BACK


 碇シンジ育成計画プレイ感想〜女の戦い編


   ガイナックスといえば、プリンセスメーカーだろうと言い切るほどに、育成ゲームが
   大好きです。(断言)
   そんな、ガイナックスの製作したアニメで育成ゲームと来たらやらないわけには。
   というわけで、「新世紀エヴァンゲリオン碇シンジ育成計画」。
   綾波育成計画はタイピング部分がネックだった気がしてならないけれども。
   今回のネックは、イラストがアニメ絵ぢゃないという気がしてならない。
   なんですの…このリツコさんは…。他は許容範囲内だとしても、リツコさんが…(悲)
   肩を落としつつ、ゲーム感想。

   いきなり14歳の少年の教育を任される、私こと葛城ミサト29歳。
   いいのかしら…。犯罪ではないのかしら…。(教育自体は犯罪ではありません)
   と、いいつつも、父嫁エンディングを至上の喜びとする困ったプレイヤーにより、
   「ミサトvシンジEND」を目指すことに決定。
   プリンセスメーカーの醍醐味は、父嫁エンディングです。
   誰が手塩にかけて育てきった可愛い娘を他にやりたいと思うんじゃい。
   (父嫁エンディング=光源氏計画)
   とりあえず、身近な敵といえば、「赤木リツコ博士」と「綾波レイ」。
   え、使徒ではないですよ。敵は本能寺にあるんですよ。
   だけれども、リツコさんの立ち絵の微妙っぷりのものすごさもアレですが、
   レイちゃんの立ち絵の微妙っぷりもアレだ…。
   せっかくのビーチク画像ががっかりだあ!!!(ビ…?)
   パソコンゲームではありますが、全年齢対象です、念のため。びーちく見せても。
   ちなみに、このゲーム上、他と比べて異彩を放つほどに可愛いキャラがいます。
   ええ、育てる娘ですよ。シンちゃんですよ。
   にゃんだ、このかわいこちゃんわあ!!!!ぎゃあ!!
   「あの…。ミサトさん、いつもありがとう」
   ぎゃあ!!可愛い!!

   ともかくもスケジュール入力。
   目標は「かしこく、つよく、かつ、可愛いシンジ君」なので、
   戦闘訓練はほどほどに。まあ、生き残ればいいや、くらいの勢いで。
   知能、精神、感性の教官は、新キャラ。どれも可愛い娘さんばかり。
   え、日向、マヤ、青葉の三人でもいいじゃんよう。
   シンちゃんを誘惑する敵ばかりが増えていく中、ひっそりと体力教官に
   預けてみたり(青葉シゲル氏・男子)
   だって、女の子に預けるのもったいないのだもの。
   しかし、体力の育成画像…なんなの…この大胆な開脚は…。
   柔軟運動?まあ、そうなの…。
   青葉ぁ!!シンちゃんに何させてんのん!!もっとやれ!!(え)
   部活動に入りたいっていうから、音楽部に入れたら、そこにも罠のように女の子が。
   全て障害だ、父嫁ENDの障害だ。
   でも、この戦いに勝ってこそ、華。競ってこそ、華。

   戦闘訓練をほどほどにしてしまったためか、早々と店舗倒壊。
   ああ、育成に必要なお店まで潰してしまった…。
   というか、3話くらいで、お店が1件しかなくなるのは仕様?仕様なの?(違います)
   残っている店が「映画情報の店」のみという、どうにもならない状況の中、
   休みの日は部屋の掃除を決行。
   ああ、シンちゃんはいいおよめさんになるよ…。
   それにしても新キャラの女の子達が全然出てこなくなりました。
   思い出したようにシンちゃんが名前を呟くけど、正直「誰?」状態。
   3話くらいで店舗が倒壊したのと何か関係が!?
   (注:店舗が無いとオペレーターズと知り合えません)
   そして、さりげなく育成費用も削られた。店舗が倒壊したのと何か関係が!?
   いやすいません、世界を守る正義の味方が破壊神のようになっててすいません。

