BACK


 NORN9 ノルン+ノネットプレイ感想〜投げっぱなしジャーマン編


   選択式主人公は、ファンタスティックフォーチュン2以来?
   あんまり無いですが、女子が全員可愛いー。
   でも、攻略対象は三人固定で選べないんだ…。
   ちょっとそこのところが引っかかる。
   しかも、ルートによっては出来上がってるカップルが違うのかー。
   そこもちょっと引っかかる。固定カプは場合によって地雷だしなあ。
   まあ、あんまり引っかかってもアレなので、プレイ感想。

   僕こと鈴原空汰はちょっと賢い小学生。社会見学で国会議事堂に来ていたら、
   なんと大正時代にタイムスリップ!?
   あれ…主人公男の子なの…?乙女ゲーは…?
   と、思いつつも、目の前に親切そうな女の子が。
   でも、なんか変な人…。悪い人ではなさそうだけども、自分の名前を
   覚えてなかったり、お迎えが来るのを待っていたり。
   大正時代で置き去りにされるのもキツイので、変な人と一緒に「船」を
   待つことに。
   目の前に降りてきた「船」は、宇宙船…?(大正は)
   と言うよりも、なんか「球」
   小学生でも知っている「知らない人について行ってはいけません」という言葉が
   おのずと考えられます。ついてっていいのかなあ…。

   そう思っても、気づいたら船の中。
   なんか変な草を操る奴と、怖いあんちゃんに捕まったー!
   赤い人は何故かこっちの言うことを信じてくれる。親切そうな人だー(単純)
   なんだか能力者の集まりで、一国に固まると他の国に危機感を与えるってことで、
   世界に散らばせられるために全員船に乗ってる?
   詳しい説明は、はしょられてる感。もっと説明してくれ…。
   制服はこの船に来てから与えられた、と。え、変な人は最初から着てたけど。
   「世界」って国連みたいなもの?とか思ってる空汰に一番同調できる。
   他のメンバーは既に知り合ってるから、あんまり紹介もされないし。
   何故こんな作りのプロローグにした…。
   最初からこはるちゃん目線とかならわかりやすかったのに。

   これからアメリカ行くんだぜアメリカー!な大正生まれの能力者の人たちに、
   どう対応していいかわからないんだぜ。
   制服のせいであんまり大正感無いけど。あんまりどころか、欠片も無いけど。
   女子は袴ブーツがいい…。
   とりあえず、寝る場所も無いようなので、寝床探しに。
   12人乗ってるのに、9人しか部屋ないとか。ミステリィ…。
   イレギュラーで乗ってきた空汰はいいとしても、能力者でないと船に乗れない?
   何かパスできる方法があるのか。まあ、空汰も入れたからいいんですが。
   ともかくも部屋探し。せっかくのシリアスな世界観がひよこで台無しだ。
   何故こんなに浮いた感じなの。

   寝床も見つかったしー、と思ったら、外部から攻撃が。
   え!なんかと戦ってるの!(詳細不明)
   変な人を守らないと!って気持ちでいっぱいだったけども、
   ここで主人公選択か。
   なんかもう、空汰に同調してこはるちゃん選ぶ気だったけど、
   ここは一番好みのタイプの深琴で。
   黒髪ストレートは正義です。
   でも、公家のお嬢様らしく、プライド高いし、ものすごいレベルのツン。
   デレない系のツン。
   一緒にいてくれる幼馴染にも、ものすごく冷たい。
   主人公としていいんだろうか…攻略対象としては好きなタイプですが。

   なんか、外部からの攻撃があったけども、内部にも内通者が居るらしい。
   まあ、12人いる!時点でお察しを。
   誰が内通者かわからないから、二人組になって相手を見張ることに。
   パートナー決めますが、三人のうち二人しか選べないので、
   まずは幼馴染の朔也から。だって、タラシは苦手なんですもの。
   よく考えたら、内部犯を見張るんだから、怪しい方を選んだ方が
   良かったのかもしれない。幼馴染は確実に無罪です(見張りの意味は)
   というか、幼馴染だから親密度MAX状態から始まってるしな。
   まあ、一月もタラシだから、特に何もなくとも親密度MAXみたいなもんだ。
   むしろ、深琴を攻略する方が難攻不落。

