BACK


 猛獣使いと王子様プレイ感想〜木下大サーカス編


   主人公の職業にもいろいろあれど、「猛獣使い」というのは、
   なかなか無いかもしれません。
   まあ、乙女ゲーに出てくる野獣のような男子を手なずけるのは、
   よくありますが(ないよ)
   そんなゲーム感想、以下続く。

   私ことティアナは、音楽家の父と猛獣使いの母を持つ、猛獣使いの女の子。
   両親は海外に行ってるので、のんびり一人暮らし。
   この街は平和だけども、お隣の国では王様が崩御されてバタバタしてるらしいよ。
   まあ、この街が平和なのはいいですが。
   今日もどこかで悲鳴が聞こえてくるわー、と思ったら、街中に虎が。
   どんな危険な街だよ。
   それでも猛獣使いの笛があれば、猛獣も眠らせられますよ。まあ、成功率は低いけど。
   どうやら闘技場から逃げ出してきた虎さんみたいでしたが、頼りにならないお城の兵士に
   連れられて行きました。
   ともかくも、友人のロッテが無事でよかったー。可愛い娘さんは心のオアシスです。

   しかし私も年頃の女の子らしく悩みがあるのです。
   そろそろ猛獣が欲しいな…。(それが年頃の娘の悩みか)
   だって、猛獣使いなのに猛獣持ってないとかちょっとダサいしー、みたいな。
   そんなところに、目の前にライオンとオオカミとアヒルとウサギが入った檻が。
   え…売ってんの?どうみても売ってる人は詐欺師としか思えないけど、
   お母さんから貰った「緊急時対応用ブローチ」で買わせてもらうよ。
   だって、動物さんたち弱ってるんだもん…。
   どうやらご飯を食べてなかったみたいで。え、動物用の餌が食べられないって?
   いやいや、その前に、なんでしゃべれるの、あんたたちー!

   なんでも、動物さんたちは本当は人間で、呪いによって動物に変えられてるらしい。
   しっかりしたライオンさんと、寡黙そうなオオカミさんと、ちょっと生意気なアヒルと
   可愛いウサギ。
   猛獣使いとしては一番猛獣っぽいのを手なずけましょう。じゃあ、アヒルで!
   うん、生意気ツンデレとか、手なずけるのに大変そうだからね。
   鳥類大好き!(いろんな意味で)
   しかし今までの乙女ゲーにはあんまり無い「モフモフタイム」があるよ。
   モフりたい。ふかふかしたものをモフりたい。
   これヘヴン状態に出来るのかなあ…。あ、今までの乙女ゲーにありましたね(違うよ)
   てれてれしてるアヒルさんは可愛い。

   ともかくも、呪いを解かないといけないんですよ。
   頼りになりそうなのは、ロッテのお兄さんのクラウス。
   図書館で働いてる割に、愛想の悪い知的メガネですが。たまらん、ツンメガネ。
   ライオンさんに「ここは泣きの一手で!」って言われてウソ泣きしたらばれたよ。
   「俺がお前の本気の泣き顔がわからんと思ってかー!」みたいな。
   これあれだよね。ツンツンしつつ、気になる幼馴染系だよね。
   クラウスは攻略対象ですか?一番手なずけるのに楽しそうな猛獣じゃないですか…!
   それはさておき、本は出してくれたけど、よくわからないものに首を突っ込んでると思われて
   あんまり教えてはくれない。
   謎の人が魔法屋さんの地図書いてくれたけど、あんた誰。ほけほけしてるなあ。

   魔法屋さんに行くと、謎の猫耳男子が。怪しまれてはいるけども、動物を人間に変える粉を
   ゲットだぜー!まあ、一瞬戻った…(うん、一瞬)
   てか、イケメン四人組ですよ。え、兄弟なの?初耳。
   さらに、お隣の国の王子様が四人ほど行方不明とか不穏なことを耳にしますが。
   え…王子様なんだ。まあ、タイトルどおりですが。
   お父さんが亡くなって、政敵に呪われたのかしら。まだ理由はわかりませんが。
   とりあえず、鳥類ということで、アヒルのルシアをモフりまくってますが、ルシアって結構
   頭脳派なのか。いや、頭脳派というより、なんか生き方が上手い。
   この国の法王様のお孫さんなんだーって。昔よくこっちの国に遊びに来てたらしい。
   お母さんが隣国に嫁に行ったのね。
   あの謎の人は従兄弟さんでしたか。似てねえ…というよりそろそろ顔を覚えろ。