   しかし、その苦痛の戦闘も最初の頃で終わった。
   なんだろう…無駄にレベルの高い3D入れてる割には…げふげふん。
   いや、無駄に綺麗な3Dなんですよ。高スペック要求するだけある。
   ただ、育成費用も無くなり、バカンスと言っても、映画に行くか海に行くか…。
   海に行ってもミサトさんの水着画像だしな。シンちゃんのでお願いしますよ。
   プリメの何が楽しいかって、バカンスだよ、バカンス!
   娘の可愛い画像をお願いしたいんだよ…。
   ただ、戦闘がほぼ無くなったので、普通に学校に通わせることに。
   戦闘が無ければ、スケジュールを入力するだけの普通の育成ゲームです。
   でも、実行ボタンがあるのに、わざわざ違うところにコマンド出すとか
   なんの嫌がらせだ。
   ともかくも、三者面談。成績上げて、って先生に言われた…。
   ああ!体力ばかりを上げてしまっていたよ!
   あの全開脚画像は魔物だ!

   ストーリーは普通に進んでいきますよ。アスカ来日したり、シンクロ訓練したり。
   ただ、体力の教官が青葉君から加持さんに変更になった。
   いやらしさUP。じゃなくて、リストラ泣ける。
   アスカは比較的可愛いので、ついついかまってしまうよ。
   うん、この絵師さん、正面顔があんまり可愛くないんだな…。斜に構えてるくらいが
   可愛いんだな…。
   ともかくも、女子が増えるとライバルは増えるけども、育成画像が華やかでいいなー。
   一緒に屈伸運動とか可愛いんだよう。
   しかし、あんまりにもレイちゃんを構わなかったためか、クリスマスにすら居なかった。
   あれ…?公式で公開されてる画像と違う…?
   まあ、一番可愛いのはシンちゃんですけどね!(親バカ)

   テレビ版に準拠してストーリーが進むかと思えば、何故かいきなり海の家。
   あれ?急展開ですよ。
   どうやら戦闘訓練を進めるとタナトス編、学校に行き続けるとパトス編となるらしい。
   地獄の訓練と海でキャッキャと遊ぶのどっちがいいかと問われれば。
   そりゃもう、海でしょう!
   ネルフの好感度を上げるために、海の家経営。もちろん看板娘はうちのとびっきりの娘さ!!
   あれ?普通看板娘、女子だよね。なんで女装とか…。
   いいぞ、もっとやれ。
   このゲームちょっとおかしいです。初回特典の冊子ですら全てシンちゃんの女装画像で
   埋められている濃ゆさ。「何も着てないのが一番いい」とか腐ったホモが言ってる濃ゆさ。
   でじこコスプレが一番かわゆかった…。

   それにしても海の家を過ぎてからは、何故かタナトス編とパトス編を行ったり来たり。
   話数の数字で違うのね。何故かはよくわからないまま、とりあえずパラメータは
   学力と体力は999まで上げてある。最高ですなあ。ただ、色気は無い。
   色気って必要なのか…?
   そもそもパラメータが関係しているのか、戦闘の勝利が関係してるのか全く分からない。
   女子との親密度も全くわからない。
   いや、プリメもそうだけどね。ラストに何が来るかわからないから楽しいのだ。

   とりあえず、ゼルエル倒したら、展開がおかしくなった。キャンパス編?に突入だー!
   作戦部長だったのに、何故か教師になってるよ。まあ、教師でもシンちゃんは居るけど。
   そして、娘が年頃になると、来るのです。アレが。
   「よろこべ女子ー!転校生を紹介するー!」
   王子様の来訪です。
   いつも思うけども、プリメの王子はいつだって微妙。だって、可愛い可愛いうちの娘を
   労なく攫っていくんだぜ?
   しかし、女子は喜ばない。シンちゃん狙いだからなあ…。あからさまにライバルだしなあ…。
   さらに「僕は○曜日にはカルチャースクールに居るから」って。
   宣戦布告か!
   よろしい、受けてたとう!!!
   これは戦い。女の戦い。可愛い娘を持っていくならば、私を倒してからだ!
   スケジュールはお前の言うとおりに入れて、残りは私と過ごしてもらう!
   それで負ければ本望だ!!むしろホモだ…(BY:パプワ君)

   それにしても学園生活は楽しい。合奏やったり、合唱コンクールやったりとほのぼの楽しい。
   シンちゃんモテモテだし。さすが私の娘!鼻が高いわ!!
   ただ、レイちゃんだけはただのジジ専のヲタクですが。どうしてそうなった…。
   しかし、娘を狙っているのはクラスメイトだけではないのです。
   リアル父まで萌えてやがる。こいつ…父嫁ENDを狙ってるのか…!
   ちょっぴり恥ずかしがり屋のお父さんは、可愛いシンちゃんとの距離を詰めようと必死です。
   いいおとうさんですね!(棒読み)
   おかしすぎて吹いた。でもこういうお父さんでいいんだ…。
   学力も体力も高く、お友達もたくさん居るシンちゃんは幸せそうで。
   何やら小説を書いてると。世界を変える力を持った主人公が出てくる話。
   重いけども、いろいろ考えているんだな…。幸せになるといいね…。

   ってところで目が覚めた。え!?夢!?
   しかもなんかラスボス戦的展開になってますよ。
   なんでケンスケ黄色いの(謎)
   タブリスはなんか逃げた。ちゃっかりシンちゃんのシャワールームに忍び込んでから逃げた。
   こいつ…やるな…。
   ラストは戦うのかと思えばムービーで終わり。
   まあ、後半に従って、3D無くなってましたもんね。
   白くなる世界。そして、選んだ道は…。
   うちのシンちゃんは小説家になりました。ストーリー的にいい感じだ。
   そして、売れっ子だし。育ててくれたことを感謝されて。
   「一緒に人生を歩みたい人がいる」って。
   来たーーーー!!来たよ、来たーーーーー!!
   あれ?家を出たいって、私じゃないの?
   「まさかシンちゃんが男と駆け落ちするとはねえ…」
   え。
   すさまじい新婚カップルの誕生に、一瞬付いて行けなかったよ。
   私の育成間違ってない…よね?みたいな。うん…間違ってはいないさ…。

   しかし、おまけで付いている「渚カヲル養成計画」はもっとすごかった…。
   ゼーレの老人たちおかしい。「碇を黙らすために、息子を誘惑するのだ!」とか
   なんかもう育ちきってる子を預けられた私こと赤木リツコ29歳。
   育成じゃないのね。養成なのね。
   目標:渚カヲルの色気を上げて、碇シンジを籠絡させろ!
   正直、どん引き計画だわ…。ゼーレの老人は何を考えているのか…。
   そして、育てる子との親密度は無いに等しい。
   ええ、私はシンジ君のスケジュールを探るためだけに存在しているのよ…。
   それにしてもカヲルの野郎はすぐサボる。シンジ君に会わせてやるっつーに。
   自由人なんだね…。

   ともかくも、シンジ君と一緒のスケジュールですよ。
   このゲーム上、一番いやらしいコマンド「運動」をやらせますよ。
   シンちゃんの全開脚にカヲル君加わったら、もう倒れるしかない。
   なんだこのいやらし画像は!
   しかしコマンドでいやらしいのはそれだけです。
   イベント画像はもっといやらしい。
   なんだこれ。
   シャワーは一緒に入るものだと誰が教えたのか。
   おべんとついてるよとか、川でキャッキャ遊びとか本当に誰が教えたのか。
   「わ…私じゃないわよ…」
   もう、そう言うしかない…。

   もう育ちきってる子は、たいして手をかけなくてもガンガン攻めていきますよ。
   スケジュール把握したら、後はストーカーなので楽。
   ストーカーは犯罪です。
   ただ、堕とされていくシンちゃんがたまらなくかわいい。
   延々とタラしていくのもフルボイスとかどうなってんのこれ。
   このフルボイス部分だけでも値段の価値ありますよ。
   PCなので1万近くしたんですが。
   いやもう最高ですね!
   そんなエロヴォイスに惑わされて、シンちゃん籠絡。
   いやもう、ゼーレの思い通りですなあ。
   しかしゼーレの考える人類補完計画って、人類ホモ計画…げふげふん。

   一般ゲーにはあるまじきほどに腐女子に優しいゲームです。
   PC版でしか出てないので、コンシューマーで出ないかなあ…。
   まあ、CERO引っかかりそうですがね!
   主にb地区部分で。
   カヲル君はピンクでした(何)