   幼馴染の朔也はものすごく優しい美人さん。だけども、深琴はものすごい冷たい。
   朔也には誰にも好きになるなとか、それは約束じゃなくって束縛だと思うの…。
   まあ、ちゃんと理由はありましたが。
   予知能力で「好きになった子庇って死んじゃう」んだって。
   まあ…うん…それは辛いね。
   しかし、防御能力最高な深琴の結界だって破られてるんだから、予知能力だって
   どっかに穴があっていいはず。
   まあ、それでも、そこまで冷たくしていい理由は無いけども。
   朔也さん明らかに深琴狙いだから。むしろ、他は見えてない感じだから(一途だ)
   どうしても突き放しちゃうんかなあ…。

   深琴の方もそれは反省しているようで、いろいろ悩んではいますが。
   でも、周囲の解決方法が「夢で童話コスプレ」は無いと思うの…。
   なんだろう、この世界観ぶち壊し。
   なんか、違う。何かが違う。
   まあ、素直になった深琴は可愛いですが。しかし、一悶着の予感。
   案の定、朔也さんブチ切れるよ。大人しい顔していきなり襲うとか
   やめてください。
   そういうのは求めてないからー。
   まあ、いままでの深琴の態度が態度だからなあ…。
   気まずい感じではありますが、あっさりと誤解もとけて。
   なんか、シナリオの展開がものすごく早い。
   チャプターごと、ものすごく短い。

   なんだかいつの間にか目的地にも着いたみたいだし(早)
   アメリカ目指してたはずなのに、着いたのは国会議事堂…?(近)
   とうとうアメリカさんに侵略されたのか。いや、そうじゃなく。
   「世界」にも会いましたが、どうやらこの時代は大正じゃないらしい。
   はっせんねんって。近未来ですらない。
   ああ、だから、船の中に変なヒヨコがいたり、金山神社の御神体とか置いてあっても
   許されるんだ。だって、はっせんねんだから。
   途中、あんまり世界の未来については考えてなかったけど、「世界」の目的は
   能力者を集めて、一回リセットかけるって。
   発展しすぎた未来は、人類をも脅かすのだよ…みたいな。
   「焼き払えー!」の能力持ってる子は可哀想だろ…。選んでやれよ。
   リセットかけない未来とか見に行く扉があったけど、肝心の主人公枠の二人は
   お留守番。なんか…世界の命運どうでもいい感じ。
   だって、世界がリセットしたら、朔也だって助かりそうだし。
   どうやら皆、納得したようなので、リセットリセット(早)
   安易なリセットは、リセットさんに怒られるんだぞ…。

   一応、ハッピーエンドで終わったけども、あっさり感が半端ない。
   しかも、理由はわかったけど、いまいちノリ切れない。
   もっと、戦争が始まるところとか、世界が滅ぶ状況を見せてくれてもいいものの
   リセット人数揃わなかったらやめたー、みたいな展開もあったとか。
   凄いいい加減すぎるよ世界の人。
   もっと船にいる間に敵との対立とか、なんやかんやあって、全員で問題を
   解決した後にリセット選択とかすればいいものの、船の中は最終的に
   微エロしかなかった。
   そういうのいらんから。

   それでも、駆とか夏彦とか落としたら、世界の全てが分かるのかと思えば
   別にそうでもなかった。
   駆、酷過ぎる…。ロリコン眼鏡にあっさり渡すとか酷過ぎる…。
   気が付いたらBADだったよ。どこで間違えたかと思えば、ご飯をもりもり食べたのが
   原因でした。
   だって、自分で盛ったご飯を残すとか、人間としてありえないレベル。
   どうにも主人公、というか、シナリオ書いてる人に同調できない。
   それでも洗脳が解けてこれからラスボス倒すんだね!とか思ったら、
   いつの間にかラスボス死んでた。
   え…。
   何一つ解説されないまま、死ぬの止めて。
   ナニコレレベルのシナリオですよ。シナリオも薄いけど、恋愛過程も薄い。
   夏彦の記憶喪失の意味ってあったの…。てか、いつ好きになったの…。
   もう世界なんか放っておいて、二人で逃げていいような気がしてきた。
   だって、誰も能力者を必要としているわけじゃないもの。
   能力者の人たちも乗り気で乗ってるわけじゃないし。

   まあ、よく考えたら、エーデルなんちゃらとか星の降るなんちゃらとか
   いろいろとナニコレ系ゲームを作ってきたオトメイトからすれば、恋愛してるだけ
   いいのかもしれませんが。エロはいらんのだよ、エロは。
   まあ、後半にいくに従って「ゼノギアスDISC2」クラスの面白シナリオでした。
   それ、ゲームで見せてくれよ…(心の声)
   投げっぱなしシナリオでしたが、キャラは可愛いゲームです。