   そんな中、うちの国はお祭りですよ。
   ルシアと一緒に回りますが、何処を選べばいいのか選択肢多い…。
   ようやく乙女っぽいイベント入ったんだから、全部回りたいよう。
   いままで、モフるくらいしかスキンシップなかったんだよう。尻には触りましたが(不純)
   そう思ったら、全部回れた。楽しいー!ラブい選択肢が多いのはいいなあ!
   てか、ルシアと昔会ったことがある?
   なにやら、ぷにぷにした男の子と、笛の特訓をした覚えが…。
   まあ、ぷにぷに。
   のんびりしてるけど、王子達は命を狙われてるんだよね。
   ってことで、こっちから攻勢をかけるぜ。
   王子達が生きてるってわかれば、依頼人に怒られて実行者が動く可能性があるし。
   と、思ってたら、いきなり呪われた(早)
   え!魔法屋さん、酷過ぎる!
   でも、捕まえることはできましたよ。
   なんでも、人質を取られて、言いなりになってたと。
   なんとなく、ドジっ子で憎めないんだよなあ…、魔女の助手の人。
   ただ、呪ったはいいけど、最後の魔女さんを見つけないと呪いは解けないって。
   むちゃするなあ。解けないと、死にますが。テメエ…。

   しかし、最後の魔女は、どうやら敵国に囚われてるし、なんか戦争始まるし。
   どうやら、五男が長男を恨んだあまり、敵国と通じた?と言うより、傀儡政権か。
   骨肉の争いを避けるために、四人は仲良くしてるって言ってたのになあ。
   どうやら、長男は本来次男らしいし。六人兄弟とか、争いしか起こらねえ。
   一夫多妻制にしても、とーちゃん考えなさすぎだ。王様ってそういうものかしら。
   ルシアの母ちゃんだけ、他国から嫁に来てるのね。
   だから、一人だけあんまりギスギスしてない感じがする。
   まあ、ルシアはうちの国の法皇様の御孫様に何かあれば代わりにならんと
   いけないみたいですが。
   正直、どっちも法皇様向きの性格には…げふげふん。

   とりあえず、潜入捜査したけど、よくわからない。
   あと、二手に分かれたから、長男と次男の部分がよくわからない。
   なんだかんだと捕まっちゃうし。うわ、大ピンチー!
   と、思ったら、王子様が!おお、リアルうちの国の王子様!!
   ルシアの従兄弟さんスゲエ強え。結構、ワイルドだ。
   わー、きゃーと逃げたけど、隠れた場所に謎の書置きが。
   どうやら、父ちゃん母ちゃんは、最後の魔女さんと知り合いで、助けに行った?
   そして、どっかで怪我してる?
   いろいろ助けないといけない気がするけども、どうやらティアナの猛獣使いの笛は
   本来、竜を制御する能力なのね。
   なんだかんだあって、でっかい竜を制しましたよ(省略しすぎ)
   小さい頃に二人で頑張ったんだもん、怖くない!
   いいなー、純情初恋いいなー。

   戦い終わって、日が暮れて。
   あちこち国王居なくなったけど、なんとかなるかなー。
   しかし、うちの国の法王様は…まあ、いいか…(頼りにはなりますよ)
   ともかくも、両親と同じく、音楽家と猛獣使いのカップル誕生ですよ。
   ルシアと父ちゃんのやりとりがおかしい。「お前に娘はやれーん!」みたいなのが
   あったのね。いや、いい子ですよ、ルシア。
   一緒に旅芸人になる約束だったから、二人で頑張ろう!
   まあ、旗本の三男坊など家督には関係ありませんからね。
   ラブラブで楽しく終わったー!

   他のメンバーも落としましたが、長男は王道だー。それに尽きる。
   ただ、ゲルダがちょっと酷い。ルシアルートだと可愛いのに。
   「兄ちゃん髪切った?」みたいな部分もわかったし(タモリか)
   ルシアルートは、世継ぎ争いにあんまり絡まないからのんびり萌えられるのだな。
   次男は筋肉おもろい。長男に心酔してるから、喧嘩もしないし。
   五男はなんか勘違いしてるんだよな…、気の毒に。
   四男はこわい。ルシアが気の毒だ。
   猫とネズミはルートが短いよう…。まあ、おまけだから仕方ないのか。
   クラウスとももっとたくさんお祭りに行ってみたかったよう。

   ともかくも、兄弟四人仲良しで、わきゃわきゃしてるのが楽しい。
   ちょっかいかけてくる幼馴染と魔法屋にゃんこ可愛い。
   明確な悪役がいるから、攻略サイドは萌えと燃えのみでいいなー。
   純愛系たまらんです。あと、モフモフが楽しいー!
   ストレスなく楽しいゲームでした。
   モフモフ好きな方にお勧めですよ!