡怪しいけどな。
   ともかくも、最初の接客。はぢめてなので優しくしてねv
   と、思ったら、なんか、怖そうな顔おっさんが座ってる…。
   「いつもは咲さんに接客してもらってる」とかいきなり嫌なこと言うよ。
   嫌な客に着いちまったなあ…。
   偉そうな最初のお客様はダイゴさん。山田商事の専務さんだそうで。
   社長じゃないのにそんなに偉そうなのか。
   社長秘書と副社長の座を争ってる話をするけども、正直、その秘書さんの方がいいんじゃ…。
   そう思わせるほどに尊大な客だよ。
   社長秘書は大変なんだぞー。社長の膝に座って仕事しないといけないんだぞー(偏見です)

   なんとなく疲れる接客をしてしまいました。喜んでもらえたかは微妙…。
   その後、演歌歌手とか小説家のセンセとか来ましたが、いい人ばっかりだ!
   なんだこの安心感!ダイゴさんが嫌な客だっただけで、他はいい人たちだー。
   おつまみに、スイーツインパクトしか出せなくても怒らないし。
   と言うか、基本、何を出してもあんまり怒られはしない。
   ルーレット早いよ…。
   そんな中、ダイゴさんクラスに尊大なお客様が。
   やだなにこのこ、ちっちゃ可愛い…!
   いやすんません、社長なんですね、京サマ。社長なら尊大でも許す(差別です)
   てか、「凄いです!」「カッコいいです!」「ステキです!」で
   ガンガンクリティカルヒット与えられる気持ちよさ!
   チョれええええええええ!!!京サマ、チョロすぎるううう!!!
   すげえゴールド持ったスライムとか最高じゃないですか!
   大満足で接客終了。お金もいっぱいたまったけど、一晩で使うよ!
   だって、欲しい服とかアクセとかいっぱいあるんだもん!

   接客になれた頃、VIPルーム解放。 
   ひょっとしてラスボス…?と言う雰囲気を出す社長。
   社長さんたくさん出てきますが、ラスボス感のある社長だよ。チョロ助と違うよ(失礼)
   ストーリー的になにやら画策されている雰囲気のまま終了。
   一応、ストーリーはあるけども、むしろ接客が楽しい。
   ネオ銀座を走り回って、おつかい受けたりとRPG感は満載。
   走り回っていたら、スペシャルゲストも登場したよ。
   めんどくさい男だなあ。いやいや、千秋様すいません。
   スペシャルゲストのコラボキャラも、ちゃんとお店に来る理由があったり
   あんまり違和感なく溶け込んでます。
   接客をこなしつつストーリーを進めますよー。
   政治家の人とかご来店するけど、普通にいい政治家の人だった。
   基本、みんないい人だなー。
   ただ、ラスボスっぽい社長が何か画策してらっしゃる。
   と言うか、竜王の居城隣に無いか?くらいのドラクエ度。
   近すぎて見えないものってあるよね。

   お隣に建設中のバベルの塔は置いておいて、毎日楽しく女子力UP。
   いちかの頼みで世良君との間を取り持つことになったりと
   ちょっとジェラシー。ああ、世良君は絵に描いた餅か。
   近くにいるのに、あんまり仲良くなれてる感はないしなー。
   いいもん、私には京サマとセンセと社長がいるもん!(多)
   山田商事の社長は素敵です。酢昆布とシスコンで悩んでるけど、私は断然
   酢昆布派ですよ、社長!!!
   そんなことはおくびにも出さずにシスコンの接客しますが。
   センセは渋カッコよすぎて倒れそうです。もうずっと「センセのお気に入り」だった。
   むしろ、センセが私のお気に入りだ!
   京サマとか社長は心置きなくフィーバーできるけど、しんちゃんとか可愛そうで
   出来ません…。お店に来なくなっちゃうんじゃないかって。
   京サマは、アレは小さいけど、ナニはユルユルだぜ!!!(注:財布の紐)
   「リシャール二本も頼んじゃいましたv」と笑顔で言えるヒロミには
   もう田舎の思い出なんてないのさ…。

   そんな中、ライバル店が出来た模様。
   銀座にピラミッド建設するな。まあ、バベルの塔とかヴェルサイユ宮殿もありますが。
   どんな銀座だ。
   そんなツッコミは置いておいて、お手伝いに行くことに。
   新しいお店は「エクスカリバー」
   ちょっとキワったお客様が多いらしい。でも店長さんがナイスダンディだわ…。
   マジ世紀末に「マジ世紀末ですよねー」的なことばかり言っていたら
   「オマエ、マジ世紀末使いすぎジャネ?」言われる世紀末。
   くまちゃんとかいい電波じゃないですか!
   医学生にわざと違う飲み物を出してツンデレプレイとか最高です。
   てか、学君絵に描いたツンデレでいいな!
   そんな中、素敵な男性が来店。相田譲二さんですって。
   「やだ、それ、ジョージの服じゃない?」って。
   その一言を言わせるために、どんだけ頑張ったか!
   40代おっさんカマなんて、どストライクじゃないですか!(直球で)
   おかねもたくさんもっていそうだし。いっせんまん…。

   しばらくエクスカリバーに居ると、キャッスルが恋しくなるよ。
   ストーリー的に戻れないのかと思えば、そこはちゃんとしていた。
   美麗さんが行方不明になったとか(不穏)
   基本、美麗さんも良い人なので、助けたい。
   そう思ってたら、エクスカリバーに手下眼鏡来たー!
   レインボースリーですよ。宝条社長の手下ですよ。
   三人なのにレインボーって。ああ、七光りでレインボーなんだ…。
   脳みそ的には非常に残念な眼鏡ですが、接客は楽しい。眼鏡効果凄い。
   というか、やっぱり基本的に斗真さんも良い人なので。
   馬鹿だけど。スゲエ馬鹿だけど。
   どうやらラスボスと思ってた宝条社長も当て馬だった模様。
   会社の地位を奪われてボロボロになってやってきたから
   店で通常一番高い飲み物を出してやった。あ、水の方が良かったのか。
   心の底までネオジェンヌです。フィーバースロットでもぎ取る気でした(鬼)

   ラスト、復讐に囚われたラスボス様接客。やっぱ悪いの宝条社長じゃね?
   もっとしぼり取ってやればよかったかしら(悪魔)
   ともかくも「復讐は憎しみしか産まないんだ!」ということで、
   改心してもらったよ。ちょっと難しかった…。
   さすがにラスボスには装備変更も必殺技も効かないから。
   あ、接客でお客様の好きな装備を付けてると、ダメージが大きいんですよ。
   そこのところ細かい。
   ちなみに必殺技は「プラチナ二本も頼んじゃいました!」ですよ。
   人によっては、「ザキ」レベルの即死効果。
   ただ、お金持ちの人には効きませんが。

   ネオ銀座、というか、世界が平和になったので、心置きなくボッタくれます。
   ストーリー終わったら終わりかと思えば、むしろそこからが本番だった。
   どんどん仲良くなるにつれ、常連客の皆さんも、心も財布も開いてくれる。
   くまちゃんとか、中身が気になるじゃないですか(中に人はいませんよ)
   ええい、イケメンなのは割れてるんだ、顔を見せんかいー!
   と思っても、そうもいかない、くまちゃんのイケズっ。
   ちょこちょこと客同士の繋がりがあって、楽しいです。
   豆腐と納豆は兄弟なんだね…。
   山田商事三人組が、ボックスに並んでると「今日、定時退社ッスか!」とか
   言いたくなります。でも、山田社長のところに行く。
   社長良いですよ、社長。一番最初に三段階に行きましたよ。
   え、酢昆布を膝に乗せて、ダイゴさんを傅かせた上で、京サマの会社を乗っ取るとか
   そんな夢のような話も可能ですか。
   その夢を叶えるために、社長にミートボンバーを出すよ(人でなし)
   いや、偶然なんだ…わざとじゃないんだ…。
   ヒロミは悪魔に魂を売ったかと思ったわい。
   社長、喜ばないでください。健康診断の話の後に。

   既婚者はいい感じの話で締めるけども、未婚者はガンガン攻めてくるぜ!
   にっこり笑ってあしらうネオジェンヌヒロミ。
   ダイゴさんとか断ったのに萌えさせるとか何様だよ!
   京サマは可愛くて萌え転がりましたが。なんだこのこかわいい。
   山田社長様のことを「田舎出の成金」みたいなこと言ってたの、本当は内心
   憧れちゃってたりしてるんだろ、コノヤロー!的に可愛い。
   俺様系とツンデレ系は、弱い所見せられると、本当に弱いんじゃー!
   乙女的にも萌えるので、個別エンドが欲しいよなー。

   人として軸がぶれていないアスリートは私のタイプではないので、あまり話してませんが、
   いろんなタイプいて、みんな良い人でいいなー。
   夜の商売の割に、癒されるゲームでした。
   とりあえず、酢昆布膝に乗せたり、京サマにたわし買ってもらうエンディングが欲しいので、
   続編は是非個別エンド付きで、お願いします!