BACK


 倭人異聞録〜あさき、ゆめみしプレイ感想〜カルピス編


   あさき、ゆめみしに続編が!って、シナリオさん違うのか。
   前はロリショタまみれだったけども、今度は「刃仕事」…。
   ああ、あの超能力者なのに木とか引っこ抜いて投げてくる(忘れてあげて)
   刃仕事とロリのどっちが良いかと問われれば。
   ロリに決まってんだろ、ロリに。
   そんな悲しい気持ちのゲーム感想、以下続く。

   私こと伊織沙耶は退魔師やってる女子高生。
   あいかわらずお金はありません。ええ、悲しいことに。
   ツレの祇王と一緒に東雲さんの依頼で謎の村にお仕事に行く途中です。
   前作のいろいろは、無かったことになったのか、ノーマルエンドが無かったので
   よくわかりませんが、とりあえず、元気です。
   薙羽哉さんが「過去のことは忘れてもいい」的なことを言ってしまったせいで
   カケラも思い出してもらえません(涙)
   まあきっと、このルートだと、ゆきずりのお仕事相手でしかなかったのね…。
   この村でも新しい出会いがあるでしょう、きっと。
   そう思っていたら、早速新しい出会いが。
   なんか変な勧誘か何かと間違われてしまうような、スルー感でしたが。
   お祖母さんが亡くなりそうだとかなんとか。
   ともかくも、依頼主の家に着いたら、お祖母さん元気そうでしたよ。
   騙されたお孫さんの健さんは、普通にいい人そうだ。

   なんでも土地神様の気が崩れてるとか何とかで封印し直すとか。
   わりと簡単そうな依頼だけども、なにやら裏がありそうな…。
   東雲さんとは連絡が取れないし。
   まあ、ぎおたんがいれば安心か。意外と頼りになりますよ。
   毎日お手伝いさんの作った美味しいご飯を食べながら、のんびりと封印。
   楽な仕事だなーと思っていたら、考古学の教授とおっぱい美人に会いました。
   健さんはデレデレしすぎだ!教授に(え)
   なんか古い祠を調べに来たらしい。
   健さんちは由緒ある家なんだよな。あんまり封印とか見せない方向で。

   のんびりと過ごしていたら、ストーカーが来たよ!
   あれ…こんな子だっけか…高虎君…。
   また名前だけの主座様とかの話題が出てくるけども、いい加減紹介してくれても
   いいと思うの。
   てか、東雲さん居ないと思ったら、ワイハってー!
   可愛い子連れちゃってー!ずるい!そっち行きたい!(怒)
   浄化作業を急がなきゃいけないといいつつも、猫拾ったりわりとのんびり。
   この猫さんはなんかありそうだけども、まあスルー。
   さらに山で変態さんに会いました。変態と言うか、野獣?
   助けてくれるのは王子様ー!と小姑。
   ノーマルルートがあったわけではないので、どういうことになってるのかは
   わからないけども、贄の件は片付いたわけでもないし、愁ちゃんは冷たい。
   虚空たんはやっぱいい人だな…。見合いババアだけど。

   そんなわけで、本命が出てきたので攻略しますよ。
   虚空たん可愛いよう。見た目は可愛いけど、なんか達観した大人。
   ただひたすら呑気に過ごしているだけのような気がするけども。
   「栄養あるもの食べれば元気で頑張れる」って、私の為に山菜摘んでくれたの…?
   いや、絶対違うな。自分が食いたいからだな(×酷い、○理解)
   そんなところが好きです、師匠。
   それにしても、せっかく綺麗なべべ来たんだから、CGが欲しいよう。
   やっぱ虚空は大人対応だけども。

   呑気に過ごしているだけのようで、何かが動き始めている。
   どうやら昔、鬼を封印した女王様がいたらしい。
   そんで、再封印するのに、剣と珠と鏡がいるって。三種の神器ね。
   現時点で足りない剣を授かるには、健さんが頑張らんといかんらしい。
   って、戦う神様、ロリショタ来たー!
   ロリショタ守護神が来ると、教授とおっぱいさんが来るな。
   そう思ってたら、健さんが連れ去られた?悪い人ではなさそうだったのに…。
   どうやら、前に封印した女王様って卑弥呼らしい。
   そんな有名人関連だったら、封印だの遺跡だの発掘されてしまうではないですか。
   考古学好きの健さん悩むさ。歴史の重大発見をそのまま埋もれさせておくのだものなあ。
   ようやく納得したかと思えば、好戦的なぼっちゃんが出て来たよ。
   敵さんたちがあんまり落としたいタイプではない…。

   とりあえず、健さんが頑張って剣貰ったら、ばーちゃんがいろいろ話してくれた。
   結局、三輪家ってのは卑弥呼の次男の家系ってことで。
   長男どうした…。因縁しか生まれ無さそうな感じ。
   まあ、長男の家系はわかりやすいと言えばわかりやすいですが。
   刃仕事のシナリオにそんな難しい展開など無いです。
   しかし、冴子さんとガールズトークは楽しい。
   ダメだよ、あの教授、なんか若い燕飼ってるよ。
   なんか最終決戦前にのんびりしてていいのかちょっと不安ですが。
   まあ、戦ってても他人事感満載なのは否めない。
   前作で自分自身の問題は終わってるからなー。

   そんな中、虚空たんを落としますが、相手にされてない感が凄い。
   まあ、年齢差半端ないから。1000歳とか違うから。
   それでも自分の見てきた子供たちが幸せになることを祈ってるよ。
   やっぱり大人対応だなあ…。
   ただ、ラストはもうちょっと葛藤とかあってもいいのよ。
   なんかあっさりしすぎている。戦闘とかもいきなり終わったし。
   さらにBAD辛すぎ、なんだこれ。

   他の人たちも落としてみましたが、健さんはメインだけあって、
   戦闘が長い。いや…虚空ルートがあんまりにもあっけなかったから…。
   てか、BADで辛い思いをするなら、負け戦の方がまだマシかもしれん。
   なんかこう、死ぬよりも重い空気のBADが多いような。
   敵の人とかは、沙耶が別人過ぎて辛い。え…そこでほだされちゃうの…?
   高虎君ルートも納得いかないけども。
   なんでだろう…虚空とラスボス戦前に和食食べに行ってもなんとも思わなかったけど
   高虎君とカラオケ行った時は、「なんでラスボス戦前にカラオケ!?」とか
   思ってしまう。まあ、それが刃仕事。

   愁ちゃんはある意味、いいとこ取りのような気がする。
   まあ、一番人気でもあるわけだし、冒険はできないさね…。
   心配性のお兄ちゃんだけども、ピンチの時は助けてくれる王子様だ。
   結構、ダメ人間だけどさ。虚空のフォローが最高です。
   祇王たんも、BADが辛すぎるけども、美人過ぎて倒れる。
   てか、誰の嫁想定なんだろう。愁ちゃんって和装なイメージだし。
   けど虚空が居るし。うしろしばり可愛いよう。

   続編は続編なんだけども、前作で思い出すのは東雲さんだけだし、
   キャラもなんだか微妙に違う。
   悪くはない…悪くはないけど、なんか、喫茶店で薄いカルピス出された気持ち。
   いや、家で飲む薄いカルピスは嫌いじゃないけど、お金出して薄いカルピスだと
   微妙な気持ち。
   特に、神様ENDが薄いカルピスをより薄く…水増し感が凄いんだなあ。
   もっと既存キャラを掘り下げた上で、世直し依頼を受けて行って欲しいものです。
   それと、いい加減、出てこないキャラを紹介してくれー!ののさんとかさ。
   あと、東雲さんと三鬼をもっと出してくれい。お願いします